BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4・13

今日は、夕方、クーペ&Shifoさんと打ち合わせ。

さあチャンとUSENへ。
少し早くついたので・・・
豪華なロビー横のGyaoの中継スタジオを・・・
こっそり見学(笑)

余りに豪華な機材にビックリ。
幾ら掛かってるんだろう?
まぁ、機材じゃないよね(笑)

瀟洒な階段を昇って、豪華な会議室へ。
T氏との打ち合わせを終えたクーペ&Shifoさんに合流。

先日、クーペさんに、とびたまにゲスト出演して頂いた。
その時・・・クーペさん・・・閃いたらしい。
そう、インターネット放送に、ビビッとね。

それで、色々と話を訊きたいと、今日の顔合わせに至った。

そうそう、打ち合わせの冒頭・・・
ポンちゃんや桐っち、淳さんの事をいたく気に入ってくれたようで、
恐縮するくらいに、彼等に対するお褒めの言葉を頂戴した。

正直、嬉しかった。
だって・・・クーペさんは・・・
心にも無いオベンチャラは言わないと思うからね。

本当に素直に良いと感じてくれたんだと。
無骨な飾らない言葉で、ニコニコしながら。
ちなみに・・・正確な・・・名前は覚えていなかったけどね(笑)

その後、システムの説明や、ネットTVの在り方等々・・・
色々と説明、そして、クーペさんのやりたい事のヒアリング。

目をキラキラさせて・・・
少年のような好奇心を満面に浮かべていた。

あの歌の、あの作品の、魅力の源が少し解った気がした。
あの純粋無垢な好奇心の塊が、人の心をス~ッと掴むんだろう。
大人のようで子供、子供のようで大人。
若輩者の俺が言うのも失礼だが、とっても可愛い人なんだな。

後、直感力が凄いんだと思う。
理屈じゃなく、直感ね。

きっと今の自分達の活動や音楽にネットは必要だと・・・
動物的直感で、反応したようだ。
だって・・・技術的には多分・・・チンプンカンプン(笑)

そんなのどうでも良いんだよね。
嬉しかった事は・・・
俺達がネットと言うツールを使って何をしようとしてるのか?
を、直感で見抜いてくれた事。

意外と、皆さん・・・
真意に気づいてくれない(笑)

夜、改めてクーペさんのブログを読み返した。

今、NHKホールワンマンに向けて、最後の追い込みをしてる。
クーペ&Shifo、そして、2名のスタッフで挑む挑戦。
3階席まである3500人も入るホールだよ。
無謀とも言えるチャレンジ(笑)

でも、俺には、今のクーペさん達の気持ちが凄く解るんだよね。

俺も11年前の夏・・・
同じようなトライアルをしてたから。

ラヴコメの二人と俺。
それこそ、NHKホール前でストリートを始めた。
お客もいないのに、目標は渋谷公会堂(CCレモンホール)。

メジャーデビュー前のアマチュアラストライヴを渋公でやる。
そう、デビュー後では意味が無い。
アマチュアとして、ストの手売りだけでの渋公に拘った。

そう、無名のアーティストでも不可能じゃないんだ!って事の証明。
目標を口にして、頑張れば頑張るほど・・・
皆、はぁ?って・・・反応だった(笑)

結果は・・・一年半掛かった。

半年過ぎた頃、四谷フォーバレーでワンマンが出来るようになった。
とは言え・・・150人・・・まだ10分の1にも満たない。
そんな頃、無謀にも・・・翌年の3月の渋公(2000人)を押さえた。
ついでに、11月ウエスト(500人)、12月イースト(1000人)も押さえた(笑)

絶対に、いけるって確信があった。
裏付けは無いが・・・妙な直感があった。

ストを始めた時から、ゴールは想定してた。
2年後の春には、渋公終えて、メジャーデビュー。
1年半で結果の出せない者は、何年やっても無理だと。
我武者羅に、全力疾走してみようってね。

勿論、ソロバン(電卓)も冷静に弾いたよ。
2000人。
出逢う5人に1人、感動してくれてファンになってくれたら?
まずは・・・10000人と出逢えば良い。

500日として、毎日20人。
不可能じゃないな、と。
が、流石に・・・毎日のストは不可能。
だが、徐々に人の輪が広がれば・・・
1日に、100人単位で出逢う事も不可能じゃないだろう、ってね。

半年で・・・その輪が広がってゆく感触を肌で感じてた。
だから・・・一気に・・・総て・・・GO!!(笑)

その辺りから、メジャー数社の争奪戦だの・・・
全国区のラジオ番組のレギュラーだの・・・
ミラクル、奇跡の連発が始まった(笑)

そう、日程を決めたとたんにね。

勿論、聴かせれば必ず現象は起きる!!
歌と作品には絶対の自信があった。
あれよあれよと、本当に1万人近い出逢い=リストを取った。

何せ、短期決戦。
11月ウエスト、12月イースト、3月渋公。
それぞれのライヴの日に、次の日程を発表した。

マグマを溜めて溜めて・・・一気に爆発って戦法。
2年後に渋公やります!!って言っても・・・
そんな先の事なんか・・・皆、忘れちゃう(笑)
ライヴ動員が安定して増え始めた・・・
よし、一年弱で、一気に駆け抜けるぞって寸法。

今の時代のように、ネットも携帯も、まだ普及していない時代。
出逢った人達に、ライヴやストの情報の電話を毎晩、掛けた。
それも・・・家電(笑)
繋がらない人には、ハガキで、お知らせした。

超アナログ、フェイストゥフェイス。

今、思えば・・・
だからこその成功だった気がする。

その後も、数組、ストを核に、大箱ワンマンをトライアルしたけど・・・
イーストの1000キャパが、限界だった。

情報化社会に毒されたのか?
それだけのパワーを持ったアーティストがいないのか?
いずれにしても・・・若者の爆発力は減った気がする。

アーティストもファンも、とんでもない無謀に突っ走る人が減ったのかな?
昨日の打ち上げのプリマベーラのような子達は珍しい部類だと思う。

ところがどっこい・・・
今の時代・・・クーペさんを筆頭に団塊世代と言われる大人達が熱い(笑)
マジで、凄いパワーと爆発力を持ってる。

そりゃあそうだよね、高度成長、学生運動・・・
本気で熱く生きたオヤヂ達が、本気になったら凄い。

無名で挑むNHKホール・・・楽しみでしょうがない。
ぶっちゃけ、とんでもなく無謀なチャレンジ(笑)
渋公は、ギリギリ無名のアマチュアでも可能な箱。
NHKホールは、中堅どころのアーティストでも躊躇う箱。

渋公では、年に数回は、無名のワンマンはあると思うけど・・・
NHKホールの歴史では・・・珍しい事だと思う。

きっと、とんでもなく感動的なライヴになるはず。
PAや照明や演出や演目や作品やパフォーマンスなんか関係ない。

「その日を迎えるまでの汗と努力の結晶」が、ステージから放たれるから。

ラヴコメの渋公で感じた不思議な体感。
本番が始まる瞬間に、会場を一種独特の空気が支配する。
辿り着いた者、それを見届けようとする者達が、起こす化学反応。

プリマベーラの青年館しかり・・・
腹を決めて挑むステージは最高。

3500人の想いがスパークする瞬間。
想像を絶する・・・鳥肌が立つね、きっと。

詳しくはコチラ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

自分の道を進む人は、誰でも英雄です。

by ヘルマン・ヘッセ
スポンサーサイト
  1. 2008/02/19(火) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。