BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パーティー

お昼にポンちゃんと落ち合い、渋谷のスタジオへ。
今日は、初めて使うスタジオ。
ロビーでは、アレンジャーのアッキー、キーボードの池もっち、
サックスの瑛麻ちゃんが・・・楽しそうに談話中。

さて、最初の仕事は・・・
初対面のエンジニアの方と、仲良くなる事。
コントロールルームで、名刺交換。
おっ、今日は・・・随分・・・若いエンジニア君だなぁ・・・

「渋谷魂ではお世話になりました」

「え?」

そう、過去に2回、渋谷魂に参加したバンドのベースだった(笑)
となれば・・・話は早い・・・
今日のセッションの内容説明と目的説明を熱く語る(笑)

さて、ひと盛り上がり後、早速、作業開始。
アレンジデータの流し込み。
リズム&ギターまでは、自宅で仕上げてきて貰った。
アッキー、マニュアルを見ながらの作業(笑)
無事、トラブルもなく・・・流し込み終了。

まずは、池もっちのピアノ&オルガンのダビングからスタート。
なかなかセンスの良いフレーズを弾く。
フレーズを絞り込んで、一気に録音してゆく。
無事、キーボードダビング終了。

間髪入れず、瑛麻ちゃんのサックス録り。
決めのテーマフレーズのユニゾンとサビのオブリとソロ。
事前に、しっかりとフレーズを作ってきて貰ったので、サクッと終了。

共に、22歳。
良い経験になったようだ。
正直、ガチガチに追い込まなかったけどね(笑)

休憩を挟んで、淳さんの歌入れ。
さて、久々のヴォーカルディレクション(笑)
今回の歌は、ミディアムアップの8ビート。
淳さん特有のシンコペーション多様のポップチューン。

ノリと勢いを重視した仕上がりが目的。
特に、企業様のテーマ=応援歌的な歌。
サウンドも淳さんでは想像できないアメリカンロック風(笑)

細かいニュアンスやピッチよりも、声の特徴とスケール感にポイントを置いた。
数テイク貰って、セレクト。
ミックス時に、また、細かくチェックするとして、大枠、サクッと終了。

今時は、コンピュータで細かい修正をする事も可能。
だが・・・今回は、敢えて・・・一切の修正無しで行くと決めてた。
生々しい、勢いのある歌テイクにしたいと思ってたからね。

想像通りの良いテイクが録れて、大満足(笑)

時間も、予定通り。
お弁当を取って、食事&休憩タイム。

休憩後、小一時間、遊びに来てた達っちゃんヴァージョンをサクッと録音。
今後、何があるか解らないからね(笑)
ポンちゃんヴァージョンは、近日のライヴで発表予定。

その後、見学に来てたイエマーのユウキで「愛くだ」の練習歌入れ。
30分間だけ、歌ディレクションをする。

さて、休憩&別作業を終え、いよいよミックス。
歌の細かいセレクト直しとバランスを決める。

23時過ぎ、予定通り、全作業、無事終了!!

やっぱり、クリエイティブな時間は楽しい。
レコーディングは、パーティー(笑)
準備をバッチリしておけば、楽しい発表の場になる。
眉間に皺寄せて創ったモノが、人の心を動かすはずがない。

そして、誰かの強い明確な出来上がりのイメージに向かう作業。
今回のプロデュース&ディレクターは、俺。
完璧な俺のイメージがなきゃいけない。

総ての判断と責任は俺にある(笑)

出来上がりの良し悪しは、第三者の価値観。
ご自由に、判断して貰って良い。

少なくとも・・・
淳さん、アッキー、池もっち、瑛麻ちゃん、エンジニアのT君の魅力を閉じ込めた自信はある。
そして・・・クライアントの社長以下、組織の18万人の方々にも必ず満足して貰える自信はある。

傲慢と思われるけど、これくらいの自信を持って創らないと、プロとは言えない。
何となく・・・とか、明確な目的や自信もなく・・・モノを創ってはいけない。

何せ・・・プロのプロデューサーやディレクターは・・・究極の御用聞きだから(笑)


Believe~明日の自分をあきらめないで~
                                     作詞:池永 康記
                                     作曲:堀江 淳
                                     編曲:清水 彰範
ねぇ・・どんな事があっても                     
胸に描いた夢を失くさないで             
そぅ・・いつだって幸せは
ほら気づけば側にある

傷つく事を恐れてちゃ
何も始まらないから

涙に負けないで
明日の自分をあきらめないで
流した悔しさを
もう一度勇気に変えて


ねぇ・・生まれたての光と
緑の風を体で受け止めて
そぅ・・真実の喜びを
さあ心に感じよう

一歩踏み出せば必ず
答えは見つかるはずさ

夢だけ抱きしめて
本当の自分を強く信じて
どんなに辛くても
未来に歩いてゆこう

涙に負けないで
明日の自分をあきらめないで
流した悔しさを
もう一度勇気に変えて

ララララ・・・

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

エキスパートとは、ごく限られた分野で、
ありとあらゆる間違いをすべて経験した人物である。

by ニールス・ヘンリク・ダヴィド・ボーア
スポンサーサイト
  1. 2008/03/27(木) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。