BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人生

ここのところ・・・

大切な人と・・・

今生の別れを惜しむ事が続いた。

振り返る事が増えた。

歩みが鈍る。

悲しみを勇気に変える・・・

もう少し・・・

もう少し・・・

遠くまで・・・
スポンサーサイト
  1. 2009/09/30(水) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

タイムトラベル

誰とも会わない日。
たまには良いね。
疲れが溜まってたのもあるが(笑)
一日、家で過ごした。
ベッドでゴロゴロ。
テレビをカチャカチャ。
のつもりだったが・・・
仕事部屋の整理を始めてしまった(笑)

ふと机の横に立てかけてたワープロが目に入った。
思わず、引っ張り出して電源を入れてしまった。
そうなると、気になる気になる(笑)
棚の奥のフロッピーディスクを
次から次とワープロにスロットイン。

すっかり使い方を忘れてる。
カチャカチャとやってると
何となく、操作を思い出してきた。

小学校の時に埋めたタイムカプセルのよう。
って、実際に掘り起こした事はないが(笑)
1991年のデータを発見。
15年前のフロッピーを開いてみる。
当時書いた詞や企画書や原稿がドッサリ(笑)

リリースした作品、ボツになった作品、未完の作品。
エッセイや散文詩、小説なんかも発見。
98年までデータがあった。
多分、その時期にパソコンに乗り換えたんだろう。

へ~こんなの書いてたんだ・・・
懐かしくも、嬉しくも、恥ずかしくもある自分旅行(笑)

20数年前、初代のワープロは、ブラザーだった。
何故、ブラザーかは不明。
編み機は、付いてなかった(笑)
以降、シャープの書院派。
コイツは、多分、4代目かな?

コイツの前で、う~んと頭を抱えては・・・
文筆業を気取ってたんだな(笑)

また暫く長い眠りについてくれ、相棒。
そのうち、また、タイムトラベルしようぜ、相棒。
1.jpg
         2006記
  1. 2009/09/29(火) 00:00:00|
  2. BOSSの日々系

父の背中2

親父の目論みは、俺を体育教師にする事だった。
それは、押さえで・・・
あわよくば、何かのプロスポーツ選手(笑)
そんな訳だから、ガキの頃から運動の英才教育を施された。

地元では、親父はある意味有名人(高校野球バカとして:笑)
まるで・・・巨人の星のようなスパルタスポーツ馬鹿親子。
野球に限らず、何でもやらされた。
実際、親父は、若い頃から全国区レベルのアスリートだった。
親父の輝かしい戦歴は、確か旧日記に書いてあると思うので省略。

少なからず、親父の血を継いだ俺も、運動神経はそれなりだった。
特に、親父が一番期待してたのは、勿論、野球。
親父の専門はラグビーだったが・・・
ラグビーじゃ、お金稼げないからね(笑)

中学は、野球部のキャプテン。
県下一のショートと騒がれた(笑)
勿論、甲子園常連校の誘いも沢山来た。
が、いかんせん・・・体格が・・・スモール(笑)
常連校のセレクションに行って思った。
あ~確実にプロは無理だな・・・と。
社会人くらいまでは、どうにか通用するだろうけど・・・と。
体格の割には、ずば抜けた身体能力だったけど、
プロになるであろう人達は、明らかに持って生まれた物が違う。

で、高校野球は、潔く断念した。
その決意を親父に話した時の寂しそうな顔は今でも忘れない。
が、その次の瞬間・・・
「競艇(ボートレース)の選手は儲かるぞ!!」と。
「????」
一瞬、親父の言ってる事が理解できなかった。

よくよく話を訊いてみたら、
競艇選手は、賞金で年収数千万稼ぐ選手がザラにいる。
中には、億万長者になった選手も。
何よりも、競艇選手にとって体が小さい事はメリットだと。
そして、俺は横山やすしが好きだ!!とのたまった(笑)

なるほど・・・そういう事か・・・
俺もマジで一週間くらいは悩んだ。
高校行ってる場合じゃないかもな・・・と。
が、ここは、とりあえず、地元の高校に行く事にした。
競艇選手に本気でなる気になった時点で、高校辞めればいいやと。
実は、高校受験も西日本有数の進学校の受験にも失敗してた(笑)

