BOSSの独り言3

Big Island & Argos Entertainment社長の独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

未来予想図Ⅲ

午前中、軽くウォーキング。
今日は、天気が良いので、歩きながら戦略を考える作戦(笑)

午後、事務所で、今週~来週のスケジュール調整。
今週、大事な打ち合わせが2本決まった。
今、一気に沢山の色んな事を仕掛けてる。
その流れの中で生まれる話は、流動的、且つ、即効性が必要。

優先すべき案件に時間を最優先で動かす。
今日も、3者のスケジュールを合わせてたのだが・・・
再来週まで・・・合わない(笑)
それじゃあ・・・物事のスタートが遅くなる。
それぞれに調整をして貰い、金曜日に落ち着いた。

この時期は・・・
「今すぐ会おう」のスクランブル発進対応でスタンバイ(笑)
まぁ、俺も・・・
「今日、夜、会えない?」って、良く電話してるが(笑)

夕方、メイシスの大濱氏が来社。
あわたま関連の打ち合わせ。
その後、さあチャン、一ちゃんを交え
近所で食事をしながら親睦会&情報交換。

マーケティング理論等、興味のある話を沢山訊いた。
蛇の道は蛇。
その道のプロに訊くのが一番。

音楽・・・
モノを売る商売。
あくまでも、プロの世界は。

アマチュアや素人は・・・
モノを創る・・・で、終わって良し。

プロは、売ってなんぼ(笑)

俺も20代の前半は、創る事だけしか考えていなかった。
良いモノさえ創れば売れる・・・ってね(笑)
20代の後半、プロダクションをやってみた。
売る事の難しさ、大変さを痛感した。

30代前半、スーパードライのCMに出会った。
企業のモノを売る事の考え方や広告の考え方にショックを受けた。
良いモノを創って、良い売り方を考えて、実践する。
そればかりを考えるようになった。

元々・・・何で作詞家になったのか?
聴く人に喜んで貰いたいから。
自分のエゴで、作品を創ってはいなかった。
そう、俺は運良く・・・サービス業向きの人間だった(笑)

エンタメ=サービス業。
30代半ばで、気付いた。
とっとと作詞家を廃業して、何でも屋になった(笑)
そこから、エンドユーザー=消費者を知りたくて・・・
ストリートやライヴに活動の基軸をシフトした。

丁度、97年からストを始めて、
リアル(全国スト&キャンペーン)HP(ネット)電波(全国ネットラジオ)との
融合プロモーションでメジャーデビューをしたラヴコメ。
まさに、その99年、ドコモがi-modeのサービスを開始した。

きっと時代は大きく変わる・・・それだけは解った(笑)
どう変わるかは・・・誰に訊いて回っても解らなかったが・・・

当時、デジキューブ(キオスク型端末/MDで曲を販売)や
ネットデビュー(YAMAHAミュージックフロント)等・・・
新しい試みの音楽販売方式には、兎に角、首を突っ込んだ(笑)

デジタル、ネットインフラの整備・・・
どんな未来が訪れるか?予想できなかったからね。
でも、唯一、確信があったのは・・・
ライヴだけは・・・無くならないって事。

2000年かな?ひまわりの活動で、フジロックに参加した。
3日間、缶詰めになって・・・確信した。
非日常の楽しい空間。
そこには・・・お金を払う価値があるってね。

97年頃から、イベントはやってた。
が、一気に・・・フジロック的な複合型イベントが理想になった。
その小規模版を定期的に開催して、遠隔地でも観てもらえたら?
今の渋谷魂+Shibutama.TVが、理想を叶えたミニマムな形。

実は、過去にも電波メディアからのオファーもあった。
でも・・・頑なに断ってきた。
答えは簡単。
マスで観れる地上波では、意味が無い。
いつか、必ず、ネットインフラの拡大、もしくは、携帯端末の進化・・・
自らの意思で・・・観れる時代が来ると信じてたから。

ユーザーが、面倒臭いアクションをクリアーしてでも観たいコンテンツ。
ライヴに行く事と同価値=リモコンをピッ!じゃないアクションでの視聴。
そのハードルを越えたユーザーこそ、価値を理解してくれるユーザー。

ストをやると、本当にハッと気付く。
お客を選ぶ権利は、あるとね。
その気概こそ、最高のサービス業の基本。
ましてや、音楽なんて嗜好品。
マイノリティーをマスにしてゆく作業。

その為のシステム構築。

丁度・・・10年で、当時、ボヤ~っと描いてた未来図が、やっと見えてきた。
まだまだ・・・勉強しなきゃいけないことは・・・山積み(笑)
今日も、沢山・・・気になるキーワードを貰った。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

すべての大偉業は、
最初は不可能な事だと言われた。

by カーライル
スポンサーサイト
  1. 2008/06/16(月) 23:59:59|
  2. BOSSの日々系

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

BOSS@康記

Author:BOSS@康記
<池永康記>
山口県出身、12.7生、O型
バンドのベーシストとして上京。
バンドの夢破れ作詞家に転身。
松崎しげる、柳ジョージ、
世良公則、織田裕二、小野正利、
class、井上武英、MITSUO、
河内淳一、長与千種、等
10年間で、300曲余りを提供。
94年~アサヒスーパードライCM
プロデュースを切っ掛けに・・・
マルチプロデューサーに転身。
独自のプロデュースワークは・・・
唯一無二の変な手法との噂(笑)
近年、作詞家復活の兆し・・・
㈱Big Island
Argos Entertainment㈱
代表取締役らしい・・・(笑)


最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。