BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週は、色々な事がありすぎた(笑)

クソ忙しくて・・・

必殺の歌詞攻撃になった(笑)

来週から真面目に書きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

記する。
帰する。
期する。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/22(土) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

戻れない夜

振り向かないで 早く消えてくれよ
選んだ“サヨナラ”を 揺らさないでくれ

細い背中が 雨に打たれてゆく
重ねた想い出が 棘に変わるけど

抱きしめ合っても あの日のように
同じ夢・・・見れないから
甘くせつない 嘘で心を
縛り合う夜に二人・・・Long Good-bye


別れの理由を すぐに捜せるほど
半端な優しさで 愛したんじゃない

お前の幸せ 祈りを込めて
今はただ・・・願うだけさ
この“サヨナラ”を 微笑み合える
その時がいつかきっと・・・くるから


忘れるしかない お前の名前
まだ胸が・・・叫ぶけれど
出逢えた事も 別れた事も
後悔にしたくない・・・

抱きしめ合っても あの日のように
同じ夢・・・見れないから
甘くせつない 嘘で心を
縛り合う夜に二人・・・Long Good-bye

Song by 河内淳一
  1. 2009/08/21(金) 23:59:59|
  2. BOSSの歌詞系

太陽の中の恋

どれくらい泣けば 忘れられるのだろう?
ひとりぼっち 恋に揺れて 傷ついた夏

あなたの心に 住む人がいる事を
そう誰より 知ってたのに 夢見た夏

いちばん近い 他人のままで
微笑んでたら 側にいられたのに・・・

好きよ 好きよ 好きよ 好きよ 何度も言った
あなただけを あなただけを じっと見つめて
好きよ 好きよ 好きよ 好きよ 何度も言った
太・陽・の・中・の・恋


愛したぶんだけ 愛されなくてもいい
そんな気持ち 胸の奥を 駆け抜けた夏

電話のベルに ときめく事もないね
ダイヤルする 口実さえ 失くした夏

今も 今も 今も 今も 壊れたままの
胸が叫ぶ 胸が叫ぶ あなたの名前
今も 今も 今も 今も 壊れたままの
太・陽・の・中・の・恋


好きよ 好きよ 好きよ 好きよ 何度も言った
あなただけを あなただけを じっと見つめて
好きよ 好きよ 好きよ 好きよ 何度も言った
太・陽・の・中・の・恋

Song by 五味美保
  1. 2009/08/20(木) 23:59:59|
  2. BOSSの歌詞系

REMEMBER

君と別れた季節が風に乗って
あの日の想いを連れて来る
新しい恋に揺れてるのに
Remember YOU・・記憶を辿ってる

初めて重ねたキスの傷み
微かにクチビル駆け抜ける
好きだったメロディーくちずさめば
Remember YOU・・心に降り積もる

どんなに熱い恋をしても
どんなに遠く離れても忘れられない

HA・RU・KA・・想い出がこの胸で泣くたびに
HA・RU・KA・・君の名を呼んでいる・・逢えないのに


きっと本当の気持ちは違っていた
“サヨナラ”二人で決めた夜
悲しみは甘い潮の香り
Remember YOU・・涙で微笑ってた

今なら二人解り合える
今なら二人永遠の約束さえも

HA・RU・KA・・ため息の季節へと向かうたび
HA・RU・KA・・暮れかかる君の空・・見上げるだけ


波が何もかも・・・
連れ去ればいいのに・・・

HA・RU・KA・・ため息の季節へと向かうたび
HA・RU・KA・・暮れかかる君の空・・見上げるだけ

Song by 五味美保
  1. 2009/08/19(水) 23:59:59|
  2. BOSSの歌詞系

JOURNEY

見上げた空は薄紫
街が動き出すその前に
出て行こうと決めただけ
理由など何もないさ

ここの暮らしも悪くはない
だけど胸を焦がす想いが
今のままじゃ錆びてしまう
そんな気がして・・・

いつだって一つの夢を 抱き合い分かち合った
そう君はきっとまだ 眠りの中だろう
せつなさと熱い想いに 震えが止まらない My Heart
夜明け間近の・・・ステーション


朝までお道化た笑い声
君と感じた風の匂い
忘れないさいつまでも
眩しく過ぎた季節

列車がそっと滑り出して
この街が見えなくなるまで
振り向かずに消えてゆくさ
口笛吹いて・・・・

いつの日かまた新しい 夢に辿り着いたら
この街にただ一人 帰ってくるだろう
鳴り出した発車のベルに すべてかき消されて Lonely
夜明け間近の・・・ステーション

