BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

再考

今日は、夏、本番って感じの暑さだった。
西日本、九州の豪雨の被害が心配だが。

先日もダイキの社長に渋谷魂の事を話した。
また、ネットリニューアルのスタッフにも。
特に、今、お願いしてるIT会社の社長は、インドの方。
上手く話せたか?理解して貰えたか?は、チョイと心配(笑)

昨夜の飲み会でも熱弁した。

何を目論んで、何を目指して、何の為に、渋谷魂をやってるのか?

こればかりは・・・企業秘密(笑)

いやいや・・・説明してると長くなる。
マシンガントークで語っても小一時間は掛る(笑)

と書きつつ・・・答え合わせ。

バンドやアーティストを集めて・・・
なかよしこよしのコミュニティーを創りたい訳じゃない。
あくまでも、誰もが参加出来るプラットフォーム創り。
誰もがと言いつつ・・・セレクト権は、我々にある(笑)

そう、我々お薦めのショーケース、セレクトショップの趣き。
そのリアルな空間に・・・雑多な人達が集い、楽しめる場所。

簡単に言うと、そんな感じ。

他人の人生を変えるほどのライヴや、ブレイク、ムーブメントは・・・
アーティスト単体で、目指すものだと思ってる。
過去の歴史でも、複数のアーティストが肩寄せ合って成功した例は無い。
アーティストの成功は、あくまでも単体活動でしか生まれない。

そう、その為のスキルアップや、チャンスを広げる目的の為の渋谷魂。
オーディションやコンテストには、スター輩出と言う明確な目的がある。
渋谷魂は、スター輩出が目的ではなく、スターを目指す人達の修練場(笑)

アーティスト育成のリアル空間を持ち続けていたい。
これが答・・・だから・・・毎月・・・やってる(笑)

アーティストブレイクの方法論と・・・
良いイベントを創る方法論は・・・
本来・・・根本的に、矛盾してるモノ。

イベントにプロモーション力が付けば、話は別。
大きな夏フェス規模になるか、ネットを使うしか手は無い。
渋谷魂は、後者のシステムを使ったプロモーション媒体の側面も持つ。
どちらかと言うと、その部分を強化している。

ここ数年、都内のライヴハウスは、バンド達の自主企画だらけ。
対バンでは、お客が少ないから、仲間を募っての企画ライヴ。

う~む・・・見事にライヴハウスに騙されて、利用されてるだけ(笑)

たまに訊かれる。
「自分達も自主イベントやりたいんですが、ノウハウ教えて下さい」

「イベンターになって儲けたいの?バンドで成功したいの?」
「バンドで成功したいのなら、イベントなんかやっても無意味だよ」

フジロックやサマソニから声が掛るバンドを目指して頑張った方が良い。
バンド仲間を集めて、数百人規模のイベントやっても、世の中、動かない。
プロレベルのマネジメント・プロモーション・レーベルノウハウがあれば別だが。

渋谷魂=俺。
だとしたら・・・皆さん、ゴッチャになってる(笑)
アーティストプロデュースと、イベントプロデュース(主催)。
たまたま・・・両方やってるだけ。

アーティストプロデュースの一環、延長線上で・・・
イベントやってるように誤解されてるようだ。
まったくもって・・・別の思考回路と、ノウハウで、使い分けてる(笑)

先日も見に行ったコンテストで・・・
かなりのバンドが、告知で、自主イベントをアピールしてた。

どう考えても本末転倒。
自分達でプロダクションやレーベルでも運営してるなら解るが。
イベント主催と言う、現実逃避でしかない(笑)
プロが主催するイベントにガンガン出て、勝ち上がる方がまし。

イベント組まなきゃ人が集まらない程度のクオリティーなら・・・
バンドで、大きな夢なんか見ない方が良い。

ライヴハウスが、真剣にブッキング組んで・・・
バンド達に厳しくハッパかけて・・・
育てようとしないで、営利主義に走るのも問題かな?

まぁ、俺一人が、嘆いても何も変わらないが(笑)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本質を忘れるな。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/25(土) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。