BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫の手・・・

猫の手も借りたい・・・

いや~やる事、山積みでテンパッテます(笑)

明日から、名古屋。

近い内に、世界のTOYOTAに乗り込まんといかんからね(笑)

さぁ、ジックリといきますか。

難しい資料作りは・・・頭が痛くなる(笑)

仕方なく・・・パソ持参で名古屋に行きます。

明日、明後日、明々後日と中継3連荘です。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/30(木) 21:22:10|
  2. BOSSの日々系

初志貫徹

夕方から大事な打ち合わせ。
場所は、後楽園?ビッグエッグ?(笑)

そう、ラクーアの近くのレストラン。

丸山社長と立野氏。

丸二年以上かけて、立野氏と積み上げてきた目論みがある。
そのフィニッシュに向けてのミーティング。
二年間、慎重に慎重に進めてきた理想の在り方。
沢山の企業や人にも会ってきた。
まだ理想に・・・出会えるんじゃないか?
そうして紡いできた、今までの繋がりを一気に、一つに纏めるタイミング。

ここからが本当の勝負でしょう!!
って、気合入りまくり(笑)

皆が、音楽を武器に戦える戦場を作らなきゃね。
そして、初志貫徹。
決めた目標までは、何があっても邁進する。

焦らず、急ぐ時期が来た。

さぁ、もうひと頑張り。

打ち合わせ後、クリスマスな一枚をパチリ!!
061129_1733~0001.jpg


その後、事務所へ戻って、淳さんと打ち合わせ。

NOBの番組には、行けず・・・PCでチェック(笑)
  1. 2006/11/29(水) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

一巡り

午前中から、お出掛け。
諸々を片付けて、正午、事務所へ。
午後からの来客用に資料作成。

14時、待ち人来る。

今日は、ある人物を紹介される予定。

で、名刺交換して・・・
見覚えある名前だなぁ・・・

そう、80年代後半に、よく仕事をしていたテイチクレコードの
当時の制作本部長だった方。

あの頃は、そんなに交流はなかったが、
名刺交換した記憶が甦った・・・

そして、沢山の共通の知人の話で暫し盛り上った(笑)

最近、巡る出会い?再会が多い。

Y氏は、今は、独立して会社を経営してる。
なかなか興味ある楽しい話が出来た。

その後、新宿で、打ち合わせ。

先日のスーパーヴォーカリスト君と再会。
世間話で盛り上る。

その後、立野氏と、軽く一杯引っ掛けながら打ち合わせ(笑)

新宿は良いね。

気取らなくていいから・・・
  1. 2006/11/28(火) 22:32:49|
  2. BOSSの日々系

《太陽の中の恋-2》

 僕達の横を海水浴に向かうらしいブルーメタリックの箱型スカイラインが、地響き
を上げて駆け抜けて行く。ベタベタと低い車体をくねらせ、永ちゃんの『トラべリン
バス』の残響を僕達の鼓膜に残して・・・太陽の光をギラギラと反射させ、まるで特
大のゴキブリのように走り去った。唖然と見送る僕達。
 様々な青春が、熱い日差しに誘われ、弾けんばかりに膨らんでいた。僕は、コカ・
コーラマークのTシャツが、肌に貼り付く感触で、暑い夏の始まりを予感していた。

 父は高校教師。と言っても・・・頑固で実直、堅物の聖職者のイメージとは程遠い。
いや、まるで正反対。お人好しで好い加減。面倒見は良いが、正義感に欠けた不良体
育教師。よって、教え子や卒業生には絶大な人気者である。いや、お調子者・・・
 我家に出来の悪い下宿生を置き、飲酒・喫煙の公認は当たり前。挙句の果て、試験
前に「秘密の勉強会」と称して、試験問題を有料で見せびらかす始末。が、本当の所
は・・・かなりの小心者。

 そんな父を放任主義で転がす四つ年上の母は、兎に角、目立ちたがり屋の派手好き。
イメージ通りの絵に画いた保険の外交員。負けず嫌いの性格と、トコロテンの如く毎
年押し出されてくる父の教え子達という最高の顧客養成機関を持つ母は、常に県下で
もトップクラスの成績を誇っていた。
 その絶妙な関係が、それぞれの個性を一段と際立たせる大きな要因になっていた。

 そんな両親は、良くも悪くも島では有名な浮いた存在であった。その一人息子の存
在を生きる僕は、僕以外の総ての視線に対して、いつしか虚栄心と猜疑心を隠し持つ
ようになった。そして、気に入られる笑顔と、好まれる小心と、連帯を受け入れた協
調性を巧みに使い分ける、世間体の良い子供を演じるはめになった。
 その居心地の悪さが、いつしかテレビや雑誌で垣間見る、華やかでドライ・・・自
由気ままな「都会」と言うユートピアへの、妄想と羨望と憧憬を僕の心に募らせてい
った。そして、何も起こりそうもない故郷への失望と嘲りを強くさせていった。

 港とその先に突き出た灯台が見えてきた。三十隻足らずの小型の漁船が停泊してる
小さな港。魚の生臭い匂いと、漁船の油が入り混じった鼻をつく潮の香り。淀んださ
ざ波で漁船が揺れる度、ギシッギシッと繋がれたロープの軋む音だけが、生気の無い
港に寂しく響く。
 よく子供の頃、この港を抜けて、大好きな駄菓子屋へと通った。ここの空気の匂い
が、あまり好きでない僕は、意を決して、必死で息を止めて、自転車のペダルを力い
っぱい漕いだ。
 
 何年か前、我家の下宿生が十年振りに父を尋ねて来た事があった。酒を酌み交わし、
下宿生時代の話に花を咲かせていた。仕事の楽しさや辛さ、家族が増えた事、都会の
暮らしの利便さを父に熱く語っていた。
 横でチョコンと、ジュースを飲みながらニコニコと話を訊いていた僕の心に、何故
か、無性に引っ掛かっる一言があった。

「先生。時々、無性に海の匂いが嗅ぎたくなる事があるんですよ。どこの海とも違う、
ここの海の匂いが・・・俺も歳を取ったんですかねぇ?」

 父は何も答えず頷いていた。嬉しそうに、酔って真っ赤になった顔の教え子を見つ
め、グラスを空けていた。

 最近、あの一言が、僕の中にフッと甦る瞬間がある。いや、僕から離れない。

 いつか・・・もうすぐ・・・僕も島を出て行く。いつの日か・・・僕にも、そんな
想いに駆られる時が来るのだろうか?
 徹夜を覚えた僕は、明け方の静寂の中、ポンッポンッと海の方から微かに聴こえて
来る寂しげな漁船の行く音に、ふと、そんな想いを独りぼっちの部屋で、抱き
しめてみたりする。
  1. 2006/11/27(月) 23:59:59|
  2. さよならの青空