いつだって一つの夢を 抱き合い分かち合った
そう君はきっとまだ 眠りの中だろう
せつなさと熱い想いに 震えが止まらない My Heart
夜明け間近の・・・ステーション

Song by 長与千種

クラッシュ解散の時、彼女の気持ちを歌にした
  1. 2009/08/18(火) 23:59:59|
  2. BOSSの歌詞系

愛が熱い夜

ジリジリと灼けつくMid Night
薔薇とワインに接吻
狂おしい夜に鍵を掛けたらBurnin' Love

逢いたくて焦れてたMy Heart
言葉よりも抱いてくれ
お前に溺れて眠りつきたい

振り向かずに夢を追いかけられるのも
きっとお前がいるからさ

もっともっと・・・もっと燃えろ
100℃のKissをくれよ
もっともっと・・・吠えてみろよ
愛が・・・愛が・・・愛が熱い夜


止めどない想いはTrue Love
ノイズ交じりのRadioが
激しく波打つBeatを刻むMakin'Love

煌めくこの都会はDanger
綺麗な嘘は脱ぎ棄て
この温もりだけ信じていたい

世界中が闇に消えてもお前だけ
この手で守ってみせるさ

もっともっと・・・熱く熱く
もっともっと感じてくれよ
もっともっと・・・熱く熱く
もっと・・・もっと・・・お前を知りたい


傷つけて 傷ついて 辿り着いた
お前を離しはしない・・・Oh My Love

もっともっと・・・もっと燃えろ
100℃のKissをくれよ
もっともっと・・・吠えてみろよ
愛が・・・愛が・・・愛が熱い夜

Song by WOLF
  1. 2009/08/17(月) 23:59:59|
  2. BOSSの歌詞系

維新

お盆休みも今日まで。
ここ一週間は、バタバタ・・・
体調も優れず・・・
人生で、最高の最悪だった(笑)

まぁ、こんな時期の想い出も・・・
いつか・・・笑えるのかな?(笑)

今日もバタバタの中・・・
無理矢理、時間を作ってAXへ行ってきた。
小一時間しか観れなかったが・・・
キラキラと光りを放つヨシケンを堪能した。

懐かしい顔達がステージにあった。
HANAWAやJIMBO。
皆、頑張ってるなぁ・・・と。

一握りの勇気を貰ってAXを後にした。

今、来春に向けて・・・
一世一代の事を企ててる(笑)
数名で持ち寄った人脈フル動員で。
それも、人生の大先輩方の黄金の人脈。

気分は、維新(笑)

そりゃ~大きな傷も伴う。

この人と進みなさい。
この人と別れなさい。

袂を別つ人。
救世主となる人。

神様に導かれてる気がしてならない。
この一週間で、色々な事を考えさせられた。

志の違うシガラミは、お互いの為にならない。

シンプル・イズ・ベスト!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

志を持って、切り拓く。
  1. 2009/08/16(日) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

真実の歌

ヨシケンについて書こう。
今日、彼は、AXワンマン。
相変わらずのストリート手売りワンマン。

彼は、レーベルを経営する代表者であり、
後進アーティストの育成にも奔走する社長。

が、自ら・・・ギター片手に路上からAXへ。
そう・・・戦う姿を背中で見せるタイプ。

97、8年頃だったと思う。
もう、10年以上も経つのか・・・

Love Comedyと言う2人組を預けた事務所にヨシケンはいた。
当時は・・・本名の・・・吉井賢太郎。

事務所の社長に相談された。

一度、メジャーデビューしたのだが、鳴かず飛ばず。
才能を信じてるのだが、スタッフも付けられず、活動休止状態。
彼の良さを引き出して貰えませんか?と。

当時、俺は、Love Comedyのメジャーデビューと、
日浦さんのソロシングルの準備に奔走してた。

正直、これ以上、責任を背負うのはどうかな?が、本音だった。
アーティストと係わるって事は、人生に係わるって事。
中途半端な係わりや、手助けは、大きなお世話になりかねない。

特に、俺達はサラリーマンじゃない。
与えられた仕事を一生懸命にこなす概念を持っていない。
そう・・・自分がやりたいと思った事しか、やらない主義。

幾らお世話になってる社長の頼みでも、そこが生命線。

とは言え、会ってみないと何とも判断出来ない。
で、一度、本人と、会ってみる事にした。
勿論、丁重に断る事も出来たのだが・・・
ロックシンガーソングライターだとの言葉に興味が湧いた。

会ってみた。
予想通り・・・
見事な突っ張りタイプ(笑)

