BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイムトラベル

過去の日記引用シリーズ(笑)
2006年7月24日(月)の日記。

そうそう、日記を始めて一年が過ぎた。
昨年の7月17日。
すなわち、会社も一年が過ぎたって事だ。
この一年、色々な事があった。
来る人、行く人、沢山の出会いと少しの別れがあった。

人生とか運命は、きっと決まってると思う。
そう、生まれた時からね。
でも、自分の力で変えられない訳じゃないとも思う。
凄い信念と、凄い思いと、凄い努力があれば・・・
少しは変えてゆけると信じてる。
中途半端なエネルギーじゃ無理だと思う。

よく、挫折したって言うじゃない。
それって、挫折じゃなく、運命だと思う。
そう、自分の努力が足りなくて運命変えられなかっただけ。
望みが叶わない・・・それは自分次第。
冷たいようだけど、
運命だったと割り切って、違う人生を歩むだね。

そう考えれば、人生に挫折はない(笑)
まぁ、屁理屈だけどね。
俺は、大島を出る日の思いを忘れないように・・・
それだけは忘れないように努力してきた。
爆発しそうな熱い思いと、強く願った、あの日の思いをね。

昨年の日記をまた記しておこう。
来年もまた読み返して奮い立つためにね(笑)

2005.07.17.
早いもので東京に住んでもう25年になる。
あの日、18歳の僕は、ベースギターを担ぎ東京行きの最終便を待っていた。
2月の冷たい風が、昂ぶる気持ちと紅潮した頬を撫でて行く。
かじかんだ手に息を吹きかけ、心の中で呟いていた。
「凄い事が始まるんだ」泣きそうなくらい興奮してた。

昨夜、数人の親友と別れを惜しんだ。
いや、旅立ちを祝った。
「卒業式には帰って来るんか?」
「いや、帰らんよ」
「絶対に有名になれよ」
「ああ」
矢沢永吉のトラベリンバスを聴きながら僕等は酔い潰れた。

発車のベルが鳴り、静かに動き出した列車の窓に映る自分を眺めてた。
ガタンガタンガタン・・・心地良いリズムと暖かなシートの温もりに少し眠った。
夢の中を絵葉書のような鮮やかな思い出が滑り落ちていった。

思い描いた通りの旅立ち。
デジャブ。
数日前、この日を夢想し、歌を作ってた。
「Good-by My Home Town」
自分に宛てたメッセージソング。
夢の中で、ずっと歌ってた。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

あの日を忘れるな。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/26(日) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。