今思えば、当時、ゴルフをやっていなかった。
当時、ゴルフと出会っていたら親子で本気でプロ目指したと思う。

高校に入ってから、俺は音楽と不良道に狂い始めるんだけど、
親父は、俺に託した夢は完全に諦めた様子で、放任主義だった。
実は、親父は、音楽も好きで、ピアノをサラッと弾いたりする。
多少グレても何も言わなかった・・・
いや、どうせなら、本気で日本一のヤ○ザになれと言う始末。
親父は、任侠道も好きで、やたらとその手の本を読んで詳しかった(笑)

任侠、歴史、戦争、政治、宗教、親父は本の虫でもあった。
昨日も書いたが、親父は授業を自習にして、自分は体育教官室で読書してたそうな(笑)

そんな親父から、俺は、色々な話を訊かされた。
かなり、偏った過激な思想だけどね。
振り返ると、今の俺の思想・思考に大きく影響してると思う。

ずっと、心の中で、憧れてた仕事に「教育者」ってのがある。
親父を見て、それこそ、反面教師ってやつかな(笑)

親父の口癖は・・・
人に何かを教育出来るなんて思想は奢りだ。
せいぜい、学ぶ切っ掛けを作れる程度だ、先生なんて。
先に生まれ、生きた経験を言ってやれる程度だ。
なまじっか、概念を覚え込ませると、頭でっかちになる。
学びたい奴に、自由に学ばせるのが一番。
だから、俺は、自習が好きなんだ。

ただの屁理屈、言い訳のような気もするが(笑)

俺も、そんな教育者になりたい。

         2006記
  1. 2009/09/28(月) 00:00:00|
  2. BOSSの日々系

父の背中1

俺の親父は、不良教師(笑)
高校の体育の教師だった。
もうとっくに定年退職してるが、
最近、我が母校の男子寮の寮父をしてるらしい。
と言っても、退職後の教員3名が交代で、寝泊りするらしい。
週に、2日くらいが担当との事。

退職後も、臨時教員で、ずっと現役を続けてた。

今回も、実家に帰ったら、知らない高校生がゾロゾロ・・・
「お帰りなさい!!」と。
仕方ないので・・・
「あぁ、ただいま!!」って言ったが(笑)

相変わらず、変わってないな~と内心、嬉しくなった。

昔から、親父は、酒・タバコ、隠れてするならウチでしろ。
と、指導してた(笑)
要するに、我家は、相変わらず、たまり場って事。
親父は、教師現役時代は、ずっと野球部の部長。
そう、家庭を投げ打って、甲子園を目指すあれ(笑)
幾つかの高校を転勤する理由も、その高校の野球部の為。
晩年は、山口県の高野連の理事で飛び回ってたしね。
親父が、まともに授業をしてたって噂は聞いたことがない。
俺の授業は総て自習だった・・と自慢げに俺に言ってた(笑)

ガキの頃から、必ず、実家に野球部の下宿生がいた。
多い時は、4~5人。
一人っ子なのに、俺には、沢山の怖いお兄ちゃんがいた(笑)
まぁ、その環境で縦社会の厳しさを叩き込まれたんだけどね。

良く、試験の時期になると・・・
親父が、夜、学校に忍び込んで・・・
「コレが、明日からの試験問題じゃあ」
と、自慢げに下宿生に見せびらかしてた(笑)

正直、教育者としてのモラルは?と子供心にも感じていた。
が、お盆の帰省時期には、凄い人数の卒業生達で賑わった。
必ず、実家よりも先に、親父を訪ねてくれてた。
そんな卒業生達と酒を酌み交わすのが楽しみだったようだ。
実際は、学生時代から、酌み交わしてたんだけどね(笑)

あと、仲人も100組近くやってるんじゃないかなぁ。
「高校時代の恩師で、仲人を頼まれるのは俺くらいじゃ」
と密かな自慢らしい(笑)

