BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

打ち合わせ三昧

方南町→新宿→渋谷→恵比寿→蒲田→渋谷→方南町。

誰と何話したか忘れそう(笑)

22時~事務所にてWAS君達&ヤッシー相手に「歌」の講義。

今日は、喋りすぎて・・・喉が痛い(笑)

面白い打ち合わせてんこ盛りだった。

後日、お知らせ出来る事もあるかもね(笑)

さて、カウントダウンに突入!!

5・・・

4・・・
スポンサーサイト
  1. 2006/10/31(火) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

歌を見つめて

打ち合わせ後、事務所で、コツコツ作業。

諸々、片付いた所で、近所の定食屋で夕飯。

事務所で、WASの歌入りMDをチェック。

「Dear Friends」を4人それぞれソロで歌って来る宿題を出してた。

その宿題MDのチェック。

自分が、ソロヴォーカリストだったらどう歌う?

メロと譜割りは正確に。

テンポは、ゆっくりめ。

オケは、ギター1本。

以上の課題の元、それぞれからMDが集まった。

一人ずつ、聴いてゆく。

うん、良く解った。

それぞれの個性、問題点、足りないスキル、持ってるスキル・・・

いよいよ徹底的に、歌を鍛える時期に来た。

明日にでも、次なる課題を出すとしよう。

「歌」の概念も徹底的に教えよう。

そして、淳さんの特別レッスンを受けさせよう。

来春には、見違える「歌」を披露出来ると思う。

いや、披露出来るはず・・・

いやいや、披露出来ると思う・・・

・・・披露・・・してくれ!!(笑)

冗談抜きで、プロの「歌」にする。

覚悟しなさい!!WAS君達!!

一回聴き終わった所で、スグルちゃん登場。

諸々、打ち合わせ。

今夜は、おとなしく解散した(笑)
  1. 2006/10/30(月) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

良い空間、良い関係

今日は天窓。

今までの天窓シリーズ最高の空気感だったと思う。

椅子が足りなかったのが残念。
立ち見の方には、まったり3時間半は、辛かったと思う。
次回までには、買い足してくれるとの事。

今回は、70名の集客。
内、彼方ファンの方が50%。
他が、50%。
見事に、9・17と同じ比率になった(笑)

今回は、初の試みとして、リレートークコーナーを設けた。
出演も4組と、いつもより少ないく、時間に余裕があった。
単純に、持ち時間を長くする手もあったが、それも芸がない(笑)
中継回線があれば、一枠分(30~40分)のトーク番組にしても良かった。
過去にも、レインボータウンFMの番組の再現を天窓でやった。
それの進化版を狙ってみたかったのだが・・・
新生天窓には、光の専用回線がまだない(笑)

いつも通りのライヴのショーケース。
プラス、出演者のキャラのショーケースを狙った。

好評を頂けたと思う。
勝手に、会場の雰囲気で、判断する限り、楽しんで貰えたと(笑)

トーク部分のネタ仕込みは禁止。
って、当日、本番直前に指示を出した。
その方が、テンパッテ面白いからね(笑)
どう出ハケする、立ち位置、機材セッティング、等々は、当日の現場処理。

キャパ、距離感、機材システム、等々、
まさに、リアルライヴには、持って来いの箱。

箱の雰囲気も独特だしね。
創りこんだ演目より、その人の魅力を曝け出した方が、良い箱。

今回は、渋谷魂レギュラーと淳さんの出演だった。
アーチスト同士の関連性や、人間関係も含めて、
より、トータルで、空気感を生み出せるメリットもあったしね。

今回のリレートークシステムも、
「はじめまして」のアーチストがいると、微妙に違うベクトルに向かう。
それはそれで、また、違った面白い質感や空気感を生むだろうけどね。

最後のセッションに向け、究極のアットホームな空気感が、生まれたと思う。

そして、急遽、締めは・・・
淳さん得意の「業界式、5本締め」にした(笑)

身内だからこそ、馴れ合いになる懸念もある。
が、身内だからこそ、キャラを引き出せる&弾けられるメリットもある。
要は、観る人にとって、鑑賞に値して楽しいレベルであるか?どうか。

十分にクリアー出来たと思う。

今回の企画自体は、淳さんの参加があって「アリ」と判断した。

ぶっちゃけ、淳さんはゲスト扱い。
集客もお願いしてはいない。
自分達を観に来てくれる好意的な人達には、何を魅せても受ける。
逆に、そうでない人達が殆どの場合こそ、真のエンタメの実力が問われる。
アゲインストの風の中で、何をするか?
それも、全体の流れを壊さず、アウェーの観客を楽しませ、魅了する。

勿論、淳さんには、知名度って強みや武器がある。
が、それも両刃の剣になる場合もある。
強く知ってる人、まったく世代的に知らない人。
今日の集客世代は、その両方が、混在してるケース。
まぁ、ネット番組や、以前からの渋谷魂への参加で、かなり好意的であるのは事実。

とは言え、淳さんは、いつも、そこに胡坐をかかないで、
思いっきりのアウェー戦術で臨んでくれる。

身内的なのに、外で戦う時と同じ刺激で参加してくれる。

25年のキャリア。
外で戦ってきた戦歴は、半端じゃない。
先日から、淳さんの現場を久々に覗いてきたが、
数百人~千人規模の相手に、アウェーで戦う技や技量の進化に驚いた。
「聴いて良かった」「観て良かった」への短時間での着地。
だから、ワンステージ、一般職では考えられない時給(ギャラ)を取るんだけどね(笑)

そのベテランの何かを盗んで欲しいね。
それは、ジャンルや仕事内容とは関係なく、総てに共通する事だと思う。

終演後、食事をしながら、WASのイズミに色々と直伝してもらった。

彼にとっては、目から鱗の話ばかりだったようだ。

ライヴ然り、トーク然り、総てを事細かに観ていて、
「あそこでは、こう」「ここでは、こう」とアドバイスしてた。

そして、一言。
「一番は、考え抜いて、沢山経験する事」
「君達より、沢山経験して、失敗も沢山知ってるから、参考にして」と。

その後、二次会で呑んだ。
淳さんも、後輩達に経験してきた総てをオープンに差し出すつもりだと。
それが、今まで長くやってきた者としての使命だと。
それが、正しいかどうか?は、自分で判断すれば良い。
少なくとも、良い参考例にはなるはず。

が、その話を訊きに行くパワーが必要なのも事実。

ジャンルとか関係なしにね。
これから数百本のライヴを経験するよりも、
経験者に訊いた方が早いかもしれない事って多々あると思う。

ガンガン盗むべきだと思う。

満足の一日でした。061029_1551~0001.jpg

  1. 2006/10/29(日) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

いかネット

今日は、いかネットでした。
出演は、WASshimazLeopion、将軍ツァン、飯田満美子の5組。
061028_2050~0001.jpg

14時、スタジオ入り。
準備、リハ、順調に終了。
最近は、スタッフも手馴れてきた。
余裕で、本番を待っていた・・・

さて、中継を出す、3分前・・・
2カメ(一番使用頻度が高い)の映像がスイッチャーに来てない事が発覚(笑)

ミヤちゃん、さあチャン、俺で大慌てでチェック。
中継は、オンタイムでスタート。
どうやら、ケーブルがリハ後に、トラブったか?死んだようだ(笑)
仕方ないので、4カメを諦め、3台のカメラで映像を押さえる事にした。
オープニングトークが始まる直前、バタバタとカメラ側のケーブルの差し替え(笑)

ふ~っ・・・間に合った(汗)

無事・・・でもないが、番組は走り出した(笑)

達っちゃんとポンちゃんのトークもコンビネーションが良くなってきた。
って、本日、ポンちゃんは、美容院の為、本番直前入り。
細かい打ち合わせもなく、本番に臨む事に。
これも、大事な経験。
時間の短縮、いかに短時間で、その日の情報を選別し叩き込めるか。

達っちゃんは、達っちゃんで、どうやら色々な話ネタを仕込んで来てる様子(笑)
漫才師風の話し口調も独自のスタイルを短期間で創り上げてきた。
前からそうだったのか?は、知る由もないが・・・(笑)
明らかに、番組の色・匂い・テイストは、水田達巳のキャラで塗り潰した感じ。
うん、良い事だ。
自分の世界を築き上げたアーチストならではの力量。

