BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

頑固

打ち合わせを終え、急いで事務所へ。
せっせと資料を作って、いざ、六本木へ。

大江戸線のエレベーター前で・・・
ふと・・・振り返ったら・・・
懐かしい人と、目が合った(笑)

2001年、「ひまわり」プロジェクトを一緒にやったY氏。
いや~あの時以来の再会。
お互いに急いでたので、改札までの暫しの会話。

待ち合わせ場所に滑り込み、尼崎社長と丸山社長と二時間の打ち合わせ。

急いで電車に飛び乗り・・・
事務所近くのジョナサンで打ち合わせ。
その後、事務所での宴会に参加。

サポートミュージシャン達の親睦会。

それぞれの音楽観や人生観や目標・目的・夢などを語り合う会(笑)
そして、ポンちゃんのライヴやアレンジ等々、忌憚の無い意見交換。
同一パートのミュージシャン達が、一同に会する珍しい光景。

それぞれの夢を改めて訊いた。

全員が、描いた未来に辿り着いて欲しい。

が・・・現実は・・・そんなにも甘くない。

夢を大いに語り合う。
水を差すような意見で申し訳ないが・・・
厳しい世界であると、熱く力説(笑)

長く生きた人間として、業界の厳しさも伝えなければ、俺の存在の意味が無い。
口煩い嫌われオヤジで結構(笑)

安っぽい商業主義の音楽専門学校のように・・・
「君、素晴らしいね」「頑張ればどうにかなるよ」「将来が楽しみだね」
なんて・・・軽々しく言えない。

他人がどう判断しようが、俺のモノサシで、凄くないモノは凄くない。
勿論、あくまでも俺の主観。
そして、総てを否定してるつもりもない。

俺の持論だけど・・・
本当の天才は別として・・・
自分は褒められて伸びるタイプです!!ってバカがいる(笑)

何考えてんの?って思う。
褒められる事をモチベーションに頑張ろうとする人。
何か、本末転倒な気がする。

アスリートや才能や技術で生きていこうとする人は・・・
出来てない自分、認められてない自分、進化してない自分、と常に本気で向き合うもの。
そこを真っ直ぐ見詰めないで、褒められる事で、頑張ろうとするのは、現実逃避とも言える。

勿論、褒めない事が良いって話じゃない。
褒められる事に依存する習慣が、良くないって事。
心から本当に凄いな!!って思えば、大いに賞賛すれば良い。
ちょっとやそっとの事で、褒めちゃうと・・・褒め殺しになる(笑)

超が付くほどの前向き・能天気なポジティブ人間には、良いかもしれないが。
大概が、褒められる事を頑張る動機にする人間は、ネガティブな人が多い気がする。
褒められないと嫌だと思ってる時点で、ダメな自分から逃げてるからね。
ダメな自分=環境や他人に責任転嫁するパターンが多い(笑)

自分のダメな所の指摘を訊きたがるタイプの方が建設的な気がする。
人の意見を素直に取り入れ、さっさと努力して、ハードルを越えてゆく。

勿論、厳しい意見でやる気のなくなる人には、何も言わない。
訳はなく・・・言うだけ言って・・・こちらからサヨナラする(笑)

人間、誰だって褒められるに越した事はない。
が、褒められるようになったらお終いな気もする。

また、厳しい意見や否定された事をバネに「見返す!!」って頑張るのも違う気がする。
頑張る動機が・・・「見返す」ってのは、思いっきり負のパワーだからねぇ。
意外と・・・相手は・・・憶えていなかったりするから(笑)

と、御託を並べて、厳しい意見を言うオヤジを正当化してるだけの気もするが・・・

振り返ると・・・
耳の痛い事をズバズバ言ってくれた人の言葉の方が、強く心に残ってるんだよね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

あるがままの自分を認め、
受け入れ、
愛することができてはじめて、
人生の何もかもがうまく行き始める。

by ルイーズ・ヘイ
スポンサーサイト
  1. 2008/02/07(木) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。