頑張りの結晶

本日の渋魂も満員御礼!!
足を運んでくれた皆様、出演者の皆様、お疲れ様でした。

ラインナップは・・・
ひかりWAS喜珠上窪由加利水田達巳

今回は、ひかり、喜珠が初参戦。
共に、夜ネットには、出演済み。
他の出演者、スタッフとも面識あり。

そう、今後は、番組の出演経験者に出て貰おうと思ってる。
いかネットも8回を終えて、沢山のアーチスト達とも知り合えたしね。
そろそろ、ライヴの方にもブッキングして行きたい。

今日もそれぞれに良いライヴを魅せてくれた。
お客さんも、幅広い客層。
そして、ほぼ全アーチストを観てくれた。

本日は、もう一本、気になるライヴがあった。
観には行けなかったんだが・・・

先日もWASの柏ザックスでも胸を借りた「ツバメスケッチ
我が盟友、樫原氏がプロデュースするバンド。
今日、地元でのホールワンマン。
大成功だったようだ。

良かった、良かった。
きっと、感動的なライヴだったに違いない。
一歩一歩、着実に、歩んでると思う。

場所は違えど、それぞれが、夢や思いを持って歌う。
勿論、仲間でありライバルでもある。
現実問題として、全員が、成功者になれるとは限らない。
が、なれないとも言い切れない。
可能性は、総てに、平等に、与えられてる。

今、身近な関係性がある仲間(面識のある)のバンド、アーチストの中で、
遂に、ホールワンマンをやり遂げたツバスケ。
頑張れば、夢は叶う!!を実践して、実証してみせてくれた。
良い刺激、良い励みになるね。

また次なるワンマンを控えて走り続けるツバスケ。

とりあえずは、お疲れ様!!
  1. 2006/11/26(日) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

ギブアンドテイク

今日は「いかネット」。
早めにスタジオ入り。
今日は、担当無し(笑)

リハから本番まで、皆の動きを眺める。

皆、随分と慣れてきたもんだ。
継続は力なり。

今回の出演者も良い感じ。
いかネットや渋魂の出演者同士が、どっかで繋がってる現象も起き始めた。
良いスパイラル。
人が人を呼び合うようになってきたのかな。

本番途中から、スタジオを抜けて、スグルちゃんと打ち合わせ。

その後、出演者&スタッフの打ち上げに合流。

沢山のアーチストに出会える事は、刺激になる。
自分の知識・概念だけでは、知り得ない世界がある。
今回も、出演アーチスト達から、色んな物を学んだつもり。

ギブアンドテイク。

アーカイブはコチラ
  1. 2006/11/25(土) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

応募

最近、HPからのミュージシャンの応募が多い。
今日も、数名の方に返信をした。
すかさず、携帯が鳴った(笑)

来週、数名と面談。
何はともあれ、会ってみないとね。
良い出会いになると良いんだが。

最近の傾向として、現役プロの方の応募が目立つ。
先日も、知ってるアーチストのバックの方から応募があった。
メールと電話でのやり取りだったが、やっぱり共通の知人がいた。
日を改めて、知人も交えて呑む事にした(笑)

ネット社会ならではだね。
求人とまでは言わないが・・・
HPの目立たない所にコンテンツを置いてるのだが・・・

どうやら、検索で引っかかってくるようだ。
それなりにキャリアのある人も新しい仕事を探してるって事か。

いかネットも最近、メールでの出演希望が増えてきたようだし、
今回、バンドのイベント出演希望が数件あった。

新しい人達との出会いは楽しい。
準備してる事が、一気に始まる予感(笑)
きっと、運命の鍵を握る人物とも出会えるのかな?
楽しみに、期待していよう!!

今日、PHSが修理から帰ってきた。061125_0123~0001.jpg
  1. 2006/11/24(金) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

辞める時の為に

休日をのんびりと過ごす。
平日のTV番組を眺めるのも久し振り。
って、日曜もイベント等多いので、ほとんど観ないが(笑)

作家時代は、毎日が休日だった。
正確には、暦は関係ない、自宅作業の個人事業主。

主婦が観るであろう番組を良く観てた(笑)

打ち合わせがない日は、午後から近所のパトロール。
行きつけの喫茶店で珈琲を飲んで、本屋でプラプラ、パチンコ屋へ(笑)
パチンコ屋で、顔見知りも多く出来た。
お互いに何やってる人だろう?と、思ってたに違いない。
俺も、色々と勝手に想像してた(笑)

若い頃は、時間は無限にあると思ってた。
まぁ、若い内から、未来の残時間を気にして生きる方が、気色悪いが(笑)

いつ頃からだろう・・・
人生の残時間を気にし始めたのは?

多分、30代に突入した頃だった気がする。

勿論、今の歳で感じるようなリアルな「あと何年頑張れるのかな?」じゃなくて、
「やべ~やり切ってないない内に、歳取っちまう」と思ったんだよね。

若気の至り、じゃないが、若さゆえで許されるのは、あと少しと。
そして「いつかやろう~」と呑気に考えてた事をやっとかなきゃ、やるタイミングないかもってね。

元々、興味ある事には、首も突っ込んでたし、それなりに知識も蓄えてた。
そして、やれば、何だってどうにか出来る勝手な自負もあった(笑)

が、それは、妄想で、机上の空論なんだと思った。
色々な事が、何となく理解出来て、そこそこ出来る「作詞家」だった。
あくまでも、作詞家の責任の範疇でしかなかった。
勿論、仕事って意味においてね。
アマチュアとしては、ライヴの仕切りや、色々な事を自ら挙手してやったりはしてた。
その延長線上で、プロの現場でも、意見を出すけど、責任はない立場。
そう、宣伝会議などで、能書き垂れるが、あくまでも責任のない作詞家。
レコーディングの現場を仕切るが、あくまでも責任者ではない作詞家。

逆に言うと、良く仕切らせて貰えたと思う。
担当ディレクターがいるのに・・・
「俺が進めた方が、良い物創れますから」なんて生意気言ってた。
売れた、売れなかったの責任は、担当ディレクター。

19年前、思い切って友人の作曲家とプロダクションを始めてみた。
18歳の女性シンガーをデビューさせようと目論んでね。
そこから、総てのリスクを自分達が背負ってやってみる事にトライした。
いや~勉強の連続だったよ(笑)
今までの、責任のない発言が・・・総て跳ね返ってくる。