当初の番組のコンセプト(パクリも含めて:笑)としては、
冠、看板になるメイン司会者を捜してた。
Mステ、が、タモリさんでなきゃいけないようにね。
本家のイカ天も三宅さんのキャラがあっての番組。
共に、音楽家じゃない人が、音楽番組を仕切る所に、妙がある。

いかネットは、若手のアーチストをプッシュアップする番組。
そして、その後、渋谷魂等、イベントとも密接に関連付けたい。
出来れば、異業種じゃない、音楽の人で適任を見つけたかった。
実は、お笑いのそこそこ知名度のある人にOKも貰ってた。
番組の方向性やシステムが見えたタイミングでの投入も考えていた。
それはそれで、面白いだろうが、ゲスト司会者になる可能性が高い(笑)
番組を盛り上げ、上手に回してくれるだろうけどね。

次世代のアーチストに情熱を傾けて、真剣に彼等の音楽や生き方に向き合う人が良い。
また、出演者も同世代のアーチストに仕切られ、意見言われても面白くないだろうしね(笑)
何かの一芸に秀でて、リスペクトする部分がないとダメだと思う。

そんな、条件を満たす人は・・・
と、思ってた時に、達っちゃんと出逢った(笑)
芸人に負けない、濃い話術もあるしね。
自信に満ち溢れた若いアーチストも、ジャンルの好き嫌いを超えて、
達っちゃんの本気の歌を聴けば、一目置くしかないだろうしね。
そして、何より、彼は、次世代のアーチストを愛してる。

まずは、やってみる事にした。
その二回目って訳だ。

と、同時に、番組の出演者のブッキングのシステム等の構築もあった。
そのあたりも試し試し、回を重ねてきてたった訳。
次回あたりから、アシスタントを出演してくれたアーチストにやってもらう事もありかなと。
勿論、やりたい!!って意思があるアーチストに限りだが。
良い経験になるだろうし、見えないものが色々見えたりする。
何事もそうだけど、違う立場に立ってみると、求められる事が見えるからね。
いつか自分達が、ちゃんとした番組に出る時の、小さな経験になればと。
まぁ、模擬店みたいなもんだな(笑)

早ければ、年内から、実験的にいかネットを外のライヴハウスに出したい。
出来れば、お客も入れた、公開生放送番組にしたい。
いつかは、その番組自体が、各地をサーキット出来ればと目論んでる。
地方で頑張る若き才能達を紹介出来ればとね。
その為にも、視聴者を増やして、出たいと思える番組にならないといけないが(笑)

キー局の番組のように、大資本がなくても出来る時代。
ワンカメ一発の中継でも、その中身に温度や魅力があれば良い。
つまらん物は、どんだけ編集で、良く魅せても退屈。

良い楽曲や良いライヴの紹介的意味合いの中継も目的だが、
本当の目的は、頑張る人達のヒューマンドキュメンタリー。
ぶっちゃけ、売れる?売れない?売れそう?売れそうもない?関係ない。
歌いたい奴、アピールしたい奴、何か伝えた奴。
そのエネルギーさえあれば十分。
支持率やランキングなんかいらない。
短い時間の中で、アーチストの魅力を引き出してあげたい。
その為には、もう少し、我々も経験を積む必要がある。

今回放送分のオンデマンドはコチラ
  1. 2006/10/28(土) 23:33:07|
  2. BOSSの日々系

おでん・・・美味いのだが・・・

午後から、事務所で打ち合わせ。
渋谷でライヴハウス。
渋谷魂なので、やっぱ、渋谷が良いのかな?
そんな夢膨らむ打ち合わせでした(笑)

何はともあれ、まずは始めてみる事、やってみる事。
やってみなきゃ、未来の扉の鍵は、手に入らない(笑)

宮下社長、小村氏、山本氏、宮崎氏、立野氏、お疲れ様でした。
諸々、上手く行く事を願っております。

その後も、打ち合わせ風、雑談会(笑)

意外と、こう言った話の中に、ヒントが見つかったりする。
実は、今回も、密かに「よっしゃ~これだ」と閃きが・・・(笑)

その後、スグルちゃん登場。
近況の報告会。
漏れは・・・数々・・・あったような気がしないでもない。
が、漏れたという事は・・・今は、重要じゃないって事(笑)

一段落。

近所のおでん屋さんへ。
今後のプラン等を一杯やりながら語らう。
途中、さあチャンが乱入。
三人で、カウンターに横並びで、怪しく盛り上る(笑)

「大将!お勘定!!」

「はいな!!」(関西弁を操る怪しさの中に人の良さが滲む大将)

一旦、伝票を奥の厨房に持ってゆく・・・
暫し・・・計算をする振りをする・・・

「7250円ですわ」

三人で、顔を見合す。

だって・・・何ひとつ・・・伝票に付けてないじゃん。
おやじ、適当に言ってやがる(笑)

俺達、結構、おでん食った。
他の客と話しながら・・・大将が、おでんを取ってくれてた。
伝票に何ひとつ付けていないのを三人で確認してた(笑)

スグルちゃんは、必死でメニューを確認して、
小声で・・・
「康記さん、どこにもおでんの値段書いてないっすよ・・・」

そう、この店は、二度目なんだが・・・
前も・・・怪しいなと思ってた(笑)

そう、ドンブリ勘定のようだ。
銀座の老舗鮨屋のシステムだ(笑)

結構呑んだし、おでんもガンガン食ったし、他にも色々頼んだ。

おでん、一ネタ150円としても・・・
どう考えても、もっと高く付いてるはず・・・

どうやら、一人、2500円くらいかな~ってとこで手を打ったようだ(笑)

だって、先に帰った、常連の人に・・・
伝票も見ないで、「今日は2200円やで~」って言ってたし(笑)

まぁ、店の雰囲気といい、常連客の会話といい、老後の趣味の店って感じ。
商売っ気、なさそうだもんなぁ。

味はバツグン!!

今日で、二度目だったんだけど・・・
味は良いのだが・・・
一つ難点が・・・
大将、及び、常連客が獲物を狙う目で見てるんだよな・・・
店の作りにも問題がある・・・
コの字型のカウンターのみ・・・
カウンターの中に大将が陣取る・・・

隙あらば、何気なく話しかけられるんだよな(笑)

誰かと一瞬、目が合うと・・・
「実はね~私は、昔、極秘でミサイルの弾頭を作ってたんですがねぇ~」なんて、
とんでもない話で切り込んで来る。

う~む・・・無視するわけにもいかないじゃん?
「えっ?おと~さん、凄いですね」
と、受身取らざるおえないじゃない?

何度も我々の会話が寸断されたのは言うまでもない。
特に、真面目に会話してて、一瞬、考え込んだ隙を突いてくる(笑)

諸々の案件の答が出ず・・・
仕方ないので、スグルちゃんと、もう一軒行きました。
  1. 2006/10/27(金) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

頑張る戦友へ

昨日は、古い携帯のアドレス帳を見ながら・・・
懐かしい、昔のミュージシャン仲間や知り合いに電話した。

昨年、長年使ってた携帯の番号を変えたので、
中には、出てくれない人が(笑)
留守電を聴いて、「お~康記、生きてたか~~~!!」と折テル。

積もる話もマウンテンマウンテン。
ついつい、長電話してしまった。

そして、業界の不景気さを嘆く嘆く(笑)

俺が、業界で仕事を始めた頃、そう、20数年前は、
日本経済は、イケイケドンドンのバブル期前夜。
俺の仕事量もバブルの勢いに乗った。
そして・・・バブルと共に弾けた(笑)
まぁ、音楽業界は、バブル崩壊後も数年は勢いがあった。
基本は第三次産業=サービス業・情報ソフト業、崩壊の波が来るまでにタイムラグがあったからね。
その前に、業界人達は、お馬鹿が多いから、危機に気付かなかったとも言える(笑)

制作費も、宣伝費も・・・何でもかんでもドンブリ稟議が通った時代。
レコード会社の人にも、良く奢って貰った時代。
今は昔・・・兵どもが夢の跡・・・(笑)

