BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

成長の証

昨夜のミーティングを早速実践。

野外ステージで演目が立て込んでる。

自分達の出番の前にステージに上がって軽くサウンドチェックをする。

他の出演者達は、アイドル系でカラオケ、グラビア系でトークショー。

生演奏は、我々だけ。

昨夜、アドバイスとして・・・

セッティング、サウンドチェックからパフォーマンスするようにと。

そう、本番前から晒されてる状態(笑)

一旦、引っ込んで、MCの方に呼び込まれてステージスタート。

準備の段階からお客を惹き付けておく意識が大事。

この暑さだから、お客も気を抜くとサ~っといなくなる(笑)

勿論、事前にチラシ持って声掛けをしておくが。

そう、折角だから、一人でも多くの人に観てもらいたいからね。

フリーイベントの鉄則。

自分達から常にアタック(笑)

昨日と比べ、グンとタイトに纏まったステージ。

明らかに、刺さり具合のレベルが上がった。

昨日の反省が随所に活かされてた。

よしよし・・・意味ある遠征になった(笑)

4回のステージを無事に終え、控え室で軽く乾杯。

ステージをこなすごとに・・・

全員一丸となって、一分一秒を無駄にしない気迫と結束力がパワーアップ。

皆、熱い夏と過酷な環境での戦いを刻んだ日焼けが残った。

ギターの二人、ヤクシ~にとっては今までに無い強烈な経験だったと思う。

ポンちゃん、さあチャン、エンダは、流石に慣れた動き。

が・・・この暑さは・・・参ったと思う。

皆、ひと回り逞しくなったのではないかな?

俺は、皆の戦いを眺めてただけ(笑)

ステージ終了直後、ドラマチックなくらいの土砂降りの雷雨。

ギンギンの陽射しが嘘のような雨だった。

帰りの車中は、達成感と安堵感で、疲れも忘れ盛り上った。

2日間の弾丸ツアー・・・

それぞれの人間性も暴露された良い旅でした(笑)

また忘れられない鈴鹿の想い出が出来た。

いつか・・・また来たいな。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/19(日) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。