BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長い旅の果てのオアシス

朝6時集合。
いざ名古屋へ。

台風の影響で、東名がまだ通行止め。
が・・・向かうしかない(笑)

海老名SAで待機。

8時半、通行止め解除。
が・・・待機車は我々だけじゃない。

そう・・・大渋滞が予想される。
が・・・向かうしかない(笑)

途中、事故渋滞も数箇所。

15時入りが・・・滑り込み・・・16時、会場到着。
急いで、リハと準備。

長旅で疲れてるのにも係らず・・・
全員の動きと集中力が凄い。
遅れを取り戻すかのように、サクサクと進んで行く。

途中、会場スタッフに遅れる旨、電話を入れて、
セッティングやリハ進行の詳細を伝えておいた。
会場スタッフも、いつ飛び込んで来てもOKの体制。

そう、トラブルが、良いエネルギーやベクトルに作用した。

この時点で、今日は勝った!!と思った(笑)

行きの車中も、渋滞を抜け、名古屋が近づくにつれ、全員のアドレナリンが上がってた(笑)
まさに、いよいよ待ちに待った決戦の場に乗り込む感じ。

それぞれに、今回の名古屋に期するものを掲げてたしね。
特に、達っちゃんの意気込みと思いの強さが、ムードメーカーとして一層の効果を生んだ。

ライヴは、勝ち負けの勝負事。
誰と?じゃなく、自分とのね。

渋滞で、焦らされたから、尚一層の爆発力が生まれた。

2度目の出演のHAMATAMから、会場は、先月の渋谷魂に負けない良い空気感。

そして、名古屋渋谷魂にやっと登場の達っちゃん、ベストシング。

ポンちゃん&新バンドも、リハ以上のパワーとオーラを出して、ベストギグ。

ゆな吉も、短期間で進化を見せるベストパフォーマンス。

会場の空気感は、最高。

数名の大事な関係者を呼んでたのだが、こちらも大満足で帰って行った(笑)

先月を上回る、俺としては、記憶に残るベスト渋谷魂。

10代~40代の世代を超えた、出演者とオーディエンスが一つになる。
理想的な渋谷魂のイメージが形になった。

終演後の軽い打ち上げも、最高の空気感だった。

今後、名古屋は・・・凄いパワーアップすると確信した。

主要な面子が、理想としてた感覚を体感出来たから。

オンデマンドはコチラ
スポンサーサイト
  1. 2007/09/07(金) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。