BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今人

夕方から、ゆな吉の2名が事務所に来た。

色々なアドバイスとポイントを話した。

ライヴの組み立てや演出。

こればかりは、経験則がモノを言う。

アーティストにとってベストなライヴ構成は?

正しい答がないのが正解。

キャラや楽曲、客層で違ってくる。

が、伝えたい事や、やりたい事の方が重要。

それを上手く伝える為のテクニックが色々とある。

例えば“感動させたい”“楽しませたい”“泣かせたい”“笑わせたい”“驚かせたい”・・・等々。

そこに、どう○○させたいかの具体的なアイディアを捜す。

それが、音楽的な事でもありだし、照明や特攻の演出面でもあり。

勿論、喋りや動きでもあり。

コントやギャグでもあり(笑)

大局と重箱の隅を行ったり来たりしながらプランする。

その辺りの、考え方やロジックを伝授した。

ライヴは、出たとこ勝負じゃダメ。

緻密で綿密なカラクリの構成の上のアクシデントが最高。

レコーディングと違って、やり直しがきかない。

だからこそ、熟考された想定が必要。

早速、次回のセットリストを決めた。

音楽的な変更点も数箇所。

MCのポイント数箇所。

曲並びは、各作品のテーマに沿う。

曲繋ぎのポイント数箇所。

照明ポイント数箇所。

フォーメーションは・・・今回は、縛らない(笑)

アレンジ変更を除けば・・・

ぶっちゃけ・・・リハ無しでOK!!

流れのイメージトレーニングさえ出来てれば、本番ぶっつけでOK!!

そう、一番大切な事は・・・イメージ。

勿論、個人練習~リハ~通しリハまで、こなせば、もっと良いけどね。

当日、体に叩き込んだイメージを無意識にトレース出来るかだ。

その上でのアクシデント(ミラクル)はあり。

マグレ当たりの感動は、マグレでしかない。

ライヴに限らず、何でも同じだと思う。

用意してない事は出来なくて当たり前(笑)

運良く出来ても、それは実力じゃない。

イメージを強く持ってライヴに臨むようになると・・・

本当に病みつきになる(笑)

だから、ライヴはやめられない。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/06(月) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。