もう廃業したが、俺も元作家。
個人事業主で生きてたわけだ。
まぁ、途中からは、制作請負人も兼務してたんだけど。

ココだけの話・・・
この業界、超一流だけだよ、美味しいのは(笑)
印税や、単発ギャラだけで、良い生活できるのは。
そう、一握りの成功者だけなんだ。
だからこそ、華やかな幻想と儚さの織り成すコントラストが魔界なんだよ(笑)

印税なんて、一曲書いて、一枚売れて、たかが3~4円よ。
まぁ放送使用料やカラオケ使用料等の二次使用料なんてのがあるから、
ヒットすればするだけ倍倍ゲームになるけど。
千枚しか売れないと、3・4千円にしかならない(笑)
数十万枚売れたら、そりゃ~美味しいけどね。
また、今の時代は、配信の印税もある。
これが、印税率がグ~ンと良いんだよね。
パッケージ代や流通代が掛からないから。
俺も昔の作品が、配信で売られたりしてるようで・・・
たまに印税計算書を見て「ふむふむ・・・時代も変わったな」とね。
が、今は、職業作家受難の時代。
特に、作詞家はね(笑)

ミュージシャンギャラもピンからキリ。
一本、1万円から10万円ってとこかな。
一万だとして、年間300本のライブで300万。
まぁ、そんなにライブ出来ないけどね。
10万円貰える人なんて一握りだからね。
月5本の仕事があって、5万のギャラで300万。
華やかに見えて、結構、大変な世界だよね。
今は、欧米のように、レコーディングミュージシャンに限りだけど、
ユニオンに所属していれば、ミュージシャンにも印税が支払われるシステムになってきたようだ。
体力が生命線のミュージシャンの仕事環境が、
しっかりと、改善されてきてるのは良い事だと思う。
でも、その特権も超一流の人達しか恩恵に預かれないのも事実。

作家もアレンジャーもミュージシャンも将来の保障の無い職業。
大きく括れば、大きな資本の組織に属さない限り、
音楽業界従事者は・・・皆、浮き草暮らし(笑)
アーチストやタレントだって同じ事。
メジャーデビュー=一生の成功の保障じゃないしね。
契約切れたら、ただの人に戻るわけだから。
俺もそうだが、勝負打ち続けなきゃ生きていけない(笑)

誰もが、スターや成功者になれないから、スターや成功者の意味があるとも言える。

そんな世界だから、目指さない方が良いと言ってるんじゃない。
若い人達には、現実を把握して、ガンガン目指して欲しいと思ってる。
衣食住の産業と違って、本来、必要ではない産業かもしれない。
歌聴いても、ライヴ観ても、お腹は満たされない(笑)
でも、心が豊かになったり、生き方に自信持てたり、悩みがすっ飛んだりする。
ある意味、メンタルビジネスだよね。

昨日も数人とコンタクトが取れたが、
皆、板の上(ライブミュージシャン)を下りて、
制作やプロデュースやレッスン等、後進の育成に転身してた。
あと、IT関連への転身組も。
いち早く、コンピューターを仕事に導入してた人達ね。
まぁ、俺も含め・・・何とか業界で生きてます!!って感じ(笑)

また、昔のようにソロシンガー(アイドル含)が少ない時代。
仕事の絶対数が減ってる。
勿論、インディーズが増えたから、ライブの数は増えただろうけど、
10万近いギャラを貰うには、少なくともホールクラスの仕事じゃないと、
主催者側の収支が合わなくなっちゃうからね。
そんなソロアーチストが減っちゃったんだよね。
って言うか・・・新たに生まれてないってのが実情だろうね。

愚痴っぽくなったが・・・
皆、現実を受け止めて、生きるしかないって結論が多かった(笑)

この業界に限らず、これからはマルチな人間にならんといかんようだ。

日本の職人・匠文化が衰退したのと同じだ。
何か・・・寂しいね。

サービス業・・・お金じゃないんだよね。
喜び・達成感・感動・・・
その魔力にとり憑かれた悲(喜)劇・・・と、皆、言ってた(笑)

そんな深夜。
何か気合が入って、元気が出るアイテムを捜して・・・TSUTAYAに行った。

新作コーナーに、良いブツ見つけました!!(笑)

知人の西谷弘氏の本編初監督作品、織田裕二主演「県庁の星」
彼とは、17年くらい前に知り合ったのかな?
当時彼は、若手のCM監督だった。

封切り時、劇場で観たいと思いつつ・・・観そびれた作品。
昔の仲間が・・・夢を叶えた作品。
公開当時、旧い日記に興奮して書き綴った記憶がある。

ジックリ鑑賞しました。

うん、素晴らしい作品だったよ。

沢山の元気を頂きましたよ。
これだから、エンタメは辞められない。
  1. 2006/10/26(木) 17:22:15|
  2. BOSSの日々系

残念・・・

今月のイベント現場、全制覇を宣言してたのだが・・・
22日の岐阜揖斐川町のイベントは、私用で行けず・・・

急遽、当日、さあチャンにバトンを渡した(笑)

イベントは、立ち見も出る1000人オーバーの大盛況だったようだ。
地域住民の方々も、主催者・関係者の方々も、皆さん大喜びだったとの事。
良かった!!良かった!!
日野美歌さん、堀江淳さん、さあチャン、スタッフの皆様、お疲れ様でした!!

今後も、地域活性化・ふるさと盛り上げイベントには、積極的に係って行きたい。

今回は、残念ながら現場に行けなかったけど・・・
さあチャンの話によると、人の心の温かさ・人情・人と人の繋がり・・・
今の現代社会、特に都会に生きる人々が失った大切な物を再認識出来たそうな。

「人」の字の如く、支え合い、助け合って生きてこそ「人生」

来年には、また病院ライヴや高齢者施設ライヴを復活させたいな。

人生の大先輩から見たら、人生折り返しの俺の歳だって、鼻垂れ小僧(笑)

今回も、そんな人生の大先輩の方々が、大いに喜んでくれたと訊く。

嬉しいね。

写真は、リハの模様(photo by さあチャン)
20061022-DSCF0002.jpg

  1. 2006/10/25(水) 21:04:03|
  2. BOSSの日々系

真実の歌

先週末、俺がモタモタしてた間。

NOBHIROのスタジオ合宿があった。

7曲のプリプロ音源のファイルが届いた。

凄いぜ!!

俺の役職?立場?バランス?

そんなのどうでもいい。

俺は、奴の大ファンだと公言する。

毎回、打ちのめされるのが、真実。

何十年に一人の天才だと、改めて思った。

音楽、ロックの神が宿る選ばれし男だと思う。

嘘くさいフェイクはいらない。

真実は、ガチンコで世に問えばいい。

呪縛も解けた。

さぁ、Revolutionだ。
  1. 2006/10/25(水) 20:16:23|
  2. BOSSの日々系

この指とまれ!!

本日の銀座。

大ビンゴ!!

若き野心家達よ、この指とまれ!!

面白くなりそうだよ。

って、何の事か、サッパリ解らんよね?

良いの良いの!!