自信に満ち溢れつつも、道に迷った目をしてた。
そして、ぶつけようのない怒りや思いを押し殺してた。

当時のメジャーデビューは・・・
今の時代と違って、選りすぐられた才能に与えられる勲章。
運良く・・・売れる・・・か、運悪く・・・売れないか・・・
ある意味・・・時の運や、タイミングにもよる。

彼も、売れてても可笑しくない才能の塊である事だけは、事実。
たまたま・・・売れなかっただけの事・・・とも言える。

話を訊けば、デビューまで、随分とチヤホヤもされたようだ。
当然、才能があるアーティストには、色んな人達が群がる。
そして、良い結果が出なかった途端・・・潮が引くように居なくなる(笑)

彼の心の中の一番の葛藤は・・・
「まだ、戦いきってない」だった。

戦う場所を捜して、迷ってたんだと思った。
業界の酸いも甘いも苦いも経験した彼に・・・
今更・・・夢のような話をしても仕方がない。

メジャーが・・・事務所が・・・そんなの関係無い。
自分で・・・歌う場所、戦う場所を創るべきだと。

時代は、まさに、メジャーもインディーズも関係無い時代に向かってた。
Love Comedyもストリートから発信しようと、日々、戦ってた。

過去のしがらみや歴史や栄光もクソも無い新天地。

どうせ、誰も吉井賢太郎を知らないんだから・・・
プライドも脱ぎ捨てて、ゼロから始めればいいと。

今まで、自分が無意識に、気にしてたのは・・・
ひょっとしたら、業界の人達の反応かもしれないと。
歌を求めるのは、業界の人達じゃない。
通りすがりの・・・普通の人達。

業界人に「君、良いね」と言われるより・・・
見ず知らずの人に「感動しました」と言われる事が、真実。

その真実を知るには・・・
メジャーも大きなスタジオも沢山のスタッフいらない。
自分の体と声だけあれば、真実に辿りつける。

その真実の検証こそが、自分の信じた自分自身の才能の検証でもあるはずだから。

当時、俺は、微妙な距離を置き、彼には、手取り足取り教えなかった。
業界の仕組みも熟知してるし、セルフプロデュース能力を伸ばしたいと思ったから。

そこからの彼の悪戦苦闘と我武者羅な戦いは、痛快だった。

そして、ある日、ヨシケンを名乗って、路上で歌い始めた。
インディーズで4枚のマキシ、渋谷公会堂ワンマンまで、見届けた。

当時を振り返れば、書ききれないほどのエピソードがある。

大切な事は、今も歌い続けてる事、戦い続けてる事。

今日のAXワンマン。
興行的にとか、商業的にとか、関係無い。

真実の歌が、そこには、ある。
それだけで、価値があり、大成功。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

歌う事を天命と思えるか?だ。
  1. 2009/08/16(日) 23:59:58|
  2. BOSSの日々系

鼓動

渇き切った街 擦り切れた想い
作り笑いだけが 上手くなってゆく
遠いあの夏に 眩しく見上げた
遥かな太陽が せつなく泣いてる

Wow・・・All right 波打つ鼓動に
置き忘れた夢 心 疼くから

I gotta go my way 時代を越えて
今何かを 伝えるために
I gotta go my way 動き出そう
誰よりも 激しく熱く


打ちのめされたら 朝を待てばいい
やるせなく漂い 眠りつけばいい
百の言葉より ひとつの真実
悔み続けながら 生きたくないだろう?

Wow・・・All right 魂のすべて
燃やし尽くしても 今を 変えてゆけ

You gotta go your way 夢を抱いて
自分だけの 信じた道を
You gotta go your way 歩き出せよ
振り向かず 焦がれるままに

I gotta go my way 時代を越えて
今何かを 伝えるために
I gotta go my way 動き出そう
誰よりも 激しく熱く
  1. 2009/08/15(土) 23:59:59|
  2. BOSSの歌詞系

風の中で

変わらない君を見かけた
黄昏のブールバード揺れる人波の中

立ち止まり振り向いたまま
気づかない君を見つめてた

傷つけ合った胸の傷みが
懐かしい風によみがえる

あの日と同じ夢の続きを この街で一人捜しているよ
あの頃よりも少しだけ強い 優しさを抱きしめて


あの角のドーナツショップ
夜明けを待ち侘びた二人コーヒーだけで

意味も無くお道化て見せた
苛立ちと不安・・隠して

夢みる事も愛する事も
二人して急ぎすぎただけ

騒めく街で夢見ているよ 君との想い出胸に刻んで
あの頃よりも少しだけ強い 優しさを抱きしめて


温もりへと急ぐ人波に紛れ 君の影が見えなくなった
甘く切ない溜息をひとつ 風に飛ばし歩き出す
騒めく街で夢見ているよ 君との想い出胸に刻んで
騒めく街を確かなステップで 振り向かず歩いてゆく
  1. 2009/08/14(金) 23:59:59|
  2. BOSSの歌詞系

