BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

飛想

今日も良い天気。
いやいや、暑い(笑)

今日は、赤坂、銀座へとお出掛け。
そうそう、昨日の「経済界」朝一で入手。
うん、欲しかった情報満載、大満足(笑)

今日の案件は、まだ極秘なので詳しく書けない。
まだ誰もやってない事を形にしたい。
とても良い打ち合わせが出来たと思う。
まぁ、焦らずジックリと調整して詰めてゆく。

そうそう、今日、銀座を電話をしながら歩いてたら・・・
一瞬、前から歩いてきた人とぶつかりそうになり・・・
お互いに、右に左にヒョイと避けたんだが・・・
良くあるじゃない、お互いに同じ方向に避けるってアレ(笑)

なかなか上手くすれ違えなくて、パッと顔を見たら。
どっかで・・・会った事のあるような・・・
向こうも俺の顔をジッと見てる(笑)

暫しの沈黙・・・お互いに記憶を辿る焦った顔・・・

「あっ!!」
ほぼ同時に思い出した。
が、お互いに名前が出てこない様子(笑)

そう、20代後半・・・
北陸放送で、ラジオのパーソナリティーをやってた時期がある。
その当時、仲良くしてたKディレクターだった。

何でまたラジオのパーソナリティー?ってねぇ。
話すと長くなるので・・・端折るが・・・
毎週、確か?火曜日と水曜日だったかなぁ。
お昼の2時間生ワイドで喋ってた。
そう、毎週、飛行機に乗って金沢に通ってね。

昼前に局に入って、すぐに本番。
終わって、軽く明日の打ち合わせして、自由時間。
金沢の街をプラプラと散策。
ホテルに泊まって、次の日の本番終わって、東京へ。

毎週、一人で晩御飯を食べるじゃない。
美味しそうな色々な店に飛び込みで行くわけよ。
そこで、さり気なくタイミングを見計らって・・・
番組の話を切り出すって寸法(笑)

大体の人が、聴いてくれてるようで・・・
また、俺の喋り声って特徴があるらしく・・・
「あぁ~作詞家の池永さん?聴いてますよ」ってなったら勝ち。

ほとんど飲食い代がタダになる・・・
勿論、次の日の放送で、ガンガン喋る。
「○○○の女将さ~ん、聴いてる?」
「昨日は、本当に美味しかったよ~~」なんてね(笑)

地元密着型の昼の生ワイド。
今思えば、凄く、勉強になった。
その地の事を本気で知ろうとしないと失礼だからね。
その為に、呑み歩いてた訳だが(笑)

故郷以外で、あんなに好きになった土地はない。
その後の地方でのストやライヴやキャンペーンの時の、
その街や土地に対する向き合い方を学んだ時期でもあった。
勿論、生番組作りのノウハウも沢山学んだ。

よし、時間が出来たら、久々に金沢に行こう。
K氏とは、軽く立ち話で別れた。

柔らかな夕暮れの銀座。
とても素晴らしい回想を貰った。

あの頃、係わってた人達は、皆、元気かなぁ?
俺は、相変わらず、頑張ってますよ。
若干、メタボちっくになったけどね(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

一人の静かな時間は、人を育てる。
人とコミュニケーションをする中でももちろん人間性は養われるが、
一人きりになって静かに自分と向き合う時間も、自己形成には必要だ。
音楽を聴きながらボーっと一人でいる時間も楽しい。

by 齋藤孝
スポンサーサイト
  1. 2008/05/07(水) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。