写真は、俺が中一の時から3年間、暮らした実家近くの教員宿舎。
中二までは、高校の野球部の生徒2名と共同生活。
中三時は、一年間一人暮らし。
要するに、中一で実家を追い出されたって訳だ(笑)
今は、廃屋となってる。
18.jpg
         2006記
  1. 2009/09/27(日) 00:00:00|
  2. BOSSの日々系

「エムさん」

君が、我が家に来た日は台風だった。
君は、恐る恐る僕を見上げてた。
僕も、恐る恐る君を抱き上げた。
君は、ミルクの匂いがしてた。

その日から僕達は、親友になった。

僕は、犬の言葉が解るようになった。
君も、人間の心が解るようになった。
僕は、君に敬意を表して「エムさん」と呼んだ。

僕達は、よく海辺まで散歩した。
緩やかな下り坂、よくカケッコをした。
肩を並べて、よく沖を行く船を眺めた。
夕陽に僕達の影は、柔らかく溶けていった。

同じ風、同じ時間が、僕達に流れてた。

僕は、心に描くすべてを君に話した。
君は、小首を傾げ僕の呟きに耳を澄ましてた。
君は、やきもちやきだから・・・
散歩の途中、あの娘に遭わないかとヒヤヒヤしてた。

叱られた夜、君を連れて家出した。
君は、何度も振り返りながら付いて来てくれた。
防波堤の灯台の下、君を抱きしめて泣いた。
君は、「帰って謝ろう・・・」って僕の頬を舐めた。

僕達は、トボトボと星を見ながら家まで歩いた。
僕達は、ベッドで一緒に丸まって眠った。

僕が、大人になってゆくのを
君は、優しい瞳で見守ってた。

僕が、東京に旅立つ朝・・・
君は、ゆっくりと伸びをして・・・
そして、少し寂しそうに・・・
そして、少し誇らしげに・・・
そして、少し照れ臭そうに・・・
僕の背中をいつまでも見つめてた。

坂を下る途中、振り向いた青空に
「エムさん、行ってくるよ」と小さく呟いた。

雑踏の中、自分を見失わないように必死で歩いてた。
憧れと、現実が交錯する街角で立ちすくんでた。
心を隠して、上手な作り笑いを覚えた。
寂しさを、自分を変える事でごまかしてた。

君を忘れかけてた夜・・・
「君が星になった・・」と電話で聞いた。

ビルの上の四角い西の星空を見上げて・・・
独りぼっち、生きる意味を
この東京で、生きる意味を

君との日々を、思いながら・・・

染み付きかけた、虚勢を脱ぎ捨て
僕は、久しぶりに泣いた。

僕は、最後の大人の階段をのぼった。

今も、挫けそうな時・・・
今も、見失いそうな時・・・
今も、投げ出しそうな時・・・

君の、励ます元気な声が聴こえる。

僕の心のグラウンドには
夢見た日の少年の僕と
「エムさん」・・・君がいる。
  1. 2009/09/26(土) 00:00:00|
  2. BOSSの日々系

GEN気です

昨日のお昼過ぎ、井の頭線のとある踏切。

「あれ?康記?」

「・・・・」

恩師との久々の偶然の再会。

俺が、この世界に入る切っ掛けになった人。

お世話になった人を一人、あげるとしたら・・・

迷わずに・・・この人。

運命かな・・・

最近・・・頭の片隅で、思い浮かべてた。

休筆中・・・だが・・・記しておこう(笑)

そして・・・

本日、World Net.TV(β版)リニューアル予定。

10時~17時くらいまで移行作業等で、
サイトが表示されにくいと思われます。
ご了承ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

脇の甘さは・・・
自分の甘さ・・・
他人を責めちゃ・・・
いけません(笑)
  1. 2009/09/25(金) 00:00:00|
  2. BOSSの日々系

休筆宣言(笑)

暫く、ココを放置してたら・・・
色々な方に、心配されました・・・
劇的な忙しさに嬉しい悲鳴(笑)

伸るか反るか・・・
一か八かの大勝負に出てます(笑)

冗談は・・・さておき・・・

今、色々な事が重要な時期なので・・・
暫くの間・・・お休みします。

近日、沢山の報告も兼ねて復活します(笑)

永ちゃん、還暦万歳!!
  1. 2009/09/14(月) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。