レコード会社も、今までは、仕事を貰う先だったのだが、対峙する先に変わった。
自社のアーチストをいかにプライオリティー高く売って貰えるか?
約一年で、無事にメジャーデビューに漕ぎ付けた。
タイアップやら、プロモーションやら、版権の切り売りやら・・・
解ってたつもりの机上の知識が、実践において問われたって訳だ(笑)

最初のメーカーでアルバム2枚、シングル3枚。
2年後、他メーカーに移籍、と同時にレーベルも立ち上げた。
移籍後、アルバム2枚と、シングル3枚まで係った。
彼女は、その後も、移籍しながら、地道にリリースしながら活動してる。

あの頃が、凄く良い経験になってると思う。

今日、オーディオ周りの整理をしてて、当時のカセットテープを見つけた。

やりたい事やって、満足できたら・・・
いつでも辞められるし、後悔はしない・・・

そう、スパッと辞める為に、やり残さない。

やり残して、後ろ髪引かれるのだけは勘弁だ。

そう思った頃の歌が、ラジカセから聴こえてきた。

別に、今、辞める気になってる話じゃないよ(笑)
自分なりに十分、やりきった感はあるから、今、辞めても後悔はない。
が、もう暫く頑張るさ。
自分は、少なからず、色んな事を経験・体験・体感出来たと思ってる。
大した事はない自分史でも、少しは次世代に、リレー出来る事があるんじゃないかと。
そのトライアルは、暫く楽しそうだからね。
  1. 2006/11/23(木) 23:59:59|
  2. BOSSの過去系

SION

午後、昔、御世話になったS氏と会う。
4年振り?くらいの再会。
20年近く前、詞を提供してたアーチストの担当プロデューサーだった。
よく呑みに連れて行ってもらった。
そして、沢山の話を訊かせてもらった。

制作とは?宣伝とは?営業とは?原盤とは?出版とは?
レコード会社や音楽業界の仕組みを懇切丁寧に教えてくれた。
また、アーチストに求める事や、音楽的な拘りや、実践してる事など、
ずっと気になってたプロデューサーの仕事内容の秘伝も伝授してくれた。

今日も言われた。
「お前は、詞の打ち合わせに来たのに、違う事ばかり訊いてたよなぁ」(笑)

そう、頭の中の????疑問を全部解いてもらってた。
各職種の仕事内容、著作権・原盤権・アーチスト印税・歌唱印税・・・
納得、理解出来るまで、何度も図式に書いて貰って、食い下がってた(笑)

今にして思えば、何ともウザイ作詞家だったに違いない(笑)

当時、他にも沢山のディレクターやプロデューサーと仕事をし始めた時期。
何故か?S氏の元に、通い詰めた・・・いや、押しかけ続けた(笑)
答は、簡単。
大好きなロックアーチストを担当してたから。
そう、俺の好む音楽を形にして、売っていた当事者だったから。

一緒に仕事(詞の提供)をする事が決まった時は、ガッツポーズを決めた。
ある意味、ずっと片思いのストーカーだったようなもの(笑)

その後、S氏は、数々のヒットアーチストを手掛け大手レコード会社の重役にまで登り詰めた。

今日も、色々な相談に乗ってもらった。
と言うよりも・・・考えをぶつけて、意見を頂戴した。
いつも言われてた・・・
「丸腰で来るような奴の相談に乗ってる時間は無いんだよ」と。

短くも、楽しい時間だった。

その後、一旦事務所へ。

夕方、あるボーカリストと面談。
ずっと、気になってた21歳。
とてつもない才能を持ってる逸材だと確信してる。

話してみて、より確信した。
流石に、あの歌のポテンシャル・・・
大手メーカー、プロダクション、沢山の声が掛かってるのも頷ける。
そして、本人が、今の業界の仕組み、権利等、しっかりと勉強してた。
すでにスタジオなどでプロとして歌の仕事をしてるから当然なんだが。
なまじ、聞きかじりの知識をひけらかして近づくと痛い目に会う(笑)

生い立ち、キャリア、ヴィジョン、理念、沢山の話をした。

3オクターブで歌う、歌のスキルは、マジで、何年に一人の逸材だと思う。
が、そんな事より、声の音色と歌に、魂やドラマが宿り、人間性が伝わるんだよね。
一声聴いただけで、そう思った。
SION」の質感があるんだよね。
ゴスペル、声楽上がりのシンガーには有り得ない、別の核が融合した稀有な歌。

昔、S氏が良く言ってた・・・
「歌を理論・理屈や技術で聴くと、本質は何も聴こえない。」と。
S氏の手掛けるアーチスト・作品には、スピリチュアルなメッセージがあった。
そこが、好きな理由でもあった。

今日の彼に対しても、表面の歌の巧さだけで、名刺を渡す方々も多いようだ。
が、総て、見透かしてるようだ(笑)

またの再会を約束して別れた。

新宿の雑踏を歩く時、「SION」の歌が聴こえた。

その後、事務所で、企画ミーティング。
立野氏、北野氏、岡村氏の面々。
こちらは、大真面目な行政を相手にプレゼンをしてみようと言う企画。
まずは、行政の仕組みの勉強から・・・
今後、徐々に、企画書に起こしてゆく。
硬い話が終わったところで・・・
近所の居酒屋で、フランクな打ち合わせに移行(笑)
サクッと盛り上って、解散と相成った。
  1. 2006/11/22(水) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

東京~巡る季節の中で~

“元気でね”と言ったきりで 俯いてるあなたを見てた
黄昏の駅の騒めき 目を閉じると今も聴こえる

海の見える小さな街で 二度目の春また見送った
後悔はしていないから・・そっと呟いて唇かみしめてる

ふたり儚い夢を 分け合った東京
あなたにとって悲しいだけの 想い出にして欲しくない
巡り合いとさよなら 繰り返す東京
あなたらしく生きているのなら ただそれだけでいい


元気ですか?頑張ってますか? 今も夢を追いかけてますか?
もう一度あなたの愛に 戻る事は許されますか?