向日葵

街のショーウィンドーに ふと見つけた向日葵の花
瞳を静かに閉じると 今も君の声がする・・・


海の見える喫茶店 バイトで知り合った
君も意識してるのが すぐ解った

深呼吸して勇気を出して 見え見えのぎこちなさで
僕の方から 声を掛けたね

君の言葉の総てに トキメキとジェラシー覚えた
せつないため息に埋もれ 眠れない夜数えた・・・


まるで向日葵のような 笑顔が好きだった
街を見下ろす丘まで よく行ったね

君の家まで人目を避けて 自転車の二人乗り
Tシャツ越しに 君を感じた

明日引っ越しすると 涙声君が呟いた
最初で最後の口づけ 庭の向日葵が見てた・・・


揺れる人波の中 僕は僕らしく生きてるよ
元気で愛されてるかい? あの日の笑顔のままで・・・


この秋結婚するんだ・・・
向日葵のような人と・・・
  1. 2009/08/13(木) 23:59:59|
  2. BOSSの歌詞系

夏の贈り物

高校一年の夏休み、海の家でバイトした。

今も・・鮮明に想い出す・・夏の場面は、あの夏の一頁。

自宅からチャリンコで海岸沿いを30分。

毎朝、早起きをして通った。

学校だと、起きれないのに、バイトなら起きれる(笑)

何よりも、憧れの人がいたから。

二歳上の先輩。

彼女がバイトする情報を得て、バイトを始めた。

人間、目的や目標があると、頑張れるし、生き生きとする(笑)

疲れ切った体を横たえて、目を閉じると・・・
夢に滑り落ちる瞬間に、鮮やかにフラッシュバックする・・・
一枚の絵ハガキのような、海の映り込んだ構図・・・

いつも・・・彼女が・・・振り向く瞬間で・・・フッと消える。

笑顔の輪郭が・・・描けないまま・・・深い眠りの海に漂う。

もしも、時間が巻き戻せたら・・・
なんて・・・いつも・・・思ったりする。

きっと、あの時、あの瞬間・・・
一言・・・違ってたら・・・
その後の人生も違ってたのかな?と。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

夏は、また、来る。
  1. 2009/08/12(水) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

憧れの人

バタバタの中、今日は、心ワクワクさせて渋谷へ。
前々から、アポを取っていいたので、これだけはキープ。

俺が、作詞家を始めた頃、一度、紹介されて訪ねた方。
作詞家からプロデューサーに転身した頃、
勉強する中で、一番、意識して目標とした方。

そして、10年近く前、偶然に、飲み屋で再会した。
その時は、近況を報告した程度だった。

ある人の紹介で・・・
また、縁があって・・・
今回・・・会う事になった次第。

数々のヒット曲、アーティスト、バンドを世に送り出した・・・
業界では、知らない人がいないプロデューサー。

短い時間だったけど、刺激的で官能的な時間だった(笑)

T社長のプロデュース手腕が、俺の理想であり憧れ。
ヒットメーカーと言われるプロデューサーの中でも・・・
ライヴ感を持ったアーティストを多数ヒットさせた方。

楽曲だけのヒットじゃなく、ライヴも凄い。
そんな、アーティストを辿ると必ず、T社長が影にいた(笑)
そして、時代毎に、扱うジャンルが万華鏡のように変化する。

時代のニーズを逸早く捉える手腕も凄い。

T社長が見据えてる次の時代。
少なからず、俺の見据えてる時代と似てた。

だから、会いましょう・・・となった訳だから。

25年振り・・・やっと、一緒に何か出来るのかな?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

目標とした人。
  1. 2009/08/11(火) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

嗚呼、人生

昨夜、トラブル発生の連絡。

朝から走り回る。
仕事ではなく友人関係。

暫く、仕事どころじゃなさそう。
丁度、世間は、お盆休み。
隙間を縫って、暗躍するかな(笑)

予期せぬ出来事が降って来る。
これが、人生の面白い所。

信じてた奴が、信じられない奴だったり。
信じられない奴が、信じられる奴だったり。

これも、人生。

さぁ、暗いトンネルを突っ走るか。
今週中には、トンネルを抜けたい(笑)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

日々、試練。
  1. 2009/08/10(月) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

ファイト一発!!

