BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

依頼?以来?

午後からの来客に合わせ、急いで事務所へ。

間に合った~~~と思ったら・・・
まだ約束の15分前なのに・・・ピンポ~ン!!
もう、O社長、気が早いんだから(笑)

まずは息を整え、コーヒーを入れつつ雑談。

落ち着いたところで、いざ本題へ。

今日は、権利関係の絡むシビアな話。
お互いに言葉を選びつつ、表情を確認しつつ、
柔らかなトーンと穏やかな間合いで話を進める(笑)
O社長とは、今後、色々と一緒に仕事をしたい。
お互い、変な誤解、ボタンの掛け違いの無いように。
とは言え、譲れない所は、お互い譲れない(笑)

実は、昨日から、話が平行線だったら・・・・
時間もないし、どんな着地がいいのか?と、思案してた。

が、随分と早いタイミングで、O社長から新提案があった。

「一曲、狙ったのを淳さんと書いて貰えないですか?」

なるほど・・・そうきたか(笑)

実は、俺と淳さんが書いたある楽曲をO社長事務所のアーチストが、
この春のシングルとして歌いたいと。
単純に嬉しいし、光栄な事なんだが・・・
その楽曲は、我々も慎重に仕掛けて売りたいと思ってた楽曲。
今まさに、その下地作りをしてる最中。

O社長もアーチストも勝負を掛ける時期との事。
本当なら、どうぞ頑張って売って下さい!!と言いたい所だが・・・
先にメジャーリリースされるとなると、
大手音楽出版社も無条件で絡むと言うし・・・
権利の分配もさる事ながら、色々な権利者が絡むと、
楽曲の自由なコントロールが利きづらくなる。

我々のプランや思惑と、先方の思惑をすり合わせるにも時間が掛かる。
関係各社が納得し、足並みを揃えて動ければ、それはそれで互いのメリットだが。
その足並みを揃える為の、調整の時間がない(笑)
かと言って、良いですよ!!と簡単に楽曲も渡せない。

何せ、最初に聞いたリリース予定は4月。
が、O社長は強引に一カ月遅らせたとの事。
これだ!!と納得いく作品にまだ出会えてないとの事。
我々の作品を使うには、話し合いにかなり時間が掛かる。
5月に伸びたとは言え、楽曲決定までに、あと2週間。
歌わせて欲しいと言われた楽曲に関しては、一旦、保留。
我々の展開後に、タイミングが合えばカバーして貰う方向で、一旦、決着。

あとは、O社長が、これだ!!と思える楽曲に出会う事だ。
今回は、絶対に妥協はしたくないと語ってたしね。
凄く強い信念を感じた。
勿論、歌う本人も最高に気に入る作品。
今回オファーされた楽曲は、本人も凄く気に入ってたようで、是非、歌いたいと。
すんなりと提供出来なかった後ろめたさもある(笑)
いかんせん、結論出すには時間が無さすぎ。

じゃあ、頑張ってトライはしますと。
O社長のイメージを事細かに聞いた。
曲のイメージと歌詞のテーマもほぼ見えた。
かなり具体的に打ち合わせた。

「次のシングルに賭けてますから、何卒、凄いのを!!」

「期待に添えるよう頑張りますが、他にも用意しておいて下さいよ」

「そんな事言わず、お願いしますよ!!」

「・・・頑張るだけ、頑張ります」

ポンと凄い名曲が生まれれば何の問題は無いが、
そう、簡単にはいかない(笑)

勿論、期待に応えられるようにベストは尽くす。
決定も色々な人の思惑も交錯するだろうし・・・
他にも声掛けて、楽曲集めて下さいと、何度も念を押した。

作家時代なら、任せて下さい!!
と、決め打ちで臨む所だが・・・・
他の仕事もあるので、上がった作品で、○×を決めて貰うしかない。
ゆっくりと直しとかに付き合えないのが現状。
そのあたりも理解して貰った上で、頑張ってみる事にした。

早速、明日、淳さんと楽曲打ち合わせしなきゃな。
いや~淳さんとのコンビは、何年振りだ?
淳さんに、バチっと良いメロ書いて貰おう。
詞は、もう頭の中でほぼ出来上がってる(笑)
メロがくれば、2時間で言葉のパズルを繋ぐ。

早めに上がれば、スグルちゃんのアレンジプレゼンも出来るな。
2週間もあれば、十分いける。

夜は、宮チャンとさあチャンと密な打ち合わせ。
着々と準備は進行中(笑)
スポンサーサイト
  1. 2007/01/17(水) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。