去年の夏・・書きかけのまま そっと棄てた夏の絵葉書
過ぎてゆく季節だけが ほんとのほんとの気持ちを邪魔してゆく

青春の一頁 静かに閉じたから
寂しくてもあなたとはもう 永遠に会わない方がいい
胸の奥の痛みを 微かに抱いたまま
小さな幸せをもう一度 ひとり捜してみる


あなたに会えてよかった 夢の街「東京」
穏やかな海を染める夕日 いつまでも見ていた・・・
いつまでも・・・・・・
  1. 2006/11/21(火) 23:59:59|
  2. BOSSの歌詞系

コツコツと

昨夜の企画実行・・・早速、午前中から電話をかけまくる(笑)

午後から、昨夜の資料を携えて、第一興商へ赴く。

うん、良い打ち合わせが出来た。

今後が、楽しみ。

その足で、新橋へ。

NOBと待ち合わせ。

古宮社長、立野氏と合流、打ち合わせ。

その後、NOBと事務所へ。

近所で、まずは、腹ごしらえ。

NOBと熱く語り合う(笑)

色々な妄想を具現化してゆく為のすり合わせと勉強会。

キャンペーンの意味、目的。

プロモーションの意味、目的。

インストアの意味、目的。

動員アップの方法論。

ツアーの意味、目的。

ヒット曲の生まれる構図、方法パターン。

ミクロからマクロまで・・・過去の経験則で伝授できる事を伝えた。

その後、事務所で、新曲のチェック。

7曲持ってきてた。

どれも、今までにはないコード感やリズムパターンやメロセンス。

確実に、進化しているのが伺える。

努力って言葉にすると、重いし、辛そうだけど・・・

好きだからって、言葉で括ると、楽しそう(笑)

そう、努力は義務じゃない。

任意で、するもの・・・いや、した結果。

受動的な努力は、辛いだけだし、続かないし、身にならない。

能動的な努力は、楽しいし、続くし、実力になる。

努力を努力と思わない努力をしてるうちはダメ(笑)

気が付いたら・・・やっちゃってたが良い。

好きこそモノの上手なれだ。

コツコツと積み上げる事が、一番の近道。

クリエイティブは、一日にして成らずだ(笑)

曲聞きの後は、NOBの番組の打ち合わせ。

11/29、NOBの番組をやってみる(笑)

何事も、まずは、やってみる事。

お楽しみに!!
  1. 2006/11/20(月) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

雨の日曜日

雨の中、所用・打ち合わせを片付ける。

夕方、事務所に帰還。

さあチャンに企画書の直しと、明日の資料作りを手伝ってもらう。

ポンちゃんも登場。

三人で打ち合わせ。

今後の展開アイディアを2人に聞いてもらい、意見を貰う。

客観的な意見や、盲点があるからね。

その後、近所のおでん屋さんへ。

相変わらず、味は良いが・・・大将が怪しい(笑)

その後、事務所で、資料作り。

朝方まで、今後の展開の企画案をさあチャンと練る。

外は冷たい雨。

やっぱ、アイディアは、真夜中が良いみたい。

明け方、解散。

夏なら・・・もう明るい時間。

さて、企画案を早速、明日から実行に移さねば。

鉄は熱いうちに打てってね(笑)
  1. 2006/11/19(日) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

チャンピオン

今日は、盟友&幼馴染の河村の趣味の世界。

筑波で開催された、シェパードの展覧会。

俺は、観に行けなかったのだが・・・

河村の愛犬ホリー(日本チャンピオン)の息子と娘が(兄妹)、
共に、一番小さいクラスで、日本一に輝いた。

シェパード業界では、前代未聞のミラクルな出来事のようだ。

何はともあれ祝杯!!(笑)

神田の行きつけの店で合流。

顔をほころばす幼馴染を肴に一杯やった。

勿論、真面目な打ち合わせもしっかりした(笑)

次回は、12月の頭、名古屋で合流。

名古屋のブレーンを紹介したい。
  1. 2006/11/18(土) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

アーサー&シャウト

午前中から、打ち合わせの嵐。

途中、新宿のウィルコムプラザへ。
実は、昨日も一回、行ったのだが・・・定休日だった(笑)
今使ってる、PHSが壊れたようで、修理に出しに行った。
ゴツい、ザウルスのような奴。
そう、モバイルパソのような奴ね。

二時間近くも、待たせやがって!!
まぁ、向こうさんにも都合があるって事で・・・

夕方から、御茶ノ水で、アーサーと打ち合わせ。
色々なコラボをガッチリとやる!!
一杯やりながら、盛り上った。

その後、上野のフォーク居酒屋「旅のつづき・・・」へ。
淳さん、宮ちゃん、さあチャン、古宮社長と、楽しい一時を過ごした。

この店は、カラオケの第一興商が、一号店として先月始めた店。
団塊の世代から少し下のフォーク世代を意識したコンセプトの店。
いや~満席&異常な盛り上がりに感動。

お客が、ステージで歌うと言うコンセプト。
昔馴らした、ギターや歌を披露出来る店。
皆さん、青春に帰って、盛り上ってたなぁ。

実は、このコンセプトの店をやりたいなぁ~と思っての視察だった。
来週には、第一興商の人とも会う。
コラボも有り、単独で開店も有り。
ニーズは、きっとあると確信できた。

勢い余って・・・ステージで二曲も歌ってしまった。
それも、淳さんのギター伴奏で・・・
究極のカラオケでした(笑)

久々のステージでの歌は楽しかったなぁ・・・

帰り際、店の総合プロデューサーの国安修二さんにも・・・
「いや~良い声してますね~~歌、最高でしたよ」
と、褒められた!!

って・・・これが、究極の営業トークなんだろうと思いつつも・・・
また、来週も、行ってしまいそうな・・・自分がいる(笑)2006_11170057.jpg

  1. 2006/11/17(金) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

試聴スタート

NOBHIROの試聴ページはコチラ

太田美知彦の試聴ページはコチラ

PC&携帯で見れます、聴けます!!
  1. 2006/11/16(木) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

《太陽の中の恋-1》

《太陽の中の恋》

1977年7月23日。

夏休みに入って最初の土曜日。
快晴。
午後一時過ぎ。

 僕と由紀夫は、海沿いの砂の浮いた灼けたアスファルトの道を力いっぱい・・・そう、
何かから逃れるように・・・いや、何かを振り払うように・・・思いっきり自転車を漕い
でいた。
 左手に広がる瀬戸内の海は、穏やかな凪。無数の小島がクッキリと点在し、その手前を
松山行きのフェリーボートが、紺碧の水面に白い波影を描いて、ゆっくりと進んで行く。   
 太陽は、僕と由紀夫に、そして・・・鮮やかな水彩画のような瀬戸内の風景に、容赦な
く照りつける。これから始まる自由な時間と、開放感に飛び込むように、僕達はペダルを
踏み続けた。肺一杯に吸い込む熱い潮の香りに、十五の夏を感じていた。
 去年までの夏とは、何かが違う。そう・・・何かが違う。四月から伸ばし始めた髪が、
潮風にサラサラとなびいている・・・そんな気がしていた。