午後から品川へ。
さあチャン、昆布、ポンちゃん、宮ちゃんと観劇。

ISOPP、EGU、KAZUMIが出演してる舞台。
吉本Presents「未来サイボーグVS七匹の妖怪」

芝居とダンスの融合。
それぞれの本来のキャラを活かした脚本。
流石、吉本と中京テレビの制作、中身のクオリティーは抜群だった。

冷静に考えると・・・
ダンサーは、元来、身体を使った表現者。
表情や身体の動き、指先までコントロール出来る。
台詞に関しては、素人なんだろうが・・・
芝居を習った人達より、演技が上手い事に驚いた(笑)

ミュージシャンが役者をやるより・・・
遥かに・・・資質のポテンシャルがあるって事。

チャンプルの人気ダンサー=トップクラスのダンサーに、
芝居をさせる・・・流石・・・吉本・・・恐るべし(笑)

ミュージカルとも違う、新しい芝居のスタイル。
これ・・・必ず・・・新ジャンルになると思う。

終演後、楽屋でダベッて、
その後、夕食を食べて解散。

短期間で、あのクオリティーには恐れ入った。

本当に感動した。
何かを極めた人達の凄さ。
探究心、追求心が、生半可じゃない。

頑張れば、必ず光は、見える。
自分の道は、自分で、照らすしかない。
照らし続けるには、常に努力と勇気が必要。

ここにも一人、新しい道を照らそうとする人がいる。

暁月めぐみ頑張れ!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

頑張る人になりたい。
頑張る人といたい。
頑張る人を応援したい。
  1. 2009/08/09(日) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

8.8.ロックの日

私用を片付けて、夕方、事務所へ。
事務所は、とびたまの準備で賑やか。

カッシ~と近所のドトールで密談(笑)

秋以降の大きな方針と小さな仕掛けを説明。
たまにしか真面目な話をしないのだが・・・
そこは・・・阿吽の呼吸・・・即、相互理解(笑)

長年の付き合いで、お互いの思考回路は読める。
何考えてる、何目論んでる、が、バチッと嵌る。

多分・・・付き合いの浅い人に、同じ話しても・・・
???????この人・・・何言ってんの?になる(笑)

8割方・・・エンタメじゃない話。
でも・・・それが・・・エンタメに繋がる。
その・・・繋がる意味や、方法が、ややこしい(笑)

ビルメンテナンス・・・ファシリティー・・・
除菌剤サプライヤー・・・オイルサプライヤー・・・
何が何だか・・・何がエンタメ?って話。

残り2割は、音楽談義(笑)

その後、とびたま。

今日のゲストは、中島満雄(MITSUO)とショウエイ(サンヨン)。
共に、俺が切っ掛けで、音楽業界に引きずり込まれた(笑)
片や沖縄・・・片や・・・北海道。

共に、人伝にビデオを観た。

瞬間・・・「これ良い!!、即、やりたい!!」

MITSUOの場合・・・
92年頃かな?
当時、彼は、沖縄で歌ってた。
一本のビデオを観て、即、上京して貰った。

アサヒスーパードライのCMでデビューさせる新人を捜してた。
上京に合わせて、楽曲を用意した。
上京した日に・・・数曲のデモレコーディング。
その後も何度か、上京レコーディングを繰り返した。

そして・・・新レーベルも立ち上げ、満を持して94年デビュー。

サンヨンの場合。
2002年頃かな?
彼等は、室蘭の高校生パンクバンドだった。
一本のビデオを観た。

脳天に衝撃が走った。
インディーズレーベルを立ち上げたばかりだった。
夏休み、即、上京して貰った。
上京した日に、イーストでライヴ。

その後、夏休み、冬休みにレコーディング&ツアー。
当時の俺のレーベルで数枚出した後、エイベックスへ。

詳しくは、オンデマンドで!!

番組終了後、皆で食事。
今後、色々な事を一緒にやっていけそう。

初志貫徹。

良いと思ったモノは、今も信じてる。
途中・・・それぞれの人生を歩んだが・・・
また・・・クロス出来るなら・・・

あの頃とは、一味違う魅力を放って欲しい。

そうそう、MITSUOデビュー15周年。
何か・・・やりたいと思った。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

真っ直ぐな心は、
どんなに時が経っても
真っ直ぐなまま。
曲りくねった道を
歩いてきたら、尚更。
  1. 2009/08/08(土) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

