BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いかネット

今日は、いかネットでした。
出演は、WASshimazLeopion、将軍ツァン、飯田満美子の5組。
061028_2050~0001.jpg

14時、スタジオ入り。
準備、リハ、順調に終了。
最近は、スタッフも手馴れてきた。
余裕で、本番を待っていた・・・

さて、中継を出す、3分前・・・
2カメ(一番使用頻度が高い)の映像がスイッチャーに来てない事が発覚(笑)

ミヤちゃん、さあチャン、俺で大慌てでチェック。
中継は、オンタイムでスタート。
どうやら、ケーブルがリハ後に、トラブったか?死んだようだ(笑)
仕方ないので、4カメを諦め、3台のカメラで映像を押さえる事にした。
オープニングトークが始まる直前、バタバタとカメラ側のケーブルの差し替え(笑)

ふ~っ・・・間に合った(汗)

無事・・・でもないが、番組は走り出した(笑)

達っちゃんとポンちゃんのトークもコンビネーションが良くなってきた。
って、本日、ポンちゃんは、美容院の為、本番直前入り。
細かい打ち合わせもなく、本番に臨む事に。
これも、大事な経験。
時間の短縮、いかに短時間で、その日の情報を選別し叩き込めるか。

達っちゃんは、達っちゃんで、どうやら色々な話ネタを仕込んで来てる様子(笑)
漫才師風の話し口調も独自のスタイルを短期間で創り上げてきた。
前からそうだったのか?は、知る由もないが・・・(笑)
明らかに、番組の色・匂い・テイストは、水田達巳のキャラで塗り潰した感じ。
うん、良い事だ。
自分の世界を築き上げたアーチストならではの力量。

当初の番組のコンセプト(パクリも含めて:笑)としては、
冠、看板になるメイン司会者を捜してた。
Mステ、が、タモリさんでなきゃいけないようにね。
本家のイカ天も三宅さんのキャラがあっての番組。
共に、音楽家じゃない人が、音楽番組を仕切る所に、妙がある。

いかネットは、若手のアーチストをプッシュアップする番組。
そして、その後、渋谷魂等、イベントとも密接に関連付けたい。
出来れば、異業種じゃない、音楽の人で適任を見つけたかった。
実は、お笑いのそこそこ知名度のある人にOKも貰ってた。
番組の方向性やシステムが見えたタイミングでの投入も考えていた。
それはそれで、面白いだろうが、ゲスト司会者になる可能性が高い(笑)
番組を盛り上げ、上手に回してくれるだろうけどね。

次世代のアーチストに情熱を傾けて、真剣に彼等の音楽や生き方に向き合う人が良い。
また、出演者も同世代のアーチストに仕切られ、意見言われても面白くないだろうしね(笑)
何かの一芸に秀でて、リスペクトする部分がないとダメだと思う。

そんな、条件を満たす人は・・・
と、思ってた時に、達っちゃんと出逢った(笑)
芸人に負けない、濃い話術もあるしね。
自信に満ち溢れた若いアーチストも、ジャンルの好き嫌いを超えて、
達っちゃんの本気の歌を聴けば、一目置くしかないだろうしね。
そして、何より、彼は、次世代のアーチストを愛してる。

まずは、やってみる事にした。
その二回目って訳だ。

と、同時に、番組の出演者のブッキングのシステム等の構築もあった。
そのあたりも試し試し、回を重ねてきてたった訳。
次回あたりから、アシスタントを出演してくれたアーチストにやってもらう事もありかなと。
勿論、やりたい!!って意思があるアーチストに限りだが。
良い経験になるだろうし、見えないものが色々見えたりする。
何事もそうだけど、違う立場に立ってみると、求められる事が見えるからね。
いつか自分達が、ちゃんとした番組に出る時の、小さな経験になればと。
まぁ、模擬店みたいなもんだな(笑)

早ければ、年内から、実験的にいかネットを外のライヴハウスに出したい。
出来れば、お客も入れた、公開生放送番組にしたい。
いつかは、その番組自体が、各地をサーキット出来ればと目論んでる。
地方で頑張る若き才能達を紹介出来ればとね。
その為にも、視聴者を増やして、出たいと思える番組にならないといけないが(笑)

キー局の番組のように、大資本がなくても出来る時代。
ワンカメ一発の中継でも、その中身に温度や魅力があれば良い。
つまらん物は、どんだけ編集で、良く魅せても退屈。

良い楽曲や良いライヴの紹介的意味合いの中継も目的だが、
本当の目的は、頑張る人達のヒューマンドキュメンタリー。
ぶっちゃけ、売れる?売れない?売れそう?売れそうもない?関係ない。
歌いたい奴、アピールしたい奴、何か伝えた奴。
そのエネルギーさえあれば十分。
支持率やランキングなんかいらない。
短い時間の中で、アーチストの魅力を引き出してあげたい。
その為には、もう少し、我々も経験を積む必要がある。

今回放送分のオンデマンドはコチラ
スポンサーサイト
  1. 2006/10/28(土) 23:33:07|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。