 人口三万人弱。瀬戸内海で三番目に大きな島。唯一、ミカンが有名な特産品。他に、こ
れと言って誇れる観光地が在る訳でもない、過疎化へと突き進む島。
 その昔、ハワイやブラジルへと数多くの島民達が、夢に燃えて島を離れて行ったと聞く。
 他所の土地からの転入組の一家。即ち、親戚や我が一家の過去や家系を知る人の居ない
島。そんな僕にとっては、島の歴史もどこか他人事で、穏やかな四季折々の風情に満ちた
島の生活には、それなりに満足はしていた。
 けど・・・閉鎖的で、親族や近所の顔色を伺い、予定調和を美徳とし、馴れ合いを重ん
じる空気の嫌らしさに、正直・・・居心地の悪さと、説明のつかない苛立ちを感じ始めて
いた。心の片隅に、治りかけのムズ痒いカサブタを抱えている。そんな気分だった。

 昨夜、伸びかけの髪が、真っ赤になるまでオキシドールでブリーチした。イメージは、
ブロンド。そう、ロッド・スチュアートだった・・・けど・・・ただ髪を痛めつけただけ
のような出来栄え。右手で髪をかき上げる度、キシキシと軋み、パサパサと波打つ。
 周りが何と言おうと、早く世界のロックスター達のように格好良い長髪にしたい。先生
に注意されても、近所のオバサン達に睨まれても、このイカした髪を切るつもりはない。
 校則や一般常識なる約束事に基づいて、世の中の秩序が保たれてる事も良く解る。でも、
今しか出来ない事がある。いや、今やらなければ、永遠に出来ない事。それを我慢する事
はない。その理由も見つからない。いや、見つけたくもない。
 
 僕が興味を惹かれる大人達は皆、そんな決意にも似た輝きをどこか瞳の奥に宿している。
僕も、そんな大人になりたい。そう決めたんだ。その為には、古ぼけた慣習やルールを甘
んじて受け入れる事はない。僕の価値観を守り、貫けばいい。

「世間の顔色を伺って良い子で居るのは、もう御免だ!!」
「もう、子供じゃない!!」
「でも、まだ大人じゃない!!」
「好きなようにやるさ!!」
「後悔はしない!!」
「僕は目覚めるんだ!!」

 周りの人に迷惑を掛ける訳じゃない。まして、無意味に傷つけるつもりもない。僕は僕
の価値観の基準に基づいて、格好良い不良になりたいだけ。そう、格好良い大人になるプ
ロセスを自分なりに実践し、楽しみたいだけ。そして、何かを掴みたいだけ。
 決して、悪い人間になりたい訳じゃない。その自己改革の最初の一歩が、僕のこの髪の
色なんだ。革命の証なんだ。少しイメージと違ったけど・・・周りが何と言おうと、僕は
一歩、理想に近づいたんだ。憧れの未来に、踏み出したんだ。
 それだけで今は、満足なんだ。潮風にパサパサとなびく赤い髪。一段とキシキシと悲鳴
を上げてる・・・そんな気がした。
  1. 2006/11/16(木) 23:58:37|
  2. さよならの青空

夜ネットスペシャル

今日は、夜ネット「女子高生スペシャル」

現役女子高生4名と、不良牧師アーサー・ホーランドがゲスト。

今後、高校生をメインにした番組を立ち上げ予定。

その前哨戦&実験も兼ねたスペシャル。

うん、良い感じ。

もっと深いテーマも行けそうだ。

「いじめ」「自殺」「ニート」「教育」「靖国」「年金」「拉致」・・・

取り上げたいテーマは山程ある。

それだけ、世の中が混沌として、殺伐として、狂ってるって事。

勿論、今回のような「家族」「夢」等のテーマももっと掘り下げたい。

今回、皆、なかなか喋ってくれないんじゃないか・・・と心配してた。

いやいや、老婆心でした(笑)

しっかり、自分の意見持ってるし、物怖じせず、発言出来るんだね。

たまたま出演した子達が、そうなのか?

きっと、そうじゃないと思った。

皆、話を訊いてもらう事や、話をするチャンスがないだけなんだよね。

特に、世代の違う人達と、時間や会話を共有するチャンスが少ないんだろう。

バイト先では、大人と接するが、大真面目な意見交換はあまりないだろうしね。

核家族化、地域社会の崩壊、世代分断・・・色んな遠因があるのだろう。

今後も、世代を超えて、職業を越えて、人種を超えて・・・
異種格闘技意見交換会のような番組を創りたい(笑)

何事も、やってみる事。

次回に活かせる、沢山のアイデアが見つかった。

女子高生出演者の皆様(とも美緒めぐ喜珠)、スタッフの皆様、お疲れ様でした。

アーカイブはコチラ

皆、夢に向かって頑張れ!!
  1. 2006/11/15(水) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

さよならの青空

もう随分昔に書いた小説がある。

「さよならの青空」

今日から、推敲を始めた。

って言うか・・・データがワープロ。

そのフロッピーが行方不明(笑)

仕方ないので、ワードで打ち直す事にした。

勿論、暇を見つけてなんだけどね。

早速、ワードの原稿用紙テンプレートを初めて使ってみた。

あの升目(罫線)を見ると、自分が文豪になった気分になる(笑)

今回、思い出したように原稿を整理してる理由は・・・

先日、ある人から、小説の出版の話を持ち掛けられたから。

まぁ、飲みの席だし、話半分で聞いてたのだが・・・

今、時間を潰して書く訳にもいかないし。

で、有り物で、誤魔化せないかと(笑)

まぁ、暇を見つけて、ボチボチと打ち込むけどね。

気分転換には、丁度良いしね。

出版、云々よりも、ネットで公開するかな。

流行の携帯小説って手もあるか(笑)
  1. 2006/11/14(火) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

東京NEW Ver.

午後から打ち合わせ。

夕方、事務所へ帰還。

近所に出来た、新しい居酒屋をチェック(笑)

22時30分、熱い男、達っちゃん登場。

お互いの近況報告と、今後の打ち合わせ。

今日の目的は、楽曲の依頼。

ちょっと思うところがあって、依頼した。

そして、話の流れで・・・

達っちゃんにも「東京」をカバーしてもらう事に。

ポンちゃん、淳さんとは、また違う「東京」になるはず。

話も一段落、ふと時計を見たら・・・

たった今、終電が出たそうな(笑)

じゃあ、って事で、また、暫し盛り上る。

その後、達っちゃんを車で送った。

車中も、熱い話で盛り上る(笑)

同じ思いを持つ同志、切磋琢磨していけたらいい。

今後の展開が楽しみ!!
  1. 2006/11/13(月) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

虹を見たかい?

