BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マイ・ハウス

今日は、渋谷で渋谷魂。
もう・・・153回。
他人事みたいだけど・・・凄いね(笑)

何回・・・欠席したのかなぁ?
誰か・・・知らない?(笑)
地方開催時、行ってない事が、数回あると思う。
都内でも・・・数回、欠席あったかな?

今日は、ラインナップが良かった。
いつもが悪いって事じゃなく(笑)
非常に、バラエティー&クオリティーのバランスが良かった。
最初から最後まで勢いがあって、楽しめる内容。
集客も良かったし、最後まで盛り上がりの失速感も無かった。

特筆すべきは・・・初登場のPJ。
ピアノとカホンのインストでロックしてくれた。
彼等・・・まだまだ進化の可能性は無限大。
オンデマンドで、是非、チェックを!!

今日は、エンジニアのK氏にリハから立ち会って貰った。
次回?くらいから、専属のPAエンジニアとして乗り込んで貰う。
その下準備、そして、イベントを理解して貰う為。

ライヴのクオリティーを左右するのがPAエンジニア。
過去の大箱(EASTやBOXXやAX)の頃は・・・
PA、照明は、乗り込みで開催してた。
勿論、一線級のプロフェッショナルにお願いしてね。

会場のPAでも悪くはないが、正直、良くもない(笑)
まぁ、目的が違うのだから仕方が無い。
日々の仕事の流れでの、一日が、たまたま・・・渋谷魂。
乗り込みPAの場合は、主催側のスタッフ。
目指す結果の本気度が・・・違う(笑)

勿論、過去にも箱PA&照明で、素晴らしい人材とも出逢った。
四谷時代のFVのスタッフ達。
渋谷魂を愛してくれて、出演バンドと最高のステージを目指してくれた。
渋谷魂の日を楽しみにしてくれてた。
勿論・・・打ち上げも一緒に良く盛り上がったもんだ(笑)

まぁ、当時の店長であるY氏と俺との関係があったからって側面もある。
Y氏とは、メジャーを目指すアーティストを一緒になって育てて貰った。
ライヴのホームグラウンドを四谷FVに決めて、徹底的にライヴをやって。
そのブッキングから、ワンマンまで、プランを共有してね。

ライヴの後の打ち上げには、必ず顔を出してくれて・・・
俺達以上に・・・アーティストに大切な事を教えてくれてた。
逆に・・・箱の新入りスタッフには、俺達が大説教したり(笑)
一緒に無名の新人アーティストに夢を託す・・・
そんな・・・空間が・・・無くなった気がするね。

箱、使わせて貰って、こんな事を書いて何だが・・・
今時の会場には・・・そこまでの事を期待していないのが本音。
昔は・・・昔は・・・って・・・言ってても仕方が無い(笑)

ライヴハウス=音楽文化の最先端・・・って気概が無くなったのかな?
今じゃ・・・ライヴハウス=音楽ビジネスの最先端?だもんね(笑)
先日も・・・赤坂のライヴハウスに行ったら・・・お客3人でライヴやってた。
笑っちゃうどころか・・・呆れたね(笑)

客も呼ばないようなアーティストにステージ上がらせるなよ!ってね。
昔は・・・そんな箱無かったって(笑)
まぁ、今は、ノルマさえ払えば、誰でも出れるからね。
箱も・・・ブッキングさえすれば、月々の売上げが確保出来るからね。
ある意味・・・アマチュア対象のミュージックビジネスの最先端。

その日も・・・多分・・・お客は、トータル10人ってとこかな?
でも・・・5バンド出たら・・・箱の売上げは20万以上確保ってね。
いつ客が来るか解らない飲食店に比べたら、ライヴハウスは堅い商売(笑)
食材在庫がいらないし・・・ブッキング力だけあれば安泰。
そんな美味い商売に気付いた投資家達が、都内に箱を乱立して、飽和状態でもあるが。

嘆いてても仕方ない。
理想の環境は、自分達で創るしかない。
いつか・・・理想の箱を持ちたいね。
スペース貸しじゃない箱をね(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

心は正しい目標を欠くと、
偽りの目標にはけ口を向ける。

by モンテーニュ
スポンサーサイト
  1. 2008/06/15(日) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。