企画会議

今日は、夕方から事務所で、6名でミーティング。

準備中の案件の説明と、ある企画のブレスト。

意見を出し合いつつ、企画を膨らませたり絞ったり。

素晴らしい企画になりそうな予感。

早速、来週から、実現に向けて動く。

来春には、形にしたい。

日々、色々な企画を考えつつ、生きてる。

10個思いついて、1個実現されれば良し。

今回の企画は、自信あり(笑)

徐々に、煮詰めつつ、情報公開していきます。

キーワードは「ふるさと」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

企画の基本は、遊び心。
  1. 2009/08/07(金) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

Birth

この路の上で
僕は迷ってた
生まれた意味を知りたくて
ただ我武者羅に叫んでた

幾つもの出会い
幾つもの別れ重ねて
僕らはお互いに失くせない
存在になった

僕ならここにいるよ
もう逃げたりしない
もうどこにも行かない
僕ならここにいるよ 
どんな偏見も差別も
笑い飛ばしてやるさ
君のために

人間なんてさ
ちっぽけなんだよ
一人じゃ何も出来なくて
でも強がっちゃう生き物さ

百の言葉より
君の微笑みが真実
弱さも醜さも隠さない
君と僕がいる

いつかは消えてしまう
この命だから
輝かせていよう
生まれ変われないから
自分を変えてゆくんだ
歌い続けてやるさ
君のために


僕ならここにいるよ
もう逃げたりしない
もうどこにも行かない
いつかは消えてしまう
この命だから
輝かせていよう
生まれ変われないから
自分を変えてゆくんだ
歌い続けてやるさ
君のために 僕のために
君のために 君と僕のために
  1. 2009/08/06(木) 23:59:59|
  2. BOSSの歌詞系

最高の日

打ち合わせを片付け、赤坂へ。

ディレクターのKちゃんと打ち合わせ。
Kちゃんは、BayFMで音楽番組を数本担当してる。
センスとアイデアが抜群。
今後、番組作りに協力して貰う予定。

その後、ブリッツへ。
今日は、津久井さん(class)が審査員で全国を
サーキットしてきた「オヤジBANDコンテスト」の決勝。

会場に入って、暫く、熱いオヤジバンドを堪能。
一旦、会場を抜け出して、H報堂のY部長と打ち合わせ。

さて、そろそろ・・・ゲスト&classのライヴ。
今日は、中村あゆみさんが、アコースティック。
classが、スーパーミュージシャンフル編成の大所帯ライヴ。

中村あゆみさんのライヴを観終えて・・・
会場の外で、上田正樹さんの到着を待つ。
今日は、他の現場を抜け出して、観に来てくれるとの事。

会場から・・・夏の日の1993のイントロが・・・
上田さんも・・・やっと・・・到着・・・

急いで、2階の関係者席へ。

凄いミュージシャン達の本気のステージ。

そして・・・命を削りながらの津久井さんの歌&シャウト。

盛り上がる会場。

アンコールで・・・また、夏の日の1993。

当時の事が・・・走馬灯のように胸を駆け巡った。

classのデビュー前。
俺の知り合いの新宿の飲み屋のマスターから電話。
「康記、すぐに来てくれ、日浦君と津久井君が喧嘩始めた・・・」

急いでタクシーでお店へ。

2人が・・・音楽談義がエスカレートして殴り合い寸前の激論(笑)

「classは、解散だ!!」

「いやいや・・・まだ、デビューしてませんから(笑)」

割って入って・・・
それでも・・・お互いに納得してない様子・・・
一旦、日浦さんを違う店に連れ出して・・・
遅れて、マスターが津久井さんを連れて来る作戦。

一旦、ヒートアップした頭を冷やして貰った(笑)

その後、デビュー曲が・・・
あれよあれよと言う間に・・・大ブレイク!!
classの快進撃が始まった。

その後、沢山の想い出を共有した。

先日の渋谷魂で、元classの日浦さん歌う姿を久々に観た。
今日は、津久井さんの歌う姿を久々に観た。

感無量。

出来るなら・・・オリジナルclassを観たいと思った。

その後、赤坂の韓国料理屋で、食事会。
M社長、T氏、A氏、T社長、M社長と深夜まで。
こちらは・・・エンタメじゃなく、堅いビジネスの集い。

素晴らしい一日だった。

そして、本日、日浦さんのアルバム「心のベル」発売。
World Net.TVで、スポットが流れてます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

人は、また巡り合う。
  1. 2009/08/05(水) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

こんなの・・・

こんなの発見(笑)


すまん・・・MITSUO(笑)

ついでに・・・

武英作品の中では、お気に入りのシングル。
しかし・・・共に・・・くさい詞だなぁ(笑)