広島、大島での所用も終わり、いざ東京へ。

京都を過ぎた辺りで、車窓に虹が!!061112_1119~0003.jpg

良く見ると・・・解りづらいかな?
鉄塔の上に、綺麗にカーブを描いた虹が出てた。

暫し、眺めていた。

虹を見るなんて、何年振り?いや、何十年振り?
中学の時、凄く綺麗で大きな虹を見た。
そんな事を、ふと、思い出しながら眺めてた。

何か良い事が、始まる前兆だな!!
と、勝手にポジティブに考えていました(笑)

久々の故郷、バタバタと駆け足だったけど満喫できた。

昨日、懐かしい味を求めて、昔通った、お好み焼き屋を訪ねたんだが・・・
残念ながら・・・潰れてた・・・

俺が、上京した後に出来て、今の学生達の御用達の店に行ってみた。

うん、味は、昔食べてた記憶と、ほぼ同じ。
美味しゅうございました(笑)

また、帰った時には寄ります。061111_1406~0001.jpg


「次は、終点、東京~~!!」
このアナウンスが流れ、荷物を纏め、到着を待つ。

ホームに滑り込む列車。
プシュ~!!
列車のドアが開く。

東京駅に一歩降り立つと・・・
それまでのセンチな郷愁感が、一瞬で、フッと消える。

いや、心の隅に、ギュッと追いやる。

幾度となく、この心の切り替えをしてきた。

不思議なんだよね・・・
出張から、仕事の流れで帰って来る時は、この思いに駆られない。

故郷の最寄り駅から、東京を目指す時、胸が捩れ軋む。

いつからだろうか?

実家を出る時の言葉が変わったのは・・・
「じゃあ、行って来るね」
から
「じゃあ、もう帰るわ」に。

東京に行く。
から
東京に帰るに変わった。

まぁ、東京暮らしの方が、随分と長くなったから当たり前か(笑)

でも、故郷は、いつまで経っても、帰る場所。

東京は、戦う場所・・・
そんな思いを抱いてたのは、上京して20年くらいかな・・・

この大都会で、好きな事して生きてこれた事に感謝。

あと3年で、上京して30年。
それまでには、大きな虹を描きたいな。
  1. 2006/11/12(日) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

あの日の僕を探して

20061111212156
今日は、懐かしいレコードを眺めていた。
音が聴けないからね(笑)

人生を変えた一枚は?と聞かれたら・・・
ラズベリーズのアルバム。

オリジナルも全部持ってるが、このベスト盤が最強。

中一の時、ラズベリーズを初めて聴いて虜になった。
このベストは、解散後、エリック・カルメンがソロとして大成功して75年にリリースされた。
詳しい解説が書いてあって、前から気になってたプロデューサーの仕事に興味を持つきっかけになった一枚。

「ジミー・イエナー」
解説に書いてあった彼の手掛けた作品を買い漁った(笑)

それから洋盤・邦盤共にスタッフクレジットを気にしながら聴くようになった。
今のようにネットの無い時代、情報収集には苦労した(笑)
プロデューサー?エンジニア?ディレクター?アレンジャー?アートワーク?パブリッシャー?
どんな仕事なのか気になって仕方なかった(笑)

勿論、スターに憧れたけど、裏方にも興味津々な14歳だった。

あれから30年。
裏方の仕事の奥深さを楽しみながら味わってる(笑)

あの日、憧れたジミーに近づけただろうか?
  1. 2006/11/11(土) 21:21:57|
  2. BOSSの日々系

シャツイン

20061111013411
久々の実家。
レコード盤をターンテーブルに乗せてみた。

予想通り、ウンともスンとも言わない(笑)

30年も前のステレオじゃ仕方ないか。
懐かしいジャケットを撮ってみた。

神田川・いちご白書をもう一度・宿無し。
どれも思い出深い一枚。
青春の甘酸っぱい記憶が胸をくすぐる(笑)

音は聴けなかったけど、流行り歌って凄いね。
一瞬で心が時空を超える。

当時、世良さんはロック御三家と呼ばれ、アイドル並みの人気。
俺も憧れ、文化祭でコピーバンド組んで女子にアピった(笑)

10年ちょっと前、世良さんと仕事をした。

思いっきり舞い上がった記憶が蘇る(笑)

しかし・・・
良く見ると皆さんパンツにシャツイン(笑)
  1. 2006/11/11(土) 01:34:11|
  2. BOSSの日々系

大阪ファンキーダウンタウン

061110_1309~0001.jpg
昼、新大阪に到着。
ヴィレッジの施設候補の内見。
そして併設のイベントホールも見学。
400キャパの新しいホール。
来春、早速、イベントを開催予定。
仮押さえしてきた(笑)

その後、天王寺で打ち合わせがてら遅い昼食。
そのまま、超庶民的一杯飲み屋で乾杯(笑)

まだ夜のとばりが降りるには、まだ早いが???
皆さん、もう良い調子で出来上がってる。
まだ昼なんですけど(笑)
061110_1657~0001.jpg

せっかくだからと、リアルダウンタウン西成を散策。
知る人ぞ知る飛田新地、簡易宿泊街、職安前、アーケード街・・・
そして、路地裏。

アーサー牧師の生誕の地。
アーサー曰く『日本のブルックリン』
ポンちゃん曰く『ブロッコリー?』

まじで、アナーキーandファンキー。
大袈裟だが、生きるとは?人生とは?価値観とは?
を、街全体が問いかけてくる。

綺麗に整備され上辺だけの街より、
生々しく、人間臭い街の方が良いね。

残すべき街にも、再開発の波は押し寄せてる。
何か・・・悲しいね。

しかし、
値下げしました『堂々の800円!』
が、簡易ホテルの一泊料金(笑)

河村と別れ、一人、西に向かってる。

今夜は、夜の海でも眺めるかな。
  1. 2006/11/10(金) 18:57:56|
  2. BOSSの日々系

懐かしいね

今日は、午後から名古屋で打ち合わせ。

よっしゃ~!!

良い感じ!!

