BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛のメモリーグラス

今日は、淳さんの「世界バリバリ☆バリュー」収録日。
仕事を片付け、一旦事務所へ。

さあチャンと落ち合って、バスでお出掛け。
途中、ポンちゃんと合流。

電車を乗り継いで、成城学園駅へ。

俺が18歳で上京して、初めて暮らした街。
駅から徒歩15分の距離だったので・・・
厳密には・・・住所は、成城ではなく喜多見なのだが(笑)

最寄り駅は、成城学園だった。
駅舎が大きく綺麗なビルになってて唖然。
タクシーに乗って、スタジオへ。

住宅街に入ると・・・昔のまま・・・
懐かしくてキョロキョロしてしまった(笑)

今日のスタジオは、祖師谷大蔵からでもアクセスできたのだが・・・
折角だから・・・懐かしい成城の街並みを眺めたくて、成城で降りた。

当時、成城が東京、いや、日本でも有数のセレブの街って知らなくて住んだ。
いかんせん・・・金持ちだらけだから・・・街の物価が高いのに驚いてね(笑)
買い物や食事は・・・もっぱら祖師谷大蔵だったけどね。

上京、半年後に、生意気にも車を持った。
もう嬉しくて嬉しくて・・・成城の住宅街をグルグル走った(笑)
19歳の時の事故での長期入院を挟んで、20歳過ぎまで暮らした街。

夢と挫折を抱きしめた、青春の街(笑)

10分足らずで・・・スタジオに到着。
淳さんとK社長と喫茶室で合流。
今後のスケジュール等、打ち合わせ。

そこに聴き慣れた声が・・・

松崎しげるさんとマネージャーのI氏、登場。
駆け寄って・・・淳さんと、ご挨拶。

暫し、立ち話。
その後、しげるさんのテーブルで、近況報告と昔話を少々。

しげるさんには、本当に可愛がってもらったし、お世話になった。
1997年・・・
当時、プロデュースしてたラヴコメを預けた事務所の会長が、しげるさんだった。
また、ポンちゃんを紹介してくれた方も、しげるさんの知り合いだった。
2000年・・・
デビュー30周年のオリジナルアルバムと記念ベストアルバムの制作をした。

プロデューサーはしげるさん。
俺は、プロデュース補と制作ディレクター。
そして、しげるさん作曲作品のコンビ作詞家。

しげるさんのやりたい事を形にする役割。
2人での作品作りや、合宿レコーディングや・・・
飲み過ぎて次の日、二日酔いで歌が歌えなかったり・・・
しげるさんだらけの・・・思い出が一杯詰まった濃い一年だった。
特に、ベストアルバムは・・・好き放題に作ったなぁ(笑)

翌年、プロデュースした「ひまわり」にも二人で一曲書いた。

3年振り?くらいの再会だったのかな。

当時は、よく飲みに連れて行ってもらい、
アーティストとして、芸能人として、の哲学や持論を沢山訊かせてくれた。
30年、現役で走り続ける凄さを肌で感じた。
兎に角、気配りと気遣いの凄さに圧倒された。
そして、何よりも、前向きなパワフルな生き様に憧れた。

俺にとって、心の師匠と言っても過言ではない人。
TVで、しげるさんを見かける度に、よし頑張ろうと、心がシャキっとする(笑)

さて、番組収録の方は・・・
詳しく書きたい所だが・・・
OAをお楽しみに!!

淳さん、バラエティーでも良い味出してました。
紳助さんの突っ込みも最高でした(笑)
しかし、紳助さんの司会の上手さには圧倒された。
プロの凄みを感じたなぁ。

豪華キャストも見応えあったしね。
誰とは・・・書きませんが・・・
こんな現場なら、毎日、行きたいな(笑)

やっぱ、メジャーな空気は良いね。
喫茶室やロビーですれ違う人達・・・
総てが・・・今のメディアの最高峰。
そう、エンタメの頂点に居る人達。

国民レベルで、認知度があって・・・
一芸一言で、国民レベルを楽しませる事の出来る人達。

気持ちはインディーズ。
目指す結果はメジャー。

改めて思った一日だった。
そして、思い出がグルグル巡った一日だった。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

青春時代にさまざまな愚かさを持たなかった人間は、
中年になってからなんの力も持たないだろう。

by J・A・コリンズ
スポンサーサイト
  1. 2008/02/15(金) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。