俺だけ盛り上ってれば(笑)
  1. 2006/10/25(水) 16:40:10|
  2. BOSSの日々系

着々と・・・コツコツと・・・

雨の午後。

自宅で、頭の中を整理(笑)

そろそろ、蒔いて来た種を一気に形にする時期。

来春には、想い描いてた理想の環境の第一歩を創る。

各方面と係りながら、間合いを取りながら、慎重に接してきた。

指針を決めて、強く能動的に動く時期が来た。

強固なタッグを組む。

ココから先は、思い込みの強さと、揺ぎ無い自信と、喧嘩魂がいる(笑)

ボーっとしてた訳じゃない。

振りしてただけだ(笑)

地獄の黙示録のように、ジ~ッと、その時が来るのを狙ってた。

攻撃こそ最大の防御。

「これやりましょう!!」「あれやりましょう!!」「絶対に勝てる!!」

一気に、周りを巻き込むロジックとブレーンとパワーは揃った。

早速、明日、銀座で商談。

辿り着きたい、企業・組織団体・・・じっくりと調べ上げた。

「あれ欲しい!!」「これ欲しい!!」

周りにホザいて&吠えて、ガンガン自分にプレッシャーかけていく。

マラソンと一緒だよ。

一瞬でも、走りを止めたら、二度と走り出せないし、永遠にゴール出来ない。

誰よりも早くなくていい。

誰よりも強く走ってゆく。

全身全霊で戦う土俵を創る。

ワクワクする。
  1. 2006/10/24(火) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

今日までそして明日から

事務所で、9月23日に行われた「吉田拓郎&かぐや姫inつま恋」の
ドキュメンタリー番組「今日までそして明日から~吉田拓郎・35000人の同窓会~」を観た。

思わず一緒に歌ってしまった(笑)
我が青春のアーチスト・歌達の31年振りの一夜限りのお祭り。
矢沢命だが、中学時代、フォークの洗礼を受けた。
拓郎、陽水、かぐや姫、風、みゆき、アリス、泉谷、イルカ・・・etc.
クラスの全員が、いや、同世代の全国の人達が、そらで歌える歌達。

番組のタイトルにもなった拓郎の「今日までそして明日から」は、
初めて聴いた時から、体の、頭の、心の一部に棲み付いてる歌。
何かあった時、特に、辛い時が多いかな・・・
気付いたら、ふと、口づさんでる歌。
リンク貼っとくので、一度、歌詞だけでも読んでみるといい。

当時は、拓郎って何て、大人なんだと思った記憶がある。
が、確か、拓郎が、23歳か24歳の時の作品なんだよね。
あんなに簡単で深い歌、あの若さで書けるんだから・・・
やっぱ、天才って違うな、と、改めて思う。
逆に、今の歳になって、やっと、その意味の深さが滲みてくる感じ。
WASあたりが、カバーすると良いんじゃないかと思ったね。

兎に角、平均年齢49歳の3万5千人の大人達の夢の一夜。
実は、俺も行くかどうするか迷ったんだよね(笑)
行っとけば良かったと・・・後悔。

いつか、渋谷魂も・・・つま恋でやりたいなぁ。

さて、ここからは、告知系。

25日(水)10時~
アルゴスフォトグッズサイトにて
先日の彼方ワンマンのフォト&グッズが発売開始です。

続いて・・・
先日、行った名古屋でのライヴイベントの第二回目が決定しました。
「Cheek ON Line Special Live vol.2」
会場:Banshoji bar サロン
   名古屋中区大須3-30-40 万松寺ビル7階
   
日時:2006/11/4(土) 18:00open/18:30start(21:00終了予定)
チケット代:3,000円(1ドリンク付)
出演者:上窪由加利・伊礼彼方・堀江淳・太田美知彦

またまたCheek ON Lineにて
チケットをペアで2組4名さまにプレゼントします。
応募期間は、2006/10/26~10/30午前中です。

チケット予約期間は、2006/10/30 21:00~11/1 21:00まで 
限定35名のため抽選となります。
11/2に info@shibuyadamashii.jp から当選者の方にはメール致します。
予約はコチラ

おっと、29日の渋谷魂(天窓)のチケットも残りわずかだそうです。
予約はコチラ
  1. 2006/10/23(月) 23:59:59|
  2. BOSSの伝達系

Station

黄昏が近づく ホームのベンチで
風の音だけを 一人聴いている

Oh Station 次の列車を待つ人の
Oh Station 誰もが行き先を見てる

階段の手摺で 寄り添う恋人
少し早口に 心を伝え合う

Oh Station 人待ち顔で腕時計
Oh Station 見つめて溜息をつく女(ひと)

あてもなく違うレール
捜してみるよなんて・・・
無理して先を急いでも
何ひとつ変えられそうもないさ・・・

Oh Station 発車のベルが鳴り響く
Oh Station 煙草をそっと揉み消した

Oh Station 大事な駅へ遠回り
Oh Station 時間はもう気にはしない

Oh Station ・・・・・

Oh Station 季節がまたひとつ変わる

Oh Station ・・・・・


僕は、相変わらず頑張っているよ。
ずいぶんと大人になったけど・・・
子供の頃、憧れたあなたの歳も軽く越えたしね。
あなたが可愛がった、無邪気なままの・・・
あの日の僕のままで、生きていけたらいいな。
  1. 2006/10/23(月) 21:23:18|
  2. BOSSの歌詞系

永遠の想い

そう・・あれは5年前 12月白い雪
溶けそうな口づけと ぎこちなく迎えた朝

寒い夜も瞳閉じて 抱きしめ合うだけで
二人ならばどんな夢も 叶うと信じてた

想い出の片隅で 悪戯に微笑む君
その笑顔抱きしめて 傷つける事もない


そう・・確か2年前 夏が行く交差点
大人びた横顔と長い髪 ふと見かけた

走り出して一言だけ 声を掛けていれば
もっと早く君の事を 忘られただろう

想い出の片隅で 悪戯に微笑む君
その笑顔抱きしめて 傷つける事もない

想い出の片隅で やるせなく愛しい人
永遠にこの想い 確かめる事もない

ララララララ・・・
  1. 2006/10/22(日) 23:59:59|
  2. BOSSの歌詞系

想い出は心に描いた水彩画

急な私用で、西の空の下にいる。

何十年か振りの街並みは、すっかり様変わり。

記憶を辿っても、苛立ちが増すばかり。

たった一日でいい。

時間が巻き戻せたら・・・

この先十年は、色褪せない輪郭の想い出を刻めたのにな。


『Good-By My Home Town』

最終便東京行きの 騒めくホーム ベルが響いて
滑り出した列車の窓に 住み慣れた街 遠去ってゆく

不安と切なさは 消せないけど 
この胸に灯る 夢だけを頼りに

Good-By My Home Town 後悔はしたくないから
Good-By My Home Town “サヨナラ“は 誰の為でもない


どんな朝に辿り着くのか? もう戻れない レールの向こう
いつの日にか愛する人と 帰ってくるさ 夢を分かち合い

ぼんやり眺めてる 闇の中に
遠い日の記憶が 浮かんでは消える

Good-By My Home Town 寂しさに負けないように
Good-By My Home Town 想い出はここに置いて行こう
Good-By My Home Town 寂しさが振り切れるまで
Good-By My Home Town 想い出は総て置いて行こう


あの頃集まれば 時間を忘れ お道化てた
この街・・・夢と引き換えに

Good-By My Home Town ため息を数えるたびに
Good-By My Home Town 少しだけ解りかけてる
Good-By My Home Town 一人きり生きる事の意味が
Good-By My Home Town 一人きり生きる事の意味が
Good-By My Home Town ・・・・・
  1. 2006/10/21(土) 23:04:38|
  2. BOSSの日々系

君よ熱く、人生を語れ!!

今日は、昼から事務所で、彼方の取材。
11月上旬に全国の高校に50万部配布される「High School Times」
061021_0222~0001.jpg

WEBサイトの「ハイタイ!」も先日オープンしたばかり。
オープン記念プレゼントやってるよ!!(笑)

取材は、芦北記者。
9・17の渋谷魂、先日の彼方ワンマンも観に来てくれた。

はじめましての挨拶から、取材スタート。
生い立ちから、今に至るまで、そして、夢、二人のトークバトル(笑)
いやいや、彼方のトークショー。

読者は、高校生。
彼らに向けての彼方からのメッセージ。
自分の体験から生まれた、忌憚の無い自分の意見。

身振り手振りで、熱く語る彼方。
「今の言葉ですが・・」と、熱く切り込む芦北記者。

他の仕事をしながら、ダンボの耳で聞いてた(笑)
約一時間半、時に真面目に、時におバカに、盛り上ってた二人。
061020_1353~0002.jpg

とても良い話だったんじゃないかなぁ。
紙面に、どれだけ、その温度が反映されるかが楽しみ。

人の「思い」「考え」って、心の中(厳密には頭の中かな)にあるじゃない。
意外と、言葉にしてみると、上手く伝えられなかったり、説明出来なかったりする。
沢山、言葉に出して、話してみるのが良いんだよね。
実は、語りながら、自分の「思い」「考え」を整理出来たりするしね。
何度も何度も、色んな人に語るのが良いと思う。
ウザイ!!って思われない程度が大事だけど(笑)