ついに、最後のピースが埋まった。

今夜は、錦で、盛り上がった。

皆さんと別れた後、一人ぶらぶら散歩した。

昔は、よく来てた・・・

セントラルパークを歩いてみた。

約十年前の思い出が、いっぱい胸を過ぎった。

まぁ、感傷に浸ってても前には進めないし、ろくな事はない。

あの頃よりも、確実に大きなうねりの中にいる。

あの頃、やろうとしてた事の何十倍・何百倍も凄い事になりそう。

いや、そうするために頑張ってたんだから、絶対、そうなるさ。

伊達に時間を積み重ねて来てはいないからね。

過去と同じレベルじゃ、生きた意味がない。

人生、グルグルとループするのは嫌だからね(笑)

同じ場所に立っても、昔とは違うな・・・

ふと、そう思った・・・

夜空に浮かぶテレビ塔・・・
20061109234600
  1. 2006/11/09(木) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

奥義

今日は、事務所で淳さんのWAS特別セミナーの初日。

WAS4名、真剣な顔で講義を訊き、レッスン。

歌い続ける人の歌の奥義。

間違いなく、変化が現れるはず。

レッスン終了後、皆で食事へ。

その席でも、歌に限らず、礼儀から物の考え方まで・・・

要するに、生き方、生きてきた哲学の伝授。

音楽に限らず、理論・理屈の類の知識なんて、本を買えば書いてある。

自分で、その気になれば、すぐに学習し手に入る。

が、その知識をドライブさせるには、知識では計れない奥義を知る事が必要。

奥義とは、経験者の言葉から、察する未知の辿り着くであろうイメージ。

いつか解るであろう、答の片鱗・輪郭を探し続ける事。

今は、解らなくてもいい。

解けない宿題でいい。

参考書には、答しか載ってない。

答を先に知ったら、辿り着くプロセスを失う。

辿り着くプロセスこそ、後に奥義になる気がする。

そして、永遠に終着点はない。

WASは、そんな歌の概念の入り口を垣間見たかな?
  1. 2006/11/08(水) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

出所祝い!!

今日は、事務所の近所の鮨屋で、NOBの出所祝い(笑)

本当は、打ち合わせで事務所に来たのだが。

明日は、NOBの22歳の誕生日。
こっそり、ケーキも用意しておいた。
あと、名古屋で勢いで買った白いラバーソール。
俺には、ちとサイズが合わなかった。
NOBにはピッタシかな?と。
真っ白な靴で、自由な生き方、良いじゃない!!ってね(笑)

鮨屋では、今後の事について熱く語り合った。

出来る事、やれる事は、何でもやろうと。

奴は、やりたくても出来ない時間を沢山過ごしたからね(笑)
年内にも早速、幾つかの新たなトライアルをやっちゃおうぜと。

明確な目的意識さえあれば、無駄な事なんて何ひとつ無い。
目的の無い奴にとっては、何をやっても、総ては無駄。

ロックスター?
誰よりも地道な事をやってるはず。
総ての経験が、血や肉になって、オンリーワンの魅力・存在に昇華する。
究極は、時代を超えるポップモンスターだ。

NOBは、歳の割りに、沢山の経験をした。
良い経験もだが、業界の汚さや理不尽さも、味わってきた。
正直、話をしていて、年齢を感じないときがある。
何十年も経験をして、俯瞰で、業界やマーケットや世の中が見えてる・・・そんな感じ。
老け込んでるってのとは違う(笑)

要は、話・理解が早いって事。

実は、これって、職種・業界関係無しに、成功者の重要な要素だったりする。

直感の鋭さに見え隠れする裏付けの深さ・経験ってやつ。

簡単なようで難しい質問・・・
「今のメジャーレコード会社って何?」
すらすらと答えられるかだ。

理論整然と、今のシステムの功罪等を語れる。

これ大事よ。
戦い方が、見えてくるからね。

曲創りも、ファッションも、イメージも、戦略も・・・
日々、どれだけ真剣に考えてるか?が、大事。
日々、どれだけ、漠然とした妄想的な夢を見てるか?じゃなくてね。

スト、ラジオ、キャンペーン、視聴、バンド、ギター一本・・・
昨日の日記にも書いたが、知ってもらう為には、一秒だって惜しまない。
そして、シンパは一人でも多い方が良い。
出来る事、思いつく事、総てやってみる。
勿論、その総てが、繋がってゆくプランニングも大事。

さぁ、始めるかな。
地道な努力・活動をなくして、スターに駆け上った奴はいない。
正確には、スターで居続けた奴はいない。

目指すは、そこ。
明確だ。

自由こそ、一番、難しい。
言い訳、逃げ道、ないからね。
自由こそ、一番、戦える。
何やっても良いんだから。
  1. 2006/11/07(火) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

伝えたい・・・

午後、名古屋から無事帰還。
事務所にて、メールチェック・電話連絡等々。

夕方、早めに撤収。

これから、イベント・キャンペーン等、増えるだろう・・・
そうなると必然的に、週末が潰れる(笑)

ここ十年、土日に、のんびりした記憶がない。

ぶっちゃけ、創る作業は、2割。
売る作業が、8割。
プロモーションの方が、時間が掛かるし大変。

クリエイティブ側の人間は、創れば終わり。
が、売る側の方が、実は、何倍も大変なんだな。

俺も、作家時代は・・・
「良い物、創ってんのに、何で売れないの?」
「宣伝・販促、どうなってんの?」
と、思ってた。

実際、売る事の作業をやってみて、解った・・・
創る事の何倍も労力や時間が必要だって事にね。

どっちが偉いとか、どっちが主導権とかじゃなく・・・
どっちも大事って事がね。
本音を言えば、売る事の方が大事だろうね。

売るって言うと、何か、嫌らしいから、
正しくは、「伝える」作業って事だね。

幾ら良い作品、良いライヴをしても、
知らしめる作業がなされなければ・・・
誰にも、その良さは伝わらない。

当たり前の事だけど、
意外と、業界の人達は、気付いてない(笑)

良い物創れば、売れると思い込んでる。
過去・・・俺も、その一人だった。
妄信だね!!って、今は言える。

まして、音楽を知る、聴く、買う、環境が日進月歩で変化する時代。
売ること=知らしめる事の重要性は、もっと比重が大きくなってると思う。
多チャンネル、情報ソースの多様化・・・
見極めと、チョイスが難しい時代。

今日は、数人の関係者と電話で話をしたが、
結論は・・・
皆、同じだった(笑)

そう、知ってもらうチャンネルをどれだけ持てるか?