日浦さんのあの曲も・・・
  1. 2009/08/04(火) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

普遍のメロディー

午前中から会議用の提案書作り。
時間ギリギリまで頑張る(笑)

プリントして急いで電車へ。

本日は、古賀さんの事務所で会議。
3時間・・・ジックリと打ち合わせ。

夜は、事務所で雑務の整理。


「愛にはぐれないように」

寂しいのと君が泣いた 僕の腕の中
ざわめく街 夢に追われ 君を独りにしてた

窓に映る蒼ざめた月 二人照らしてるよ
君の涙 胸にささる

抱きしめよう 君のすべて
ひとつ残らず 切なさ消えるまで
抱きしめよう 心をこめて
逢えない夜にも 君が 愛にはぐれないように


君のいない明日なんて 生きる意味がない
言葉よりも重なりゆく 鼓動だけが真実

君が微笑みに戻るまで 二人時を止めて
強く強く 求め合おう

いつも君の 傍にいるよ
だから一人で 一人で泣かないで
いつも君を 想っているよ
心配しないで 僕の 愛と夢だけ信じて


抱きしめよう 君のすべて
ひとつ残らず 切なさ消えるまで
抱きしめよう 心をこめて
逢えない夜にも 君が 愛にはぐれないように

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

不変を信じよう。
普遍を信じよう。
不偏を信じよう。
  1. 2009/08/03(月) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

縁、延、円、艶、宴

今日は、165回目の渋谷魂。

小雨の中、タクシーで下北沢へ。
環七、井の頭もガラガラ・・・
信号も引っ掛からず、踏切もOK。
怖いくらい、ノンストップで会場に到着。

何か大きなトラブルがあるんじゃないか?
と・・・チョッと不安になる(笑)

今日は、同窓会的なキャスティング。
日浦孝則、ヨシケン、ショウエイ、アッキー。
4組とも俺が、昔、プロデュースで係わった。

そして、昔、日浦孝則、ヨシケンが
在籍してた事務所にいたのが、岡本真来。
当時、交流は無く、それぞれに存在は、知ってた程度。

ポンちゃんと真来にも、ヒストリーがあって、
ポンちゃんは、高校生の時、双子でソニーに在籍してた。
そこに、別の双子ユニットがいたそうな。
真来の双子の妹だったそうな。

双子同志、仲良くて・・・
良く自宅にお邪魔してたそうな。

そこにいた、お兄ちゃんが・・・岡本真来。
先日、とびたまで、十年振りの再会を果たした次第。

今回、真来のバックでギターを弾いてる矢吹薫と俺は・・・
25年来の友人・・・その縁で、先日、真来と出逢った。

もっと深い所では・・・
日浦さんと浅野さんと俺。
日浦さんが、京都から夢を持って上京する前日・・・
浅野さんと、山口で会ってたそうな。
その翌日、偶然、俺と東京で出逢い・・・
デビューへのシナリオが、走り始める。
俺と浅野さんとの出逢いは、その数年後。

複雑に絡まった・・・人間の縁。

そして、何よりも・・・
渋谷魂の立ち上げのメインメンバーの一人がヨシケン。
150回振り、7年振りの渋谷魂参戦。
いや・・・渋谷魂に帰って来た。

当時のエピソードは、また、今度、詳しく書くが・・・

時間をグッと巻き戻した一日だった。
それぞれに人生があり、それぞれに刻んできた歴史があり、
時を経て・・・また、人生がクロスした一日。

ただ一言、言える事は・・・

やり続けてるからこそ、また同じ時空間を共有出来たって事。

同窓会的と書いたが・・・
全員、現役バリバリ。
懐かしさを求めて集った訳じゃない。
挑戦し続けてる“今”が、たまたま重なっただけ。

僕ならここにいるよ。
昔、誰かに書いた詞のフレーズ。
渋谷魂を続けてる意味はそれ。

俺達は、いつでも変わらず、店開いてるよ、って感じ。
今は、昆布が店長になりつつある(笑)
多分・・・俺がいなくなっても、閉店せずに続くと良いな。

久々に・・・イベントの講評・・・
皆さん、素晴らしいの一言です。
オンデマンドで確認して下さい。

今回、ポンちゃんが、バンドで初トライした日浦楽曲がある。
「愛にはぐれないように」
手前味噌になるが・・・これ名曲です(笑)
先日、日記に書いた、世に残したい歌です。

急遽、日浦参戦が決まり・・・
ポンちゃん的には、本人の前で初披露と言うプレッシャー(笑)
歌詞を若干、間違えたけど、今後、仕上がっていくと・・・
間違いなく、彼女の代表曲になると確信した。