俺も、何か思いついたら、まず、人に話してみる。
相手が、理解出来てるか?
その前に、話してる自分が理解・整理出来てるか?
そして、一方通行にならないように、必ず「どうだろう?」と訊く。
共感が生まれたら、物事の始まり。
不協和音でも、相互理解の始まり、と思ってる。

先日のラジオでもトークテーマにのぼってたけど、
コミュニケーションの上手い下手は、喋る勇気と訊く優しさだと思う。
どっちかだけでもダメだと思う。

今日の取材中、「自由」がテーマにのぼってた。
取材後、彼方と、少し「自由」について語り合った。

俺の思う「自由」は、自己責任。
規制や縛りが、あるから、自由に憧れる。
でも、いざ、「自由にやっていいよ」って開放されると、
何をどうしていいか解らなくて、戸惑ったりする。
自分で自分を律する事って難しい。
自由と無法・無責任は違うからね。
逆に、色んな規則や規制や縛りの中で、自由を創れると自由の達人(笑)
って、歳取ってから、俺も解り始めたんだけどね。

抑圧があるから、自由を求める。
でも、抑圧を楽しめなきゃ、押し潰されちまう。
押し潰されたら、自由もクソもない。
厳しさを楽しむコツを身に付けるといいのかもね。
若干、Mっぽくなるが(笑)
敢えて、辛い事や、大変な事に、自ら手を挙げ、率先する。
達成感が、増す。
そうすると、辛い事の後に訪れる喜びが・・・癖になる(笑)

お袋が、いつも言ってた。
「人が嫌がる事を、最初にやりなさい」ってね。

って、もっと守って実践してたら良かったと後悔してる(笑)

今思えば、ポジティブシンキングだね。

自由から話が逸れたっぽいかな?
まだまだ、修行が足りんな(笑)

その後、来客。
ライヴハウス運営について、熱く語り合った。

その後、WASライヴを観に、柏へ。

久し振りに、盟友カッシーと、業界を憂い・・・熱く語り合った。

熱く語った一日だった。
あ~すっきりした(笑)
  1. 2006/10/20(金) 23:59:31|
  2. BOSSの日々系

WASライヴ

本日、WAS in 柏ZAX

WASのステージのみ生中継します。

19時45分~中継予定です。

中継はコチラ
  1. 2006/10/20(金) 12:15:51|
  2. BOSSの日々系

東京へ

昼、新幹線組とお別れ。

淳さん、彼方、ポンちゃんは、東京のそれぞれの現場へ。

俺とさあチャンは、喫茶店でしばし打ち合わせ。
14時、車で名古屋を後にした。

東名高速が、集中工事をしてるので、
帰りは、久々に中央高速ルートを走る事に。

中央は、日中は良いのだが、街灯が無いので、夜は走り辛い。
また、アップダウンが激しいので、燃費が悪い(笑)

途中、何度か休憩しながら、電話で仕事。
諏訪湖サービスエリアで温泉に浸かる(笑)

夕食も済ませ、渋滞にも巻き込まれず、無事20時前に事務所に帰還。

明日の彼方の取材の準備と来客の打ち合わせ準備。

しかし、旅慣れって凄いよね。
名古屋までの車移動は、まったく苦にならない(笑)

98年~99年、ラヴコメが名古屋の東海ラジオで土曜夜の生放送をやってた。
毎週とは言わないが、月に1~2回は、番組に顔を出してた。
23時~23時30分の番組だったので、日帰りが出来ない。
次の日曜も朝から、違う現場等もあったので、車で通ってた(笑)
夕方、東京出発。
番組終了後、打ち合わせ等を終え、そのまま東京へUターン。

その後も、大阪や島根まで、行ってライヴ&そのまま帰京・・・
の弾丸走りを何度も経験した(笑)

もう感覚的には・・・名古屋は、車でチョイと行ける隣町(笑)

名古屋には沢山の想い出がある。
何故か、東京以外の地でのワンマンは、必ず名古屋と決めてる。
俺なりの理由は、色々とあるんだけど企業秘なので内緒(笑)
俺が係るアーチストも、不思議と相性の良い土地なんだよね。
勿論、俺も名古屋で出逢った関係者でNGな人は皆無。

今回の遠征では・・・
会場やサテライトで、お客さんとも立ち話程度だが、会話も交わした。
昔は、ストやライヴで出逢った子達と沢山話をしてた。
そのまま、今も素晴らしい友人になってる人もいる。
今回は、ふと、そんな当時を思い出した遠征だった。

大阪や東京、仙台からも駆け付けてくれてたみたいだしね。

「大阪でも是非、ライヴをやって下さい」と声を掛けてくれた。

近い内に必ず行きます。
まずは、名古屋詣でを固めてから、足を伸ばします。

その他の地にも足を伸ばしたいね。

来年は、昔のようにグルグルと日本を巡りたいな。
その各地各地のライヴ等をネットで配信したいね。

長~~~い~~~~旅~~~だ~~ぜ~~~~!!(矢沢風)
  1. 2006/10/19(木) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

名古屋!!

昼過ぎ、大須の現場近くで、彼方&淳さんと合流。
俺とさあチャンとポンちゃんは車組。
荷物や機材等があるのでね。

早速、昼飯。
折角だし、番組のネタの為にも、何か名古屋名物を捜す。
ポンちゃんの発案で「すがきやラーメン」に決定。
061018_1238~0001.jpg

5人で、すがきやに入る。
何たって安い!!(笑)
味も値段の割りに・・・と言わず、美味い。
名古屋の人は、その安さと美味さの魔力で、
子供の頃から、おやつ代わりに食べてるとの事。
そう、記憶に刷り込まれてる味(笑)

俺の地元の「お好み焼き」ってところか。
大人になった今も、ふと、懐かしい味が無性に食べたくなる時がある(笑)
昼時、若い女子高生に混じって、俺世代の背広族が食ってた。
スガキヤが当たってる理由が良く解った(笑)

さて、名物を食ったところで・・・次は、お茶だ!!と。
喫茶店を物色。
どうせなら、ドトール等のスタンドじゃないのが・・・

おっと!!見つけました!!
名古屋名物?の喫茶店「珈琲所 コメダ珈琲店
昔ながらの喫茶店の風情。
そして、チェーン展開してる・・・らしい(笑)
061018_1328~0001.jpg

入り口の看板には、名古屋名物のおまけの説明がある。
俗に言う、モーニングサービスなんだけど、名古屋風は独特。
飲み物を頼むと、勝手にトーストやら卵やらが付いてくる。
勿論、値段は、飲み物の値段だけ。
普通は、何十円か何百円かプラスして、セットになる訳ですよ。
逆に、お腹は一杯、コーヒーだけ飲みたい人もいるかもしれないよね。

さすが名古屋、客の腹具合、意思は・・・無視(笑)

普通に喫茶店に入って、普通にコーヒー頼んだら・・・
ケーキやらアラレが付いてきた事もある(笑)
061019_1257~0001.jpg

さて、腹ごしらえ&一服したととろで、
名古屋の拠点、万松寺ビルにあるアルファポイント社へ。
盟友、丸山社長、他スタッフ大勢でのお出迎え。
早速、本日のライヴの打ち合わせ&Cheek ON Lineのコメント収録。

コメントは、淳さん→ポンちゃん→彼方の順で収録。
淳さんは、一発OK!!
両名は・・・撮り直し(笑)

コメントは、2週間後くらいにUP予定です。
三人のサイン入り色紙と「愛こそすべて」のCDを視聴者一名様にプレゼントします。
皆さん、チェック4649!!でっす。

コメント終了後、会場設営とリハ。

17時10分、無事終了。
俺は、一旦タクシー飛ばして、シャナナFMへ。
相羽ディレクターと松川プロデューサーと本番の打ち合わせ。
サクッと終わらせて、ライヴ会場へ。

18時、開場、オンタイムでスタート。
内容は・・・プレミアムライヴなので・・・内緒(笑)
来てくれた皆さんは、楽しんで頂けたかな?
本当は、もう少し、長くやりたかったけど、番組があったしね。
平日だから、スタート早めるのもねぇ。
次回(11月4日予定)は、もっと、ゆっくりと楽しめる内容にします。

20時、ライヴ終了。
淳さん、彼方、ポンちゃん、を先に㈱名古屋流行発信の剣さんの車でスタジオに向かわせる。
俺とさあチャンは、片付けをして、アルファの白戸副社長の車でスタジオへ。

サテライト前には、ライヴ後、駆けつけてくれた皆さんが。
ありがたいことだね。

番組も無事終了。

番組で、買ってきた「世界の山ちゃん」の手羽先を番組の途中、
サテライト前の皆さんにも一本ずつだけだったけど・・・おすそ分け(笑)

番組途中、小堀社長や岩田取締役も覗きに来てくれた。

そう、今回の番組ジャック放送は大成功。
名古屋エリアの地上波とネットの融合。
関係各位の皆さんも喜んでくれたしね。
今後、色々な可能性が見えた放送だったと思う。
昨年やってたレインボータウンFMのネット配信から、グッとグレードアップしたと思う。
次は、今回のような企画に、携帯端末の動画をミックスしたいね。

番組終了後、丸山社長の経営する店で盛大に打ち上げ。
㈱名鉄エージェンシー松田部長も駆けつけてくれた。

名古屋&IT戦略の礎を確かに築けたと確信した一日でした。
ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

さぁ、また、番組ジャックもグレードアップしなきゃね(笑)

そして、番組でもフライング気味に(笑)祝ったけど、
明日は、淳さんのバースデー。
打ち上げで、24時!!皆で、ハッピーバスデーを歌いました。

淳さん情報。
明後日、金曜日19時~「Dのゲキジョー」(フジテレビ系)に出演します。
皆さん、チェック4649!!

お~っと!!
番組ジャックの模様はコチラ
  1. 2006/10/18(水) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

ワクワク

今日は、昼から、22日の岐阜のチケット手配&発送。
その後、FAに先日の彼方ワンマンの中継機材を返しに行った。

夕方、事務所で来客を待つ。
19時の予定。

短パンに着替え、明日の番組用のCDを編集してた。

18時、ピンポ~ン!!

宅急便かな?

「さあチャン出てみて!!」

「あっ・・・どうぞ!!」

どうやら、俺が、時間を間違えていたらしく・・・
株式会社jig.jpの大塚氏と大和総研の立野氏。

大慌てで、ズボンを履き替え・・・
「どうも!どうも!わざわざ、すいませんね・・・」

少し、遅れて、大和総研の北野氏、登場。

待ちに待った、携帯動画の打ち合わせ。
前々から、Net魂やライヴ中継を携帯で観れるシステムは・・・
と、思案&模索していた。

先日、北野氏から、連絡が。
「素晴らしいシステムを持った会社があります。会ってみませんか?」

で、やっと、今日に至った次第。

2時間、たっぷりと打ち合わせ。
早速、システム導入と、踏み込んだコラボの模索にGO!!

まだ、DOCOMOのみだが、リアルタイム動画配信が可能との事。
勿論、オンデマンドもね。
機種のスペックによっては、ワンセグ画質に負けてない。
こりゃ~行っとくべきでしょう!!

これでまた、アーチスト達の活動を支援出来るインフラが手に入る。

行っとくけど、インフラ屋になるつもりはサラサラない(笑)

どんだけ、便利なツールやインフラがあったとしても・・・
最後は、アーチストパワー。
そう、アーチストの魅力や実力がなければ、意味がない。

少なくとも、今の時代、いや、これからの時代に合った、
プロモーションツールや環境を自前で手に出来る事に越した事はないって話。
ユーザーあってのエンタテインメントだからね。
ユーザーの生活環境の変化に即した対応を考えるのは当たり前の事。

音楽やライヴの持つ不思議な力や魅力は、普遍だと信じてる。
が、その扱われ方は、日進月歩で変化してるのも事実。
あるデータによると、データ楽曲販売が、パッケージを越える日は近いと。

携帯電話だって、凄い進化だ。
本来の電話の機能は、オマケ程度(笑)

俺は、運良く、音に限らずハードのアナログからデジタルへの変化を体感した。
明らかに、作品創り&プロモーションに変化を求められた。
いや、今も求められ続けてる。

一番、アナログなライヴですら・・・
生中継を意識したら、明らかに中継無しの内容とは違う演出が必要。
また、オンデマンドを意識したら、尚の事。
現場で観て良し!!中継のフレームで観て良し!!オンデマンドで何度観ても良し!!
その、微妙なポイントを意識したセットリストやMCや演出を心掛けてる。

その実験の為のNet魂やライヴ中継でもある。
色んな事が、勉強になり解るんだよね。
ツールは使い込んだり、使いこなした奴にしか解らない“カン”が存在する。
その“カン”を養ってるのかな、今は。

実際、中継時は、リアルタイムで、アクセス数のチェックもしてる。
日々のアクセスの解析も勿論だけどね。
何が受けて、何が受けなくて、って、だんだん解ってくる。

そう、昔は、チャートとか視聴率とか・・・
他人任せのデータを鵜呑みに信じていた。
今は、自分で頑張れば、解析・分析できる時代。

ユーザーの本当の反応・反響・心理が掴みやすくなったとも言える時代。

でも、大事なのは、足使って、体使って、汗かく事(笑)

便利さは・・・何かを失う犠牲の代償だからね。
いつの時代も。

さぁ、明日は名古屋。
ライヴ&番組ジャックです。
  1. 2006/10/17(火) 23:00:31|
  2. BOSSの日々系

永遠のパズルは聴こえない

今日は、明後日のシャナナの準備&連絡&確認。
そして、22日の日野美歌さんのイベントの準備にてんてこ舞(笑)

昨日のワンマンの裏方を記して紹介しておきます。
って、いつも渋谷魂関連のアーティストのココ一番は手の空いた全員で裏方。
これが、チーム渋魂の基本です(笑)

プロデューサー&舞台監督:池永康記
ゲストケータリング:関根敏彦
PA:鈴木豪
PAアシスタント:IZUMI(WAS)
照明&舞台:ADDICT
ステージクルー:桑田祐宜
ステージクルー:長屋大輔
会場スタッフチーフ:池田さあ
会場スタッフ:上窪由加利
会場スタッフ:徳本修一
会場スタッフ:JUN(WAS)
会場スタッフ:渡辺祐也
会場スタッフ:中山知美
中継&カメラチーフ:二村賢治
中継カメラ:立野篤彦
スチールチーフ:船越靖逸
スチール:宮崎秀秋
スチール:西田樹

そうそう、友人の結婚式からフジ(WAS)が駆けつけてきた。
フジは・・・何故か?「永遠のパズル」フェチ(笑)
彼方と顔を合わすたび・・・
「次は、いつ歌うんすか?」と必ず訊くらしい。

俺にも「あの歌は名曲っすよ!!やばいっすよ!!」
と、熱く&近く語る(笑)

そんなフジの為にも・・・
今回は、久々のバンドでのパズルをセットリストに入れた。

当初の話では・・・
14時から披露宴とフジから訊いていた。
じゃあ、本番には間に合うな、と。

が・・・
当日・・・式が14時からだった事が発覚したらしい(笑)

夕方・・・フジから切迫した声で、さあチャンに電話が・・・
丁度、「ジャンヌダルク」の辺りだったらしい。
フジ「今、新宿なんすけど・・・パズルは?」
さあチャン「まだ、3曲あるから、急げば間に合うよ」
フジ「解りました~~~!!」

結果は・・・
お約束!!!!

タッチの差で・・・
あ~~~~う~~~~~~と~~~~~~!!

今回も聴けなかったようだ(笑)

そんなフジのWASが、20日にライヴです。
柏ZAX。
予約はコチラ
俺の盟友カッシーのプロデュースするバンド「ツバメスケッチ」と対バンです。
って・・・対バン誘われた訳じゃないんすけど・・・
勝手に「ツバスケ」さんの日にして下さい!!と箱に頼んだんですが(笑)

フジ、何を血迷ったか?いきなり「永遠のパズル」を歌いだすかも(笑)

写真は、打ち上げ。
達成感は・・・最高のツマミ!!(笑)
061015_2317~0001.jpg


そうそう、ライヴ写真&集合写真。
さっき届きました。
良いの撮れてまっせ!!
お楽しみに!
  1. 2006/10/16(月) 22:50:02|
  2. BOSSの日々系

疑惑の猛ダッシュ事件

14時、会場入り。
機材セッティング開始。
今日のPAはスグルちゃん。

初めての箱と言う事もあって入念にPA機材チューニング。

その間に、今日、ステージ周りを手伝ってくれるマユ&大ちゃんと段取り打ち合わせ。
AGを持つのをやめたり、ハンドマイクにしたり等々、
数箇所、直前の通しリハで、変更が出た。

15時過ぎ、バンドセクションのサウンドチェックから開始。
まずは、「声」でモニター等の細かいチェック。

ここで豆知識(笑)
昨日位の箱だと、ステージ上の演奏者に聴こえる音は、
生のドラム、生のアンプ、各人のモニタースピーカー。
それに加え、メインスピーカーから出る音(会場に聴かせてる音)も聴こえてしまう。
そう、会場自体が共鳴する箱になってしまう訳。
リハと本番では、ステージ上で聴こえる音が違う音になってしまう現象が起きるのである。

何故ならば?

誰も居ないガラガラの音の響く会場と、
人が一杯入って、お客の服が吸音材になってしまう本番では、
ステージ上も、メインスピーカーの聴こえも、まるで別物になるって訳。
残響や、低音の響きが、吸い取られてなくなってしまう。
とは言え、人を入れてリハするわけにはいかない(笑)

埋まるであろう、客数の想定が、ここで、大事になるって訳。
満杯のつもりで、モニターチェックしてて、ガラガラだったら・・・
ガラガラの想定で、満杯になったら・・・
本番中、大慌てでPA卓を弄り回す事になる(笑)

1000キャパを超えると、ステージ上と、会場が分離して音が作り易い。
モニター専任のPAも付くから、外音だけに集中出来る。

昨日の箱は、歌をしっかり聴かすタイプには、非常に難しい箱だった。
スグルちゃんも、いつになく悪戦苦闘していた(笑)
リハ中も、ハウリングとの戦いだった。
欲しい周波数帯域と、箱の共鳴帯域が、微妙にぶつかってた。
が、流石、本番には、外音は、良い感じに仕上げてくれた。

そんな、ハウリングとの戦いもあって、若干、リハは押し気味に進行。
が、それも想定内、開場~開演に一時間のクッションを置いたから、少々の押しはOK。
時計を見ながら、開場15分押して、オンタイムスタートっと!心に誓う16時30分(笑)
遠方から来る人もいるだろうから、終演は、遅くしたくないからね。

バンドリハ無事終了。
その後、キーボードセクションのリハ。
2曲をツルッとやって、おしまい(笑)
引き続き、ギターセクションのリハとオープニングSE~スクリーンロールアップのタイミングチェック。
ロールアップに50秒。
逆算して・・・場当たり一発でOK!!

以上で、リハーサル終了!!
時計は・・・17時15分。

同時に、物販準備、チケット引き換え、中継準備等々、準備万端。
後は、照明さんの直しと会場内の整理のみ。

リハ中、彼方から直訴が(笑)
「あの風のように」の間奏で、楽屋裏から抜け客席に突撃したいと。
外をダッシュすれば・・・30秒で戻れると。
Bメロから歌いながらステージに戻れるな。
OK!!やっちゃえ(笑)

リハ後、楽屋裏から回りを散策。
他の抜け道はないかなぁ・・・・

隣のビルに入ってみる。
あれ?
抜けられるじゃん(笑)

早速、彼方と一緒に走る大ちゃんの2名を連れて、導線のチェック。

「よし、これで、随分と楽になるね」と意気揚々と盛り上った3人。

が・・・本番・・・彼方と大ちゃんを悪夢が襲ったらしい・・・

予定通り、間奏で、楽屋に戻り・・・
余裕ぶっこいて、隣のビルに行ったら・・・
お約束!!!!!

ドアに鍵が掛かってた(笑)

ロスタイム15秒・・・
焦りまくった二人は・・・
もの凄いスピードで、最初に予定してた道をひた走ったそうな(笑)

え?俺のせい・・・
俺のガセネタ・・・

すまんすまん。
まぁ、人生、こんなもんよ。
思い通りにいかない・・・だから楽しいのよ!!(笑)

どうやら・・・夜、決まった時間になるとオートロックが掛かるらしい・・・
住人じゃないし・・・そこまでは、予想できなかったもんなぁ(笑)

彼方&大ちゃん、疑惑の猛ダッシュ事件以外は、トラブルもなく見事な進行でした。

また、気が向いたらレポ書きます。

って、ワンマンの内容に触れてないやんけ(笑)

豆知識2(笑)
開場時間に流れてた映像は、彼方の初ワンマン(四谷フォーバレー)です。

豆知識3(笑)
オープニングSEで使用した曲は、The Raspberries「I Can Remember」です。

次回の渋谷魂は10月29日(日)
予約はコチラ
  1. 2006/10/16(月) 17:21:57|
  2. BOSSの日々系

2006.10.15セットリスト

1. 心
2. ずっとずっと
3. 魂
4. もう何も言わなくていい
5. ジャンヌ・ダルク
6. 明日には笑えるように
7. ひとつ
8. 永遠のパズル
9. 明日へ
10.青空
11.Vida Loca
12.あの風のように
13.勝利の女神様
14.さよなら僕らの青春
15.笑って見せて

<アンコール>
16.さよなら
17.声
<撮影タイム:笑>
18.Birth

IMG_9272.jpg



アルゴスショップ

今日の集合写真他は近日アップします!!
お楽しみに!!
  1. 2006/10/15(日) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

ライヴジャンキー!!

いかネットも無事終了!!
ってか、もうオンデマンド配信してます!!
コチラで!!

今日は、午前中から打ち合わせ。
その後、スタジオへ。
今日は、俺がカメラマン。
そう、一人で、3カメ担当(笑)
スイッチャーのさあチャンと息もピッタリ。
阿吽の呼吸・・・・
2・3箇所くらいかな?息合わなかったのは・・・
インカムも使わず、テレパシーでね(笑)

さてさて、明日になりました。
24時間後は、打ち上げで呑んでます、ハイ(笑)
そう、ワンマンでっす!!

俺は、ライヴジャンキー(笑)
いやいや、俺の周りも皆、ライヴジャンキー。

ココ一番のライヴになると、アドレナリンが出まくるわけよ(笑)

ライヴの魅力、中毒性は?

ずばり!!
消えものだから、素晴らしい。
その儚さが・・・たまんないのよ。

何百回、レコーディングするよりも・・・
一回のライヴの方が、興奮する(笑)

始まったら・・・終わるしかない・・・
やり直しきかないからね。

人生、80年と仮定しよう。
700800時間、生きる。
その内の2時間。
一瞬の出来事だ。
だからこそ、貴重なんだ。

たかだか200人そこそこかもしれんが・・・
見ず知らずの人達の人生が、クロスする一瞬。
何の縁があってか知らないが・・・
出逢っちまったんだ。
一年間、共に過ごすクラスメートとは、訳が違う。
明日、共に時間を共有して・・・
もう二度と、逢う事もない人がいるかもしれない。
人の人生って・・・明日は、解んないからね。

でも、何年も先までも、また、共有し続けるかもしれん。

そうなる事を願って、明日に臨みたいね。

そして、美味い酒呑みたいね(笑)

明日、会場で逢いましょう!!

PCの向こうで、逢いましょう!!
  1. 2006/10/14(土) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

本番、待つのみ!!

無事、通しリハ終了!!

仕上がりは、OK!!

リハを安心して観れた(笑)
メンバー全員の、ここ数年の経験が、グッと塊になった。
道は、繋がってるんだと、改めて思った。

彼方、TAKU、クッピー、YASU。
成長したな~~~~~っ!!!!

素直に思うよ。

さぁ、本番を待つのみ!!
思いっきり、やればいい!!

さて、明日は、いかネット、皆さん、観てね!!