悲しいかな・・・
音楽屋だけでは、ダメな時代って事に落ち着きました(笑)
  1. 2006/11/06(月) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

海の見える丘

昼からの「かみくぼ家」でのライヴも盛大に無事終了。
こちらも、回を重ねる毎に、人の輪が拡がってゆく。

太田っちは、こちらも初登場。
淳さん共に、一曲ずつ披露。
が、ここがプロ。
客層、雰囲気を見て、選曲、使用楽器を決めてた。
淳さんも「メモリーグラス」を歌ったが、ギターアレンジをTPOで変える。

そして、MCが、確実に、初めての人達を掴む。
たった一曲で心を鷲掴みにする。
その集中力は、キャリアならでは。
自分の出番直前まで、リラックス。
出番になると豹変する(笑)

出番前、ニコニコと馬鹿っ話しながらも・・・
実は、何喋るか?等、確実に頭の片隅でグルグル考えてる。

本番前、リハ&食事を終えて・・・
ポンちゃん「太田さんの紹介、どうしましょうか?」
太田っち「大丈夫、自分で自己紹介するから」

へ~太田っちも変わった・・・と思った。
実は、彼は、デビュー時からミュージシャン&アーチスト気質のタイプ。
普段は、よく喋るし面白い奴なんだけど、MCとかは苦手だった(笑)
実は、昨日も、淳さんのステージの時も・・・
「淳さん相変わらず喋り上手いな~」と聞き耳を立てていた。

彼らは、喋りが仕事でもないし、噺家でもない(笑)
本当は、最高の歌と演奏さえすれば、良い。
呑みながら訊くと、若い頃の思考はそうだったようだ。

プロとして、良い歌、良い演奏は当たり前。
その上で、どれだけオーディエンスを掴み、歌に引き込むか?
そう考え始めたら、MCの大切さや重要性に気付いたと。
今も、リハ前、本番前の、声や楽器へのチェックの執着は凄まじい。
そして、MCに関しての執着も凄まじい。

1曲でも、20曲でも、同じ満足の為にステージに立つ。
知らない人達に対しては、なお、意識を高めて臨むってわけだ。

終演後、ポンちゃんは、淳さんにMC時の細かいシビアなチェックをされてた。
こうやって、キャリアで積み上げたノウハウが伝授されていく。

ライヴ後、太田っちは、作曲仕事の締め切りの為、一人新幹線で東京へ。

ポンちゃん妹(茜)と母も誘って、
心の洗濯と、今後のミーティングと曲創りの詰めを兼ねて海を見に。
そして、ゆっくりと温泉に浸かりました(笑)

海は良いね。
ふるさとの匂いがした。
来週は、名古屋~大阪の予定。
足を伸ばせたら・・・
瀬戸内海の潮の匂いでも嗅いでくるかな。
061105_1622~0002.jpg

名古屋で出会った皆様、有難うございました。
これからも宜しくお願いします。
そして、出演者&スタッフの皆様、お疲れ様でした!!
  1. 2006/11/05(日) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

vol.2

名古屋「Cheek ON Line Special Live vol.2」
今回は、彼方がスケジュールが立て込み、タイトになったため
3アーチストでのイベントとなった。
予約・当選者等には事前にお知らせしたので、混乱もなく無事終了。

今回、初出演の太田美知彦氏は、非常に名古屋に所縁がある。
まず、ドラキチ(中日ドラゴンズファン)である。
そして、ドラゴンズオフィシャル応援歌「吠えろドラゴンズ」を歌ってる。
そして、そして、彼の作品で本田美奈子さんが歌った「つばさ」を
歌い継ぐ「《愛・地球博》記念市民合唱団との交流。

《愛・地球博》記念市民合唱団は2002年に結成、
中部3県を中心に老若男女500名からなる市民参加文化活動を行う素晴らしい合唱団。

昨年の、愛・地球博でも太田っち指揮で「つばさ」を合唱した。
そんな縁もあり、太田っちからも、名古屋ライヴへの参戦を打診されてた。
今回、実現したってわけ。
今後も、定期的に名古屋では、ライヴを行うつもり。
近い将来、《愛・地球博》記念市民合唱団とのコラボ企画も行えたらいいね。
合唱団の皆様、津川事務局長、色々と有難うございました。

そうそう、開演前に、重要なプレゼンも見事クリアー(笑)
また、今週末には、早速、打ち合わせで名古屋です。

イベント内容は・・・今回も秘密(笑)
現地スタッフともかなり打ち解けて、現場は良い感じ。
前回の反省点もクリアーし、機材・照明等も充実。
ステージの位置も変更、休憩タイム&お土産タイム等、
どこにもない、怪しげな雰囲気のイベントになりつつある(笑)

代理店・企業・雑誌・メディア媒体の方々にも大満足して頂けた様子。

終演後、タクシー飛ばして、俺、淳さん、太田っち、スグルちゃんで
旧知のプロダクション社長が用意してくれた打ち上げ会場へ。
社長ファミリー他20名で、お店を貸し切って・・・すでに出来上がってた(笑)
いきなりクラッカーの嵐・・・
マイク渡されて挨拶・・・
盛大に乾杯・・・(笑)

色々な関係者や、社長さんなどと、短い時間だったが、交流。
今後の、名古屋での我々の活動のバックアップと応援を約束して貰った。
O社長は、名古屋では有名な元タレントさん。
その人脈は、恐ろしく広い。
来年には、大きな会場でのイベントを一緒にやりましょう!!と約束。
盛大かつ愛情たっぷりの宴のお礼に、
淳さん&太田っちのデュエットで、我々は会場を後にした。

また、タクシーに飛び乗り、ポンちゃんチームに任せておいた打ち上げ会場へ・・・

人と人の繋がりの縁・不思議を改めて感じた一日。

淳さん、太田っちの過去に係った人達が・・・
今回の新しい出会いと、実は、クロスロードしてたり・・・

まぁ、業界は狭いもんね(笑)

コツコツと続けてれば・・・必ずまた出会える。

確実に、我々がやろうとしてる事の認知と理解と輪が広がってる実感。
二週間前から、少しどころか、大きく前進したと確信出来た。

そう、何事もやってみるのが一番。
実態を見せるのが良い。
机上の空論では、人は動いてくれないからね。
やっぱ、リアルを超える、思い・心の伝達手段は無いね。
次回のイベントから中継も出せそうです。
準備には、理解と労力がいるもんね。

シンパを作らなきゃ、一人の力じゃ何も出来ない。
今回は、実りある名古屋バタバタナイトでした(笑)
061104_2113~0001.jpg
  1. 2006/11/04(土) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

事務作業

今日は午後から、さあチャンと事務作業。

明日の名古屋での資料作り。

大量に出来たわい!!

明日は、関係者とも沢山会う。
足りなくなったら、ホットな話が萎む(笑)

また、重要なプレゼンもあるしね。

やっと、終了・・・

イベントも集客も良い感じ。
来月は、2DAYSやります。

年明けには、結構、大きな箱が必要な予感。

皆さんが、動き始めると、グングンっと結果に跳ね返る。

まだ、種蒔きし始めたところ。
名古屋、これからが、楽しみだね。061103_2308~0001.jpg

  1. 2006/11/03(金) 23:17:29|
  2. BOSSの日々系
次のページ

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。