BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Live

人は、いつか・・・この世から消える。
生を受けた瞬間から、消滅へのカウントダウン。

19になったばかりの時、生死を彷徨う事故に遭った。
運良く、あっちの世界に転がらず・・・結果、生かされた。

生かされた・・・って、実感は、正直、40を過ぎたあたりから(笑)

当時は、若かったし、死生観について、そんなに深く考えもしなかった。
が、同世代よりは・・・「人は簡単に死ぬんだ・・・」って実感は強く持った。

長い病院生活から生還後、ある意味、開き直った(笑)
「ど~せ、いつか死ぬんだから、好きな事やらなきゃ損だ」と。

生かされた・・・感謝・・・は、微塵も無く。
大怪我したが・・・まだまだラッキ~!!そんな感じ(笑)

流石に、40を過ぎるあたりから、そう、人生の折り返しあたりで・・・
ふと・・・あの時、死んでたら・・・って、考えるようになった。
そう、事故までに、積み重ねた時間・人生より、長く生きた頃。

事故以降、良い事も悪い事も沢山あった。
何より、その総てを含め、何も知らないで、あの時この世から消滅してたら・・・

神様に、生かされたって事は、何か意味があるのかな?と。
まぁ、深く考えたところで、答も見つからないし意味もないけどね。

生死を彷徨う大怪我の経験があろうと無かろうと・・・
死に対するリアルな感情を持つ年齢になったって事かな。

未知の世界に胸躍らせた頃を過ぎ・・・
経験と言う名の世の中の仕組みや答が染み付く頃。
人は、残された時間と終焉を、ふと、意識し始めるのかもね。
そして、何も知らなくて良かった頃に、淡い感傷を馳せるのかな。

まぁ、何を能書き垂れたところで・・・
今を生き抜かなきゃいけない(笑)

そう、いつか訪れる、旅立ちの瞬間まで、未完成でいなきゃね。
まだまだ無知な自分を恥じながら、日々、未来を夢見て生きたいよね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人は死んでも、その人の影響は死ぬことはない。

by キング牧師
スポンサーサイト
  1. 2008/01/30(水) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。