リハ風景。
061013_2338~0002.jpg

061013_2152~0002.jpg
  1. 2006/10/13(金) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

リハ1終了

太田っち宅で、本日のリハ一部終了。

これから事務所近くのスタジオで、二部の通しリハ。

必撮「写ってるんです」も快調に良いショット収めてます!!
(photo by さあチャン)

リハ終了後、ピアノ猛特訓中(笑)061013_1802~0001.jpg

  1. 2006/10/13(金) 19:49:19|
  2. BOSSの日々系

さよなら

もう交わす言葉さえ
選んでしまう僕達が哀しいね

ねえ愛し合ったから
出逢った頃の他人には戻れないんだね

黄昏 無理に微笑む 君が遠い
渇いた君の唇 見つめた

さよなら さよなら さよなら もう行かなくっちゃ
本当の胸の傷みは きっときっと後から 来るのかな?

そうこんな日が来ると
あの日の二人想像もしなかった

ああ行き交う人波
未来に向かう恋人に映ってるのかな?

あの夜 君の温もり 君の香り
心に鍵があるなら 掛けたい

さよなら さよなら さよなら 上手く言えないよ
愛した君の総てを 憎めたならどんなに 楽だろう?

ねえ 意地ばかり張っていたね
最後まで・・・二人・・・

さよなら さよなら さよなら 上手く言えないよ
愛した君の総てを 憎めたならどんなに 楽だろう?
さよなら さよなら さよなら もう行かなくっちゃ
本当の胸の傷みは きっときっと後から 来るのかな?


18日、名古屋の会場は、こんな雰囲気。
レイアウトは、変更するけどね。
大人じゃ~ん(笑)3.jpg

  1. 2006/10/13(金) 15:00:00|
  2. BOSSの歌詞系

ネタバラシ風(笑)

15日の彼方ワンマンのネタバラシ第一弾!!
って、第二弾がある保障はありませんが・・・(笑)

当日、WEB上に、ARGOS OFFICIAL PHOTO GOODSショップがオープンします。
まずは、定番の生写真・携帯ストラップ・マウスパッドを販売します。
今後、卓上カレンダー等々、アイテムを増やします。

ここからがポイントです(笑)
当日は、カメラマンが入ります。
ライブ写真をパシャパシャ撮ります。
「こりゃ良いじゃん!!」ってのがあれば、すかさずショップに並べます。
で、ついでに、ライヴ終演後、皆さんと記念撮影(集合写真)します。
ステージ前で、皆さんをバックに彼方がポーズを決めます(笑)
ナイスショットが撮れたら、それもショップにGO!!です。

元プリプリの中山加奈子さんのバンドが、ツアー時にやって大好評だったとの事。
そんじゃ、やってみるか!と。
その日、その場所にいた記念を色んなアイテムにプリントです(笑)
富士カラー純正プリントで高画質だそうです!!

その日の空気感を、その日の記録を、残したいので協力願います。
勿論、写ってはヤバイって方は、誰かの影にソッと隠れて下さい。

ガッツリと盛り上って、湯気の立つような汗だくの集合写真になる事を願ってます(笑)

ネタバラシついでに・・・
ライヴ後半戦は、ノリの良いナンバーがノンストップ予定です。
ステージサイドとオーディエンスサイドの体力勝負になる予定です。
何曲続くかは・・・秘密です・・・が、飛ばし過ぎにご注意下さい(笑)
って、ステージサイドが・・・バテバテになったら笑ってやって下さい。
とは言え、ヘドバン系、モッシュ系、ダイブ系ではないので、ご安心下さい。

あと、皆さんの「声出し」コーナー等、参加シーンも数箇所あります。
当日は、世界に向けての配信&記録映像&録音されますので、
煽られたら、すみやかなレスポンスをお願いします(笑)
世界に向けて、美声を轟かせて下さい。

まぁ、式次第を総て公表するわけにはいかないのですが・・・
ナビ(彼方&Vida Rocks)の指示に従って、まな板の鯉になってくれればOKです。

とは言え、彼の国のマスゲームのように一糸乱れないのも妙なので(笑)
それぞれの感情で、自由に、好き勝手に楽しんで下さい!!

ダイブだけは、危険なので禁止です。

屁理屈は抜きに、楽しい一日になればOKです!!

アゲアゲでイキマッショイ!!4649!!っす。
  1. 2006/10/13(金) 00:00:01|
  2. BOSSの伝達系

いかネット&ワンマン中継、決定!!

今週末、10月14日(土)19時~「いかすネット天国」に彼方が出演します。

ワンマンの前哨戦&前夜祭?(笑)として、アコギで歌います。
司会も、達っちゃんこと水田達巳、初登場です。
初司会と言う事で・・・今回は、ポンちゃんがアシストします。

出演者は・・・
重延勇矢とっとyukky、さんさ、伊礼彼方の5組。

とっとサンは、以前にも夜ネットに出演願った。
他、出演者は、俺も初めて。
とっとサンは、独特の作品、独自のスタイル。
俺も一発で大ファンになったアーチスト。
特に、「ありんこ」って作品はヤバイです。
泣けます。
今回も歌ってくれると嬉しいな。
勿論、他の出演者も素晴らしいと思うので、お楽しみに!!

19時、パソの前で、要チェックです!!

もう一発、お知らせです!!

15日、彼方ワンマン、ネット中継出来る事になりました。

実は、当日、いつもの中継スタッフが別現場だった。
こっちのスケジュールの方が、後で決まったのでね。
無理な調整をして貰って、中継可能になりました!!

いかネット&ワンマン中継はコチラ
  1. 2006/10/12(木) 20:09:12|
  2. BOSSの伝達系

宅ファイル便

只今、深夜2時過ぎ。
独りぼっちのデスクワーク(笑)

届いてた企画書のチェック、お礼のメール等々・・・
PCに向かって、シコシコ、パチパチ、やってます。

側には、いちごオーレ(笑)

BGMは、スグルちゃんから届いたBUTTERの歌。
そう、昨日は、BUTTERのレコーディングの最終日だった。
いわゆる、トラックダウン。
もしくは、ミックスダウン。
と言う、作業だった。
そう、最終的に音のバランスを取る作業の事。
昨日は、スタジオには、立ち会えなかったからね。

そのTD済みの音源4曲が、宅ファイル便で届いてた。
便利な世の中になったもんだ(笑)

ピッピとDL。
クリック一発で、仕上がりのチェックが出来る。

一昔前なら・・・
どんな深夜だろうが、車飛ばしてスタジオへ行った。
行かなきゃ、聴けなかった。
曲構成のチェックは、電話の受話器越しにやった事はあったが(笑)

あらま?
良い仕上がりに、オジサン、チョイとビックリ。
良くぞ頑張った!!学生諸君!!(笑)

さてさて、イラついてた気分が、ス~ッと爽やかになったところで・・・
ボチボチと、仕事に戻りますか。

作家時代の昔からの癖で、深夜の独りぼっちが、
一番、集中出来て、サクサクと効率良く仕事がはかどる。

再来週の岐阜のイベントの手配書等々、仕上げなければ・・・

頑張ります!!

PS.
ここで、情報です。
今月20日、金曜日、19時~フジ系「Dのゲキジョー
堀江淳さんが、登場します!!
皆さん、観てね~~!!
  1. 2006/10/12(木) 02:25:07|
  2. BOSSの日々系

DL側

今日は、朝から海を目指して移動。

東京ディズニーランド側のヒルトン東京ベイにてイベント。

S生命の関東圏のトップセールスレディー300人の表彰式。
その式典の中で、45分のミニコンサート。

森川由加里さん、CONNYさん、堀江淳さんのジョイント。
お客さんは、20代~50代。
特に、30代~40代が多い。
青春と共に刻まれた「歌」を披露し、会場を和ませ、盛り上げる。

各人、ヒット曲を歌い、3人で「つばさを下さい」をセッション。
アンコール後、またまた3人で「上を向いて歩こう」を会場と大合唱。

流石、ベテラン勢、そつなく、完璧なトークとステージ。

音楽は、若者だけのものじゃない、と、改めて思った一日。

リハ風景riha.jpg


淳さんの本番061011_1536~0001.jpg


東京DL行きたかったなぁ・・・
  1. 2006/10/11(水) 23:59:29|
  2. BOSSの日々系
次のページ

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。