打ち上げも久々に盛大にに盛り上がりました(笑)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

過去は過去でしかない。
今を大切に生きてれば・・・
意味のある過去に変化する。
  1. 2009/08/02(日) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

あの日の僕を捜して

今日も過去日記シリーズ(笑)
ふと、過去を振り返りたくなった。

2006年11月23日(木)の日記

「辞める時の為に」

休日をのんびりと過ごす。
平日のTV番組を眺めるのも久し振り。
って、日曜もイベント等多いので、ほとんど観ないが(笑)

作家時代は、毎日が休日だった。
正確には、暦は関係ない、自宅作業の個人事業主。

主婦が観るであろう番組を良く観てた(笑)

打ち合わせがない日は、午後から近所のパトロール。
行きつけの喫茶店で珈琲を飲んで、本屋でプラプラ、パチンコ屋へ(笑)
パチンコ屋で、顔見知りも多く出来た。
お互いに何やってる人だろう?と、思ってたに違いない。
俺も、色々と勝手に想像してた(笑)

若い頃は、時間は無限にあると思ってた。
まぁ、若い内から、未来の残時間を気にして生きる方が、気色悪いが(笑)

いつ頃からだろう・・・
人生の残時間を気にし始めたのは?

多分、30代に突入した頃だった気がする。

勿論、今の歳で感じるようなリアルな「あと何年頑張れるのかな?」じゃなくて、
「やべ~やり切ってないない内に、歳取っちまう」と思ったんだよね。

若気の至り、じゃないが、若さゆえで許されるのは、あと少しと。
そして「いつかやろう~」と呑気に考えてた事をやっとかなきゃ、やるタイミングないかもってね。

元々、興味ある事には、首も突っ込んでたし、それなりに知識も蓄えてた。
そして、やれば、何だってどうにか出来る勝手な自負もあった(笑)

が、それは、妄想で、机上の空論なんだと思った。
色々な事が、何となく理解出来て、そこそこ出来る「作詞家」だった。
あくまでも、作詞家の責任の範疇でしかなかった。
勿論、仕事って意味においてね。
アマチュアとしては、ライヴの仕切りや、色々な事を自ら挙手してやったりはしてた。
その延長線上で、プロの現場でも、意見を出すけど、責任はない立場。
そう、宣伝会議などで、能書き垂れるが、あくまでも責任のない作詞家。
レコーディングの現場を仕切るが、あくまでも責任者ではない作詞家。

逆に言うと、良く仕切らせて貰えたと思う。
担当ディレクターがいるのに・・・
「俺が進めた方が、良い物創れますから」なんて生意気言ってた。
売れた、売れなかったの責任は、担当ディレクター。

19年前、思い切って友人の作曲家とプロダクションを始めてみた。
18歳の女性シンガーをデビューさせようと目論んでね。
そこから、総てのリスクを自分達が背負ってやってみる事にトライした。
いや~勉強の連続だったよ(笑)
今までの、責任のない発言が・・・総て跳ね返ってくる。

レコード会社も、今までは、仕事を貰う先だったのだが、対峙する先に変わった。
自社のアーチストをいかにプライオリティー高く売って貰えるか?
約一年で、無事にメジャーデビューに漕ぎ付けた。
タイアップやら、プロモーションやら、版権の切り売りやら・・・
解ってたつもりの机上の知識が、実践において問われたって訳だ(笑)

最初のメーカーでアルバム2枚、シングル3枚。
2年後、他メーカーに移籍、と同時にレーベルも立ち上げた。
移籍後、アルバム2枚と、シングル3枚まで係った。
彼女は、その後も、移籍しながら、地道にリリースしながら活動してる。

あの頃が、凄く良い経験になってると思う。

今日、オーディオ周りの整理をしてて、当時のカセットテープを見つけた。

やりたい事やって、満足できたら・・・
いつでも辞められるし、後悔はしない・・・

そう、スパッと辞める為に、やり残さない。

やり残して、後ろ髪引かれるのだけは勘弁だ。

そう思った頃の歌が、ラジカセから聴こえてきた。

別に、今、辞める気になってる話じゃないよ(笑)
自分なりに十分、やりきった感はあるから、今、辞めても後悔はない。
が、もう暫く頑張るさ。
自分は、少なからず、色んな事を経験・体験・体感出来たと思ってる。
大した事はない自分史でも、少しは次世代に、リレー出来る事があるんじゃないかと。
そのトライアルは、暫く楽しそうだからね。
  1. 